タイヤの空気圧ちゃんと見てますか?高速道路を走るときは高めの方がいいって本当?

タイヤ

高速道路では、一般道と比べるとおよそ2倍ほどの速度で走ることになります。そのため、タイヤの空気圧は高くしておいた方が良いという話を聞いたことはないでしょうか。

高速道路を走るために、タイヤの空気圧を高くする必要は本当にあるのでしょうか。

Chapter
基準値の空気圧で問題ない

基準値の空気圧で問題ない

高速道路を走るとき、タイヤの空気圧はメーカーによって設定された基準値の空気圧で問題ないとされます。

なぜなら、タイヤの性能が以前と比較して高くなっているためです。

タイヤを高速で回転させると、遠心力と車重によって押しつぶされ、そこに熱が加えられると変形の度合いが大きくなります。

そのため、タイヤの性能が今と比べて低かった時代では、変形を抑えるために空気圧を高くして高速道路を走っていたとされます。

しかし、前述したようにタイヤの耐久性も向上している現在では、高速道路を走るからといって空気圧を高めにしなくともよく、基準値の空気圧で問題ないといえるでしょう。

空気圧を高くしすぎると、乗り心地やブレーキの利きが悪くなるという影響が出ます。さらに、タイヤのトレッド面が中央部分しか接地せず、偏摩耗の原因にもなってしまう可能性もあります。

車によって、最適な空気圧は異なります。車両指定の空気圧は、運転席側のドア付近もしくは給油口等に貼られた空気圧表示シールを見ることで分かります。

高速道路を走るからといってタイヤの空気圧を上げすぎず、適正値を確認することで安全かつ快適なドライブを楽しむことができるでしょう。

吉田 恒道|よしだ つねみち

1980年代、大学卒業後ファッション・モード専門誌「WWD Japan」編集部勤務を皮切りに編集者としてのキャリアを積む。その後、90年〜2000年代、中堅出版社ダイヤモンド社の自動車専門誌・副編集長に就く。以降、男性ライフスタイル誌「Straight’」(扶桑社)など複数の男性誌編集長を歴任し独立、フリーランスのエディターに、現職。著書に「シングルモルトの愉しみ方」(学習研究社)がある。

吉田 恒道