今、新車で買える一番安い車はこれだ!

ダイハツ ミライース 2017

日本国内で生産された新車は、2022年3月だけで67万台にのぼります。

メーカー各社、さまざまなラインナップを揃えていますが、最も安く購入できるクルマはどのモデルなのでしょうか。

※ 2022年5月現在

Chapter
新車最安はダイハツ「ミラ イース」

新車最安はダイハツ「ミラ イース」

2022年5月時点で、日本で新車として販売されている最も安い車は、ダイハツのミライースです。

ベースグレードにあたる「B」の2WD仕様車が最安値であり、販売価格は税込みで86万200円です。

また、トヨタの軽自動車であるピクシスエポックの「B」の 2WD仕様車も、同じく税込み86万200円で販売されています。

これは、ピクシスエポックがミライースのOEMであるためです。

OEMとは、“Original Equipment Manufacturer”の頭文字を取ったもので、自動車メーカーのA社が開発・製造した車を、別の自動車メーカーのB社が仕入れて、自社ブランドの車として販売するというものです。

ミライースとピクシス エポックの関係だと、ダイハツが作りそのまま販売すればミラーイースになる車を、トヨタが仕入れることでピクシスエポックとして販売しているということになります。

また、スバルもミライースのOEMとしてプレオプラスを販売していますが、こちらは販売価格が2WD仕様車で税込み97万200円です。

これは、ホイールなどの装備やスマートアシストといった機能の充実度で、販売価格に差が出ています。

ミライースは、販売価格の安さだけでなく、JC08モード計測で35.2km/Lというクラストップの高い燃費性能も持ち合わせる1台です。

コストパフォーマンスに優れる新車を、100万円以下で購入できる貴重な存在といえるでしょう。