ローン残額450万円…そんな時にクルマを乗り換えするとローンは残る?

クルマを購入する際、支払いをローンにする方は多いでしょう。もちろん多くの場合は、支払い金額の少ない現金決済のほうが望ましいのですが、高額の買い物ゆえに分割で支払い、ローンを組むことになります。では、このローンの残債が残っている時に、新しい車が欲しくなってしまった場合、どのような課題があるのでしょうか?

Chapter
ローン中にクルマを乗り換える事は可能なのか!?
名義が信販会社でも売却可能な方法もある!?
ローン残額450万円で売却した場合、ローンは残るのか!?

ローン中にクルマを乗り換える事は可能なのか!?

多くの方は、ローンで愛車を購入しているかと思います。しかし、ライフスタイルの変化や家族が増えたなどの事情で、車を乗り換えることもあるでしょう。

では、ローン支払い中に、車を売却することができるのでしょうか。

答えは、基本的には可能です。ただし、車検証の名義がどのようになっているかを気を付けなければなりません。これはローンを、どこで、どのように組んだかどうかで変わってきます。

銀行のマイカーローンの場合

まず、銀行のマイカーローンですが、これは「クルマを買う」という理由で、個人が銀行からお金を借りている状態です。そのため、車両の所有権は個人(所有者)になるわけです。ただし、審査は少し厳しいと言われていますよね。

いずれにしても、こうしたケースであればローン途中であっても売却することは可能ですし、その売却額で残債を返済すればよいわけです。

ディーラーでローンを組んだ場合

これは販売店と提携している信販会社から融資を受ける契約で、審査は銀行よりも緩いと言われています。ただし、その分融資する側には貸し倒れのリスクがあるので、車が担保として扱われます。

そのため、購入者はその車を乗ることができますが、車検証上の所有者は販売店や信販会社になっている、つまり自分が所有者ではないので、勝手に売却はできない、ということになります。

こうしたディーラーローンの場合は、完済した際にすぐに「所有権留保の解除」手続きを行い、信販会社から自分に所有権を移すようにしましょう。

そうなって初めて、自分の意志で車の売却が可能になります。

名義が信販会社でも売却可能な方法もある!?

車は資産ですので、前述のように所有者でなければ売却はできません。しかし、買い取り専門店やショップによっては、売却が可能なケースもあります。

これは、売却を希望する車の使用者のローン残金を買い取る側が支払い、所有権留保を解除して、所有者を(自分に)変更するということになります。

車を売却する側は、残債を肩代わりしてもらうわけですから、カタチ的にはその額のローンを組みなおすということになります。

ただし、実際には買い取りを希望しているわけですから、ローン残債と売却額を相殺して残った分のローンになりますので、返済の負担は確実に減ることになります。

残額によっては一括返済も可能でしょうし、また人気車種であれば査定額も良いので、買い取り額が返済額をうわ回り、乗り換えの頭金ができるなんてケースもあるかもしれません。

ローン残額450万円で売却した場合、ローンは残るのか!?

さて、今回『ローン残額450万円の車両を売却した場合、ローンは残るのか…』ですが、これはケースバイケースとしかいいようがないですね。

たとえば、レクサスRX200t F SPORTの場合、現在人気のSUVモデルということもあって、買い取り額は500万円ほどで推移しています。

もちろん、走行距離や車両の程度により買い取り額は変動しますので、あくまで参考ではありますが、もしローン残額が450万円であったとしたら、買い取り金額次第では、ローン残額はおろか、乗り換えの軍資金がすこし手元に入るかもしれません。

反対に、買い取り額がローンの残額を下回ることになれば、ローンが残るということになります。

恐らく家の次に大きな買い物となるのが車です。購入、そして売却までイメージしておくという感覚も重要なのかもしれませんね。