スバル 5代目フォレスターのシートアレンジを徹底解説!(5AA-SKE/4BA-SK5型)

フォレスター

独自の水平対向エンジンと4WDシステムを搭載している、スバル 5代目フォレスター(5AA-SKE型4BA-SK5型)は、日本のみならず世界でも評価の高いクルマです。

新設計のプラットフォームとエンジンの採用により、ワンランク上の走行性能を手に入れてた5代目フォレスター。

多くのユーザー層が支持する1台だからこそ、室内の居住性や実用性も重要なポイントのひとつです。今回は、5代目フォレスターの魅力と、シートアレンジについて見ていきましょう。

Chapter
スバル 5代目フォレスターの歴史を振り返る
スバル 5代目フォレスターは大きな進化を遂げたSUV!
スバル 5代目フォレスターのフロントシートのアレンジは?
スバル 5代目フォレスターはリアシートのアレンジでラゲッジルームを確保!
スバル 5代目フォレスターのシートアレンジと組み合わたいインテリア装備
スバル 5代目フォレスターのシートアレンジと組み合わせたいラゲッジルーム装備

スバル 5代目フォレスターの歴史を振り返る

スバルフォレスターは1997年の初代発売当初は2.0Lターボのみの設定でした。

2000年にはマイナーチェンジが行われ、エクステリア(外装)やインテリア(内装)を改良、エンジンをリーンバーン仕様にすることで燃費も向上しました。

そして同年12月には全車にデュアルSRSエアバッグが搭載され、安全性が向上しました

2002年には2代目が発売され、初代に比べて軽量化に成功し、トルク性能の見直しで街乗りでの走行性能の向上を実現しました。

2005年にはフルモデルチェンジ並みのマイナーチェンジが行われ、全車に4輪ディスクブレーキを搭載しました。

そして2007年に3代目が発売され、2代目よりも車高を高くし、さらにクロスオーバーSUVらしさが増しました。

2010年にはマイナーチェンジを実施、エンジンには新世代BOXERエンジンが採用され、基本性能の高効率化が実現しました。

2012年には4代目が発売されました。

4代目には今まで装備されなかったスバル独自の運転支援システムであるアイサイトが標準装備されたグレードも用意され、、安全性能が大幅に向上しました。

2015年には大幅改良が実施され、エクステリアはワイド感のあるフロントグリル・バンパーを採用し、SUVらしい力強さが向上しました。

そして2018年に現行モデルである5代目フォレスターが発売されました。

スバル 5代目フォレスターは大きな進化を遂げたSUV!

スバル 5代目フォレスターに新しく採用されたスバルグローバルプラットフォームは、車体の強度アップやフレームワークの最適化などにより、衝撃を効率的に吸収するボディ構造を実現。衝突安全性能をさらに進化させています。

水平対向エンジンと左右対称のパワートレインで構成された、独自のシンメトリカルAWD(前輪駆動)システムをベースに、路面や走行状況に応じて前後輪に最適なトルクを配分する、アクティブトルクスプリットAWDをフォレスターに採用。優れた走行性能を発揮します。

全面的に進化した、スバル独自の運転支援システムとなるアイサイトを全グレードに標準装備。

高速運転の疲れを大幅に軽減する先進機能ツーリングアシストや、安全運転の支援や、視界の拡張を目指したアイサイトセイフティプラスを装備しています。

アイサイトはステレオカメラの認識により、クルマの各ユニットを手足のように適切に制御。ステレオカメラのポテンシャルをベースに、さまざまなセンサーを組み合わせ、あらゆるシーンでより高度な運転支援を実現しています。

エクステリア(外装)は、次世代スバルのデザインフィロソフィーであるダイナミック×ソリッドを核に据えて、美しさを融合させたモダンキュービックフォルムを作り出しています。

SUVらしい塊感と躍動感を表現、そのボディに凝縮しています。力強さと逞しさをより際立たせたシャープなキャラクターラインが、SUVとしての存在感を演出しています。

スバル 5代目フォレスターのフロントシートのアレンジは?

スバル フォレスターのシートは、グレードのキャラクターによってマテリアルをアレンジ。幅広いライフスタイルに対応しています。

ファブリック/トリコット+合成皮革(シルバーステッチ)を使用した「Touring」、撥水ファブリック/合成皮革(レッドオレンジステッチ、タグ付)仕様の「X-BREAK」、ファブリック/トリコット+合成皮革シート(シルバーステッチ)と本革をオプション装備可能な「Advance」、ウルトラスエード®/本革を採用した「SPORT」と個性的なラインアップになっています。

フォレスターのフロントシート(前席)には、シートヒーター機能を全グレードに標準装備。「Advance」・「SPORT」には、3段階温度調整機能が付加され、より利便性を高めています。

「Touring」・「X-BREAK」には、運転席の座面高を調整するレバー式の運転席シートリフターを装備、手動操作で好みのシートポジションを選択できます。

「Advance」・「SPORT」には、8ウェイパワーシート(前後スライド/前チルト/リフター/リクライニング)、アクセスキー対応運転席シートポジションメモリー、運転席シート自動後退の3つの機能を装備。オート操作でイージーに、心地の良いシートポジションをアレンジできます。

スバル 5代目フォレスターはリアシートのアレンジでラゲッジルームを確保!

スバル フォレスターのリアシート(後席)は、フロントシートとの間隔を広げたことで、足元にくつろぎをもたらすレッグルームと、余裕のあるヘッドルームを実現。十分な広さと居住性を確保して乗り降りもスムーズです。

リアシート後方に位置する、広いラゲッジルーム(荷室)の容量は「Touring」・「X-BREAK」・「Advance」は509L(VDA方式)、「SPORT」は520L(VDA方式)となっており、電動で開閉できるパワーリアゲートを装備。

荷物などで手がふさがっている時や、離れた場所からでも、スイッチひとつでラゲッジルームにアクセス可能で、高い利便性を発揮しています。

また、リアシートのシートアレンジの活用で、アクセスが良く大容量のラゲッジルームを、さらに拡張して実用性をワンランクアップできます。フォレスターのリアシートは、6:4分割可倒方式を採用しているため、様々なリアシートアレンジを快適に行えます。

ラゲッジルームに設置されたボタンでリアシートを格納すれば、サーフボードやスキーの板などの長い荷物でも、無理なく積載できます。

スバル 5代目フォレスターのシートアレンジと組み合わたいインテリア装備

まずはフルオートエアオンです。

フルオートエアコンは全車標準装備されており、左右独立温度調整機能・後席ベンチレーション・クリーンフィルター付きとなっています。

シートをリクライニングしてくつろぐ際にも最適な温度調節などで快適な室内空間を提供します。

次にオプションで装備可能なパナソニック ビルトインナビです。

パナソニック ビルトインナビはナビ機能はもちろんオーディオ機能も充実しています。

CDやDVD、SDカードのメディアを再生可能で、CDは再生することで音源を録音できる機能も搭載しています。

また音響にこだわりたい方のために、フォレスター専用の音響チューニングが施されているので、車内でも高音質で臨場感のあるサウンドを楽しむことができます。

パナソニック ビルトインナビがあれば車内で高音質な音楽を楽しみながらゆったりとくつろぐことが可能です。

次に紹介するのは大型サンルーフです。

大型サンルーフは「Advance」と「SPORT」の一部のグレードに装備可能なオプションです。

特にアウトドア・レジャーを楽しむ機会が多い方は、車内にいながらも大自然の光や風を感じられます。

そしてサンルーフを開放してシートをリクライニングすれば、まるで自然の中にいるような気持ちよさでくつろぐことができます。

スバル 5代目フォレスターのシートアレンジと組み合わせたいラゲッジルーム装備

さらにフォレスターには収納機能の拡張など便利な機能を持ったアイテムが用意されています。

まずはラゲッジルームランプです。

ラゲッジルームランプはラゲッジルームの入り口付近に配置されており、夜間でも荷物を載せたり降ろしたりがスムーズにできます。

そして、「X-BREAK」にはリアゲート部分にもランプが装備されているので、さらにラゲッジルームを明るく照らしてくれます。

次に撥水カーゴフロアボードです。

撥水カーゴフロアボードは「X-BREAK」専用の装備で、撥水加工済みの素材を使っており水分や汚れを簡単に拭き取り可能です。スキーや釣りなどアウトドアによく出かける方にとっては大きなポイントです。


また「X-BREAK」のラゲッジルームにはレールが搭載されています。このレールにより重たい荷物を積み込みやすくなり、利便性が増しています。

フォレスターは、機能的でアレンジ性のあるリアシートと、大容量で使い勝手の良いラゲッジルームを装備した、高い実用性が特徴の1台です。

SUVならではのオールマイティーな走行性能と併せて、フォレスターの実用性を感じみてはいかがでしょうか。

※2021年7月現在

吉田 恒道|よしだ つねみち

1980年代、大学卒業後ファッション・モード専門誌「WWD Japan」編集部勤務を皮切りに編集者としてのキャリアを積む。その後、90年〜2000年代、中堅出版社ダイヤモンド社の自動車専門誌・副編集長に就く。以降、男性ライフスタイル誌「Straight’」(扶桑社)など複数の男性誌編集長を歴任し独立、フリーランスのエディターに、現職。著書に「シングルモルトの愉しみ方」(学習研究社)がある。

吉田 恒道