スバル 5代目フォレスターの便利なオプションをご紹介!(5AA-SKE/4BA-SK5型)

フォレスター

1997年に誕生したフォレスターは、日本のみならず世界中で人気を博してきたクロスオーバーSUVです。何度かのフルモデルチェンジを経て、2018年にはスバル 5代目フォレスターがデビューしています。

刷新されたプラットフォームに、新設計のエンジン+モーターを装備して、SUVとしての走破性をグレードアップさせた5代目フォレスター。

そんな5代目フォレスターを、より充実させるオプション装備がユーザーのためにラインアップされています。

今回は、魅力的な5代目フォレスターの特徴とオプションを中心に紹介します。

Chapter
スバル 5代目フォレスターの歴史を振り返る
スバル 5代目フォレスターは先進の機能を搭載!
スバル 5代目フォレスターのメーカー装着オプションを紹介
スバル 5代目フォレスターのパッケージオプションを紹介
スバル 5代目フォレスターの機能的なオプション装備
スバル 5代目フォレスターのオプションでぜひ装備したい安全装備

スバル 5代目フォレスターの歴史を振り返る

スバルフォレスターは1997年の初代発売当初は2.0Lターボのみの設定でした。

2000年にはマイナーチェンジが行われ、エクステリア(外装)やインテリア(内装)を改良、エンジンをリーンバーン仕様にすることで燃費も向上しました。

2002年には2代目が発売され、初代に比べて軽量化に成功しました。

2005年にはフルモデルチェンジ並みのマイナーチェンジが行われ、全車に4輪ディスクブレーキを搭載しました。

そして2007年に3代目が発売されました。

3代目フォレスターは2代目よりも車高を高くし、さらにクロスオーバーSUVらしさが増しました。

2010年にはマイナーチェンジを実施、エンジンには新世代BOXERエンジンが採用され、基本性能の高効率化が実現しました。

2012年には4代目が発売されました。

4代目には今まで装備されなかったスバル独自の運転支援システムであるアイサイトが標準装備されたグレードも用意されました。

2015年には大幅改良が実施され、エクステリアはワイド感のあるフロントグリル・バンパーを採用し、SUVらしい力強さが向上しました。

そして2018年に現行モデルである5代目フォレスターが発売されました。

スバル 5代目フォレスターは先進の機能を搭載!

5代目となるスバル フォレスターには、スバルが培ってきたテクノロジーを投入した、先進の機能が搭載されています。

高剛性かつ、低重心化を実現した新設計のスバルグローバルプラットフォームをベースに、道路や路面状態に適した最適なトルクをタイヤに配分する、アクティブトルクスプリットAWD(全輪駆動)を採用しています。

悪路からのスムースな脱出をサポートするX-MODEを搭載。滑りやすい雪道や、雨でぬかるんだ悪路などでも、X-MODEを選択すれば、安心して走行が可能になります。

雪道や砂利道の下り坂などで、ブレーキ操作が難しい場合は、ヒルディセントコントロールが作動。常に一定の車速を維持しながら下ることができます。フォレスターは、いかなるシーンでも、高い走破性を発揮できる特徴があります。

現在では、走行性能だけでなく、安全性能もクルマを評価する大切な要素となっています。フォレスターには、運転支援システムとして、アイサイトを全グレードに標準装備。

アイサイトはステレオカメラとセンサーをベースに、頭脳となるソフトウェアが必要な制御を判断。状況に合わせて、クルマの各ユニットを適切にコントロールします。

将来の自動運転につながる先駆けとして、ツーリングアシスト機能をアイサイトに搭載。ツーリングアシストは、さまざまな走行シーンで、アクセル、ブレーキ、ステアリング操作をアシストします。

スバル 5代目フォレスターのメーカー装着オプションを紹介

スバル フォレスターは、グレード別にメーカー装着オプションを選択できます。オプションはエクステリア、インテリア、安全機能など多岐に渡ります。ここでは、4つのグレード別に主なオプションを見ていきましょう。

「Touring」には、ステアリングヒーター・パワーリアゲート・ルーフレール・アイサイトセイフティプラス・ドライバーモニタリングシステムなどがオプションとして準備されています。

「X-BREAK」は、パワーリアゲート・アイサイトセイフティプラス・ドライバーモニタリングシステムなどがオプションとなっています。「Touring」ではオプションとなるステアリングヒーター・ルーフレールなどが標準装備となります。

「SPORT」には、パワーリアゲート・ルーフレール・アイサイトセイフティプラス・大型サンルーフなどがオプションで用意されています。

「Advance」は、パワーリアゲート・ルーフレール・アイサイトセイフティプラス・大型サンルーフ・ブラック本革シート(シルバーステッチ)・ブラウン本革シート(シルバーステッチ)などから、オプション装備を選択できます。

スバル 5代目フォレスターのパッケージオプションを紹介

スバル フォレスターには、3つのパッケージオプションがあります。ここではお得なパッケージオプションを紹介します。

インテリアパッケージは、ウルトラスエード®のオプション装備で統一されています。内容は、コンソールオーナメント、コンソールリッド、インパネパネルをウルトラスエード®に換装したものになっています。

上質で触り心地の良いインテリアで、室内空間を演出します。通常価格6万1380円のところ、パッケージ価格5万5330円となります。

ユーティリティパッケージステンレスは、夜のキャンプサイトでも目を引くSUVカーゴアイテムとして、リヤゲートライト、カーゴトレーマット、ステンレス製カーゴステップパネルをパッケージング。

使い勝手の良いライトやマットなどで、アクティブシーンを支えてくれます。通常価格7万5460円のところ、パッケージ価格6万8860円です。

ユーティリティパッケージ樹脂は、リヤゲートライト、カーゴトレーマット、樹脂製カーゴステップパネルとなります。パネルが樹脂パーツになったパッケージです。こちらは、通常価格7万4360円のところ、パッケージ価格6万7760円です。

この他にも、精悍なフロントグリルや足元を引き締めるSTI アルミホイール、便利なフットランプや室内を綺麗に彩るドリンクホルダーイルミネーション、などの多彩なオプションを用意しています。

スバル 5代目フォレスターの機能的なオプション装備

まずご紹介するのがフォレスター専用デザインのビルトインナビです。

ビルトインナビは専用設計なのでインパネに綺麗にフィットします。

そして、センターコンソールにあるマルチファンクションディスプレイと連携することで、目的地までのルートなどをよりわかりやすく表示させます。

つぎにパワーリアゲートです。

パワーリアゲートはスマートキーを持っていればリアバンパーの下に足を出し入れするだけでリアドアが自動で開けます。

両手がふさがっている場合や、小柄で力が弱い方でも簡単に荷物を積載可能です。

3つ目はサンルーフです。

特にアウトドアでの使用が多い方には必須の装備です。

サンルーフを使用することで新鮮な空気・日光を感じることができ開放感を味わうことができるます。

またクルマを売却する際にサンルーフが装備されていると高めに買い取ってもらえる場合もあるのでおすすめです。


4つ目は純正品のフロアカーペットです。


フロアカーペットはクルマを汚れから守るために必要ですが、純正品でないとサイズが合わない場合もあります。


純正品ならサイズもピッタリで、カーペットのずれによる踏み間違いなどのリスクも軽減されます。

スバル 5代目フォレスターのオプションでぜひ装備したい安全装備

まず装備したいのがアイサイトセーフティプラス(運転支援)です。

アイサイトセーフティプラス(運転支援)は先行車や対向車の位置を検知し、自動でハイビームの照射範囲をコントロールするアダプティブドライビングビームが搭載されています。

さらにスバルリアビークルディティクションは車体の後部に内蔵されているセンサーにより、後側方から接近する車両を検知します。

その後ドアミラー鏡面のLEDインジケーターや警告音でドライバーに危険を知らせるシステムです。

アイサイトセーフティプラス(運転支援)はTouringツーリングとX-BREAKエックスブレイクには標準装備されていないのでぜひとも装備したい安全装備です。

もうひとつ装備したい安全装備はアイサイトセーフティプラス(視界拡張)です。

アイサイトセーフティプラス(視界拡張)には見通しの悪い交差点などで前方視界をサポート、障害物との距離感覚を掴みやすくし、衝突を回避・安全確認ができるフロントビューモニターが搭載されています。

他にもリア部分に取り付けられたカメラの映像をルームミラーに表示できるスマートリアビューモニターも装備されています。

スバル フォレスターは、刷新された先進の機能が標準装備されていますが、オプションを選択することで、実用性と利便性をより高めることができます。

シーンに合った機能を、多くのオプションから選んでみてはいかがでしょうか。

※2021年7月現在

吉田 恒道|よしだ つねみち

1980年代、大学卒業後ファッション・モード専門誌「WWD Japan」編集部勤務を皮切りに編集者としてのキャリアを積む。その後、90年〜2000年代、中堅出版社ダイヤモンド社の自動車専門誌・副編集長に就く。以降、男性ライフスタイル誌「Straight’」(扶桑社)など複数の男性誌編集長を歴任し独立、フリーランスのエディターに、現職。著書に「シングルモルトの愉しみ方」(学習研究社)がある。

吉田 恒道