車をローンで買うと車検証の所有者がディーラーになる!なぜ?

ローン

車を購入する際、ローンを組むのは一般的な方法です。実際、ローンを組んで車を購入したという人も多いでしょう

しかし、その場合、車検証に記載されている車の所有者は、ディーラーやローン会社になることをご存じでしょうか。

なぜ、車を購入した人が所有者ではないのでしょうか?その理由を解説します。

Chapter
ローンを組むと所有権留保の状態になるから
ローン返済後は所有者の名義変更を忘れずに

ローンを組むと所有権留保の状態になるから

車をローンで買う、という行為は元々現金一括で支払わなければならない車の購入費用をローン会社に一旦肩代わりしてもらい、分割で支払って(返済して)いるという状態です。

そのため、分割金が残っているとローンの担保として車を預ける形になり、この状態を所有権留保と呼びます。この所有権留保のシステムは、車の購入者にも販売者にもメリットが多いシステムです。なぜなら、購入者にとっては車を購入しやすく、販売者にとってはローンの残債が回収できなくなるという状況を回避することができるからです。また、転売目的での購入を防ぐこともできます。

自動車ローンにはいくつか種類がありますが、ディーラーローンで購入する場合は「使用者は本人、所有権はディーラーもしくはローン会社」となる場合が多いようです。しかし、所有権を付ける基準額はローン会社によって違うこともあります。車のステータスや、価格、個人の情報によっても違いがあり、最終的には審査により確定されます。

一方、銀行や信用金庫などの金融機関が提供するローンの場合は、購入者が銀行等からお金を借りて、そのお金でディーラーから購入する流れになるため、所有者は購入者本人となります。

いずれにせよ、ディーラーや金融機関によって金利や利用条件は様々なため、自動車ローンを組むときは、事前に比較検討するのが良いでしょう。

ローン返済後は所有者の名義変更を忘れずに

ローンを完済することができれば、所有者の名義変更を行うことが可能です。もちろん、名義変更をせずにそのまま乗り続けることもできます。

しかし、車の所有者がローン会社であったりディーラーのままでは車を売却したり、廃車にすることができないといった、何かと不便なことが起こりがち。そういったことを避けるため、ローン返済後は必要書類を集めて所有者の変更を行うことが一般的です。

前述の通り、ローンを組んで車を買うと所有権留保の状態になり、車が担保とされるためにディーラーやローン会社が所有者になります。完済し終われば購入した車は、名実ともに自分の物にすることができるため、自由に使えるようになるという意味でも、早めに名義変更の手続きを行っておいた方が良さそうです。

吉田 恒道|よしだ つねみち

1980年代、大学卒業後ファッション・モード専門誌「WWD Japan」編集部勤務を皮切りに編集者としてのキャリアを積む。その後、90年〜2000年代、中堅出版社ダイヤモンド社の自動車専門誌・副編集長に就く。以降、男性ライフスタイル誌「Straight’」(扶桑社)など複数の男性誌編集長を歴任し独立、フリーランスのエディターに、現職。著書に「シングルモルトの愉しみ方」(学習研究社)がある。

吉田 恒道