青空駐車ってなに?路上駐車とは何が違うの?

青空駐車取締り中

集合住宅が乱立するような場所や大きな公園周辺の道路などで、長時間停まっている車を見たことはないでしょうか。

これは青空駐車と呼ばれる行為ですが、一般的な路上駐車とは何が違うのでしょうか。

Chapter
道路を車庫の代わりに使うこと

道路を車庫の代わりに使うこと

青空駐車とは、車庫がない場所に車を停めておくことを指す言葉でもありますが、多くの場合で公道を車庫の代わりとして使うことを指しています。青空駐車は、車庫法と呼ばれる自動車の保管場所の確保等に関する法律によって禁止されている行為です。

同法の第11条にて、「何人も、道路上の場所を自動車の保管場所として使用してはならない」としており、1項にて同じ場所への12時間以上の駐車を禁じ、2項にて夜間8時間以上の連続駐車を違法行為と定めています。

1項に違反した場合には、3ヵ月以下の懲役または20万円以下の罰金および違反点数が3点加算、2項への違反は20万円以下の罰金が科されて違反点数が2点加算されます。

一方の路上駐車ですが、車が客待ち、荷待ち、5分を超える貨物の積み下ろし、故障やその他の理由のため継続的に停止すること、かつ運転者が車を離れておりすぐに運転できない状態を指します加えて、交差点や横断歩道、踏切などはもちろん、坂の頂上付近やトンネルなどで駐車が禁止されています。

いずれも、道路交通法により定められており、放置駐車違反とみなされれば、罰金の支払いおよび違反点数が加算されます。

このように、どちらも違反行為ではあるものの、青空駐車と路上駐車の違いは、車庫法が適用されるか道路交通法が適用されるかという違いとなります。

路上駐車で取り締まりにあった場合、交通違反として交通反則告知書と反則金仮納付書が交付されます。

これらはいわゆる青切符と呼ばれる書類ですが、車庫法に違反すると略式起訴によって前科が付きます。さらに、罰金の支払いを拒んだり悪質であると判断されると逮捕される可能性もあるのです。

青空駐車と一般的な路上駐車では、適用される法律が大きく異なります。

全国的な例では、青空駐車によって逮捕されたケースも存在しており、道路上に死角を作ってしまうことから事故の原因にもなりかねません。いかなる理由があったとしても避けるべきでしょう。

吉田 恒道|よしだ つねみち

1980年代、大学卒業後ファッション・モード専門誌「WWD Japan」編集部勤務を皮切りに編集者としてのキャリアを積む。その後、90年〜2000年代、中堅出版社ダイヤモンド社の自動車専門誌・副編集長に就く。以降、男性ライフスタイル誌「Straight’」(扶桑社)など複数の男性誌編集長を歴任し独立、フリーランスのエディターに、現職。著書に「シングルモルトの愉しみ方」(学習研究社)がある。

吉田 恒道