【試乗動画】e-BOXER搭載のスバル 5代目 フォレスターはどんなクルマ?

スバル フォレスター アドバンス

今回は、スバル 5代目 フォレスターアドバンス(DBA-SJ5)の首都高速道路でのe-BOXERの使用感やアイサイトツーリングアシストの制御等について動画でご紹介!フォレスターのスペックや先進安全装備についても記事で紹介していきます。

Chapter
実際に首都高で試乗!その様子は動画をチェック
1997年にデビューしたスバル フォレスター
スバル フォレスターのアイサイトツーリングアシストってなに?
ドライバーモニタリングシステムってなに?
スバル 5代目 フォレスターの中古価格

実際に首都高で試乗!その様子は動画をチェック

以下の動画では、実際に首都高速道路でフォレスターのアドバンスグレードを試乗しています。首都高速道路ではクルマのトータルバランスが求められる中、果たしてe-BOXER搭載のフォレスター アドバンスはどんな走りをするのか!?是非ご覧ください。

1997年にデビューしたスバル フォレスター

フォレスターは、1997年にインプレッサをベースにしたクロスオーバーSUVとしてデビュー。圧倒的なパワーを発揮する水平対向エンジンとAWDを組み合わせ、パワートレインを左右対称かつ一直線なレイアウトにすることを実現。シンメトリカルAWDと呼ばれるこのレイアウトと、2.0Lターボエンジンによりスポーツカー並みに速いSUVとして人気を集めました。

2018年に販売された現行となる5代目フォレスターでは、燃費性能を実現させるためターボエンジンを廃止。ハイブリッドシステムe-BOXERを搭載したグレードを新設定し、このe-BOXER搭載グレードでは18.6km/L(JC08モード燃費)と燃費性能を向上させました。

現行のフォレスターには、ツーリング、プレミアム、X-ブレイク、アドバンスの4種類のグレードが用意されています。この中でe-BOXERを搭載しているのは、今回紹介する最上位グレードのアドバンスのみです。安全機能であるアイサイトツーリングアシストが標準装備となっていることはもちろん、4グレードの中では唯一ドライバーモニタリングシステムを搭載しているなど、最上位グレードらしく装備が充実していて、人気のグレードになっています。

<次のページに続く>
次ページ
スバル フォレスターのアイサイトツーリングアシストってなに?