クルマ離れの救世主?! 1時間3,000円~でプロレーサーのレッスンを受けられる新サービス「HC GALLERY -Simulator Room-」始動

HC Gallery シミュレーター

「車趣味を新しいカタチの文化に」を提案するHC GALLERY(新宿区、株式会社TAKE FRONTIER代表取締役:佐野 順平)は、 「いつかサーキットを走りたい!」というビギナーの夢から「レースで優勝したい」という玄人の夢まで支援する新サービス「HC GALLERY ーSimulator Roomー」 を2022年7月10日から開始すると発表しました。

Chapter
HC GALLERYはサーキット走行をもっと身近にするべく様々なサービスを展開
「HC GALLERY ーSimulator Roomー」サービス概要

HC GALLERYはサーキット走行をもっと身近にするべく様々なサービスを展開

サーキット走行は他のスポーツに比べ、圧倒的に敷居が高いという印象を抱いている方は多いのではないでしょうか。

事実として、高額なサーキット走行費や車両代はもちろん、日々のメンテナンス費もかかるなど、気軽に楽しめるスポーツではないのが現状です。

HC GALLERYは「車趣味を新しいカタチの文化に」をコンセプトに掲げ、サーキット走行をもっと身近にするために様々なサービスを展開しています。

そのサービスの1つが「HC SHARING」で、破格の月々3,300円から始められる国内初のサーキット専用カーシェアリングサービスです。

そして今回、サーキットデビューのハードルをさらに下げることを目的として新たにスタートするのが「HC GALLERY ーSimulator Roomー」です。

「HC GALLERY ーSimulator Roomー」サービス概要

サーキットに行きたいと思う人が「大きな第一歩」を踏み出すきっかけを作るべくスタートした新サービス。レーシングシミュレーターを用いてトレーニングを行うことで、初めてのサーキット走行でも安全に走行ができる運転技術を醸成することができるのです。

①東京の真ん中で、誰でも気軽にサーキットトレーニング!

シミュレータールームの立地は新宿区原町。都心の好立地で仕事帰りや学校帰りに立ち寄ることができます。

②プロレーサーによるドライビングレッスンを受講可能!

講師陣には4輪レース歴21年、マカオGPでの優勝やLe Mans 24hレース3回出場経験もある澤 圭太氏をはじめ、国内外の様々なレースで優勝経験をもつドライバー陣が在籍。

③シミュレーターは最新鋭機のDRiVe-Xを導入!

NASCARシリーズ年間ドライバーズランキングTop10にアジア人として初めてランクインした実績をもつ古賀 琢麻が手掛けたドライビングシミュレーター。自動車メーカーが導入しているリアルにモーションするメカニズムを、スタイリッシュでコンパクトなフォルムで実現したモデルです。

④練習しやすい価格から本格的なトレーニングまで、幅広いメニューを用意!

1.月14,000円のプロによるシムトレーニング・スクール(月1回2時間講義あり 自主練チケット1枚付き)
2.HC Sharing入会金22,000円。月1回使える12回分のクーポンを支給(毎年)入会時無料広場トレ1回付き
3.シムSharing会員 入会金7,000円 月2,000円 月1回使える、12回分のクーポンを支給(毎年)
4.時間練習費用(実走45分※ワンポイントアドバイス付き)会員:3,000円 非会員:6,000円 会員学割:1,000円
 ※走行時間50分、ワンポイントアドバイス10分(※ご希望の場合) 全所要時間60分のコース
5.時間練習費用(実走45分・プロアドバイス付き) 会員10,000円 非会員:18,000円
 ※走行時間45分、インストラクション、データロガー解析15分 全所要時間60分のコース

今回 取材を行ったメディア体験会では、実際にトレーニングを受講しました。

受講者それぞれのドライビングのレベルに合わせ、よりドライビングを上達させるために気を付けるべきポイントや、次のステップに進むための練習方法などを澤氏から直々に教わるという貴重な体験を得られました。

上記に挙げたような立地、費用、そして落ち着いた空間でじっくりと練習に取り組めることを考えると、サーキットデビューに不安のある方や運転技術を磨きたい方にとってかなり価値の高いサービスなのではないでしょうか。

気になる方はHC GALLERYのサイトをチェックすることをおすすめします。

■HC GALLERY ―Simulator Room―
新宿区原町1-18 松永ビル7F
都営大江戸線 牛込柳町駅 直結

CarMe編集部

新車・自動車ニュースのWEBマガジン「CarMe[カーミー]」を運営。
「カーライフを楽しむ全ての人に」を理念に掲げ、編集に取り組んでいます。

CarMe編集部