駐車場ではなぜバックから入れるの?

駐車場

日本では、駐車をする際にはバックから車を入れる「後ろ向き駐車」をすることが一般的です。

駐車の向きは、法律で決められているわけではないにもかかわらず、なぜ多くの人がバックで駐車するのでしょうか?

Chapter
「後ろ向き駐車」の方がカンタン?

「後ろ向き駐車」の方がカンタン?

現在、日本の法律には駐車場における駐車の向きを規定した法律はありません。

住宅街に面した駐車場では、騒音や排気ガスなどに対する住民への配慮から、前向き駐車を推奨している場合もありますが、法律上の強制力があるわけではありません。

にもかかわらず、駐車場を見ると、ほとんどのドライバーがバックで駐車をしています。もちろん、ほかの車に合わせたという側面もあるかもしれませんが、そこには合理的な理由もあるようです。

ほとんどの車は、前輪を操舵輪としています。つまり、前輪を曲げることで、車が曲がるという仕組みとなっています。

そうした構造のため、前進しながら曲がると、内輪差が生じてしまいます。

内輪差によって人や物を巻き込んでしまうと非常に危険であるのはもちろんですが、そもそも駐車時に必要なスペースが大きくなり、単純に駐車がしにくいというデメリットがあります。

バックから駐車すると、内輪差が生じないため、比較的安全かつ少ないスペースで駐車することが可能です。

つまり、後ろ向きに駐車したほうが、ドライバーにとって駐車がしやすいということです。

日本のように車が多い場所では、駐車に対して苦手意識を持つ人も少なくありません。そのため、教習所でもより駐車しやすい後ろ向きでの駐車を推奨しているようです。

ちなみに、香港やシンガポールのように、人口密度の高い国や地域では、日本同様に後ろ向きでの駐車が多いようです。

一方、アメリカのように広大な国土を持つ国では、トランクを利用しやすいなどの理由で「前向き駐車」が主流となっています。