先代もまだまだ魅力的?!トヨタ 9代目200系ランドクルーザーの長所とは(3BA-URJ202W-GNTVK/GNTAK/GNTAK-G/GMTNK型)

トヨタ 9代目200系ランドクルーザー

トヨタ 9代目200系ランドクルーザー(3BA-URJ202W-GNTVK/GNTAK/GNTAK-G/GMTNK型)は、オフロードの走破性や耐久性も持ちつつ快適性や高級感も備えた、4WD(4輪駆動)の王者と呼ぶに相応しい1台です。

今回は、そんな9代目ランドクルーザーにはどのような長所があるのか、詳しく紹介していきます。

Chapter
トヨタ 9代目200系ランドクルーザーは走行性能が抜群!
トヨタ 9代目200系ランドクルーザーのインテリアは高級感に溢れている!
長い歴史もトヨタ 9代目200系ランドクルーザーの魅力

トヨタ 9代目200系ランドクルーザーは走行性能が抜群!

ランドクルーザーの1番の長所はなんといっても、その走行性能です。伝統のラダーフレームを継承するとともに、パワートレーンを一新しており、抜群の走行性能を誇っています。

超高張力鋼板をフレームに使用することで優れた堅牢性と高い剛性を確保するなど、伝統のラダーフレームをTNGAの思想に基づき刷新しているのです。

ボディーはカウル部へのスポット打点増し打ちや、フロア部、ドア開口部へ構造用接着剤を塗布することで、高い剛性と操縦安定性を確保しています。

また、高強度かつ軽量のGFRP(ガラス繊維強化プラスチック)をアンダーカバー素材として世界で初めて採用しているのも魅力。

エンジンには3.5L V6ツインターボガソリンエンジンと、3.3L V6ツインターボディーゼルエンジンが設定されています。

3.5L V6ツインターボガソリンエンジンは、ランドクルーザー伝統の信頼性を継承したうえで新開発したエンジンです。

マルチホール直噴インジェクタ付D-4STの採用やロングストローク化、バルブ狭角の最適化による高速燃焼や高効率ツインターボによって、力強い低速トルクと優れた過給レスポンスを生み出しています。

一方の3.3L V6ツインターボディーゼルエンジンは、ピストン燃焼室や吸気ポートなどの構造を最適化し、高出力と優れた燃費性能を両立しています。

可変ノズル付2ウェイツインターボがあらゆるシーンで爽快な加速感をもたらすとともに、新技術の尿素SCR-DPFシステムの導入により、排出ガスのクリーン化も実現しているのです。

トヨタ 9代目200系ランドクルーザーのインテリアは高級感に溢れている!

高級感のあるインテリアも、ランドクルーザーの魅力のひとつです。

まず、インパネは操作性に配慮した幅広で機能的なデザインとなっています。

インパネ上部は水平基調に設計されており、過酷な路面変化の中でも車両姿勢が把握しやすくなっているのです。

フロントシート(前席)は8ウェイパワーシートで、前後スライドやリクライニング、座面などを電動で自由に調整可能なほか、温熱機能やベンチレーション機能も備わっているという充実ぶり。

運転席は2ウェイ電動ランバーサポート付で、腰部の前後調整も行える点も注目に値します。

フロントシートに備わった温熱機能は、負担のかかりやすい肩や腰、脚部に快適な温もりを伝える機能です。

温かさを3段階で調整できるほか、状況に応じて作動するオートモードも設定されています。

温熱機能同様、3段階の調整とオートモードが設定されているベンチレーション機能は、シート背もたれと座面の表皮の熱気を吸い込むことで、冷涼感をもたらしてくれるでしょう。

また、セカンドシートを使用した状態でも9.5インチのゴルフバッグを5つ積み込めるほど大容量の荷室(ラゲッジルーム)も備わっているので、アウトドアの際にも安心です。

さらにタンブル機構や格納機構により、セカンドシートやサードシートのシートアレンジが可能となっており、荷室を拡大できます。

長い歴史もトヨタ 9代目200系ランドクルーザーの魅力

ランドクルーザーがこれまで培ってきた長い歴史も、長所のひとつです。

1951年に登場したランドクルーザーは、当時の警察予備隊向けに計画されたクルマで、70年の歴史を持っています。

当時は自動車で世界初となる富士山6合目までの登坂に成功するなど、当時からSUVとしては高い性能を誇っていました。

今回の記事で紹介している200系は2007年9月に登場したモデルで、世界初となるクロールコントロールの標準装備などで注目を集め、優れた走破性を持つ高級SUVとして100カ国以上の国で販売されていました。

目的地へたどり着いても壊れることなく、無事に帰ってくることが当たり前ではない地域においても人々の暮らしを支えてきた歴史と実績のあるランドクルーザーは、まさにSUVの王者といえるでしょう。

ランドクルーザーには、走行性能やインテリア、歴史など多数の長所が備わっていることがわかりました。

中でも70年という歴史は、ランドクルーザーの性能に確かな信頼をもたらしています。

300系が登場した現在においても、先代の200系には色あせない沢山の魅力が詰まっています。

日常使いからアウトドアまで、幅広い状況下で活躍すること間違いなしのランドクルーザーは、多くのユーザーの希望に応えられる1台といえるのではないでしょうか。

気になる方は中古車を探してみると、お気に入りの1台に出会えるかもしれません。

吉田 恒道|よしだ つねみち

1980年代、大学卒業後ファッション・モード専門誌「WWD Japan」編集部勤務を皮切りに編集者としてのキャリアを積む。その後、90年〜2000年代、中堅出版社ダイヤモンド社の自動車専門誌・副編集長に就く。以降、男性ライフスタイル誌「Straight’」(扶桑社)など複数の男性誌編集長を歴任し独立、フリーランスのエディターに、現職。著書に「シングルモルトの愉しみ方」(学習研究社)がある。

吉田 恒道