最近よく見る電動キックボードは免許やヘルメットは不要?

電動キックボード

次世代モビリティとして、にわかに流行の兆しを見せているのが電動キックボードです。

首都圏や一部地域ではシェアリングという形で広まり、既に多くのモデルが一般的に購入できるようになっています。

小型で移動に非常に便利な電動キックボードですが、運転には免許やヘルメットが必要なのでしょうか。

Chapter
免許なし!ヘルメットも任意!

免許なし!ヘルメットも任意!

2022年4月19日、道路交通法の改正案が可決されました。

改正案の中には、電動キックボードなどの車両区分を新たに定める内容も盛り込まれており、最高速度が20km/h以下であるなど、一定の基準を満たしている電動キックボードは、特定小型原動機付自転車という区分に分類されることが決まっています。

これにより、年齢が満16歳以上であれば基準を満たした電動キックボードの運転に免許はいらず、ヘルメットの着用も個人の判断に任されるようになります。

さらに、車道を走ることが可能になるだけでなく、普通自転車専用通行帯や自転車道の走行もできるようになりました。

以上の改正案で、電動キックボードを含む特定小型原動機付自転車に関するものは、2024年の5月を目途に施行されるとしています。

一方、現行法においては一般的な電動キックボードは、原付と同様の区分となっています。

そのため、一般道で電動キックボードに乗るためには免許が必要かつヘルメットの着用が義務付けられ、ナンバープレートの取得および自賠責保険の加入が求められます

今回の法改正によって、大幅に規制が緩和されることになりますが、現行法であっても無免許運転や飲酒運転などが頻発している状況であり、SNSなどでは規制緩和を不安視する声も少なくないようです。

規制緩和に向けて、保安基準に適合する電動キックボードが主流になっていくことが予想されます。交通法規の徹底周知や利用者の安全運転に対する意識が、より重要になってきそうです。