サンダルやゲタでの運転は違反?! 運転しやすい靴ってどんな靴なの?

運転に最も適しているのは

靴といえば、スニーカーやサンダル、ビジネスシューズにハイヒールなど、さまざまなタイプが存在しています。

その中には、運転に適した靴と運転に適さない靴も存在しています。

運転しやすい靴とは、一体どのような靴を指すのでしょうか。

Chapter
運転に最も適しているのはドライビングシューズ

運転に最も適しているのはドライビングシューズ

車を運転するために最も適した靴として考えられるのが、ドライビンズシューズです。

ドライビングシューズとは、その名の通り車の運転をしやすくするために開発された靴のことです。

かかとからつまさきにかけて、靴底が滑らかに繋がっているのが大きな特徴です。そのため、アクセル/ブレーキ/クラッチペダルを踏みかえるさいに足の運びがスムーズに行えるだけでなく、履きやすくタイトな造りで耐久性にも優れています。

現在では、ファッション性を高めたデザインのものも多く流通しており、店舗や通販などで購入することが可能です。

ただし、以上のような特徴を持つドライビングシューズでなくても、足のサイズに合っていて、かかとを固定でき、靴底が滑りにくいものであれば、基本的に車の運転に適しているとされます。

しかし、逆に運転には適さないとされている靴があります。それは、前述した運転に適した特徴を持っていない靴、つまり草履やハイヒールなどが当てはまります。

これらの靴は操作性の面で優れているとは考えにくく、ペダル操作がしづらいことから、事故を引き起こしてしまう危険性も指摘されているのです。

さらに、運転に適さない靴に関しては、都道府県によって規制が設けられている場合があります。

例えば東京都の場合、東京都道路交通規則の第8条2項にて「木製サンダル、げた等運転操作に支障を及ぼすおそれのあるはき物をはいて車両等(軽車両を除く。)を運転しないこと」としています。

また、神奈川県では神奈川県道路交通法施行細則第11条4項にて、「げた、スリッパその他運転を誤るおそれのある履物を履いて車両(軽車両を除く。)を運転しないこと」と定めてます。

このように、各都道府県によって運転してはならない靴の定義が異なるため、歩行に支障はなくても、運転がしづらく感じるような靴は運転時に履かない方が良いでしょう

吉田 恒道|よしだ つねみち

1980年代、大学卒業後ファッション・モード専門誌「WWD Japan」編集部勤務を皮切りに編集者としてのキャリアを積む。その後、90年〜2000年代、中堅出版社ダイヤモンド社の自動車専門誌・副編集長に就く。以降、男性ライフスタイル誌「Straight’」(扶桑社)など複数の男性誌編集長を歴任し独立、フリーランスのエディターに、現職。著書に「シングルモルトの愉しみ方」(学習研究社)がある。

吉田 恒道
商品詳細