SUVライバル車対決!スバル フォレスター対マツダ CX-5…経済性と走行性能は?

CX-5

国内市場において、いま最も人気のあるクロスオーバーSUV。スバルのフォレスターとマツダのCX-5は、ともに動力性能を重視することによって、ライバルとの差別化を図っています。今回は、両車の価格・燃費の経済性と、エンジン・4WDシステムの走行性能を比較をしてみましょう。

Chapter
SUV技術の集大成「スバル フォレスター」
革新的技術が盛りだくさん「マツダ CX-5」
価格と燃費の経済性を比較しよう
エンジンと4WDシステムの走行性能を比較しよう
フォレスターのエンジンと4WDシステム
CX-5のエンジンと4WDシステム
フォレスターとCX-5 どちらを選ぶ?

SUV技術の集大成「スバル フォレスター」

フォレスターは、スバルのクロスオーバーSUVとして根強い人気を誇っており、水平対向エンジンとシンメトリカルAWDなど、他にはないスバル独自の技術や220㎜のロードクリアランスなどが特徴の本格的SUVとしての側面も持ち合わせています。

エンジンは水平対向4気筒の2.0Lで、自然吸気と直噴ターボの2種を設定しており、同じ排気量ながらその差は約100馬力と、性格はかなり異なります。

エクステリアはオーソドックスなステーションワゴンデザインで、最近のオシャレなクロスオーバーSUVの中では、やや地味な印象なのは否めませんが、そこがスバルらしさとも言えます。

革新的技術が盛りだくさん「マツダ CX-5」

最新の”鼓動デザイン”と”SKYACTIVテクノロジー”を全面採用し、クロスオーバーSUV市場に衝撃的デビューを飾ったCX-5。その特徴は、なんといってもそのメインパワーユニットであるクリーンディーゼルエンジン"SKYACTIV-D2.2"です。

4.0Lガソリンエンジン並みの協力なトルクは、重量のあるSUVボディには最適と評価も高く、その後に発売された「CX-3」とともにマツダのSUVシリーズの個性を決定付けています。

また、4WDシステムは、車の動きを予測し、その変化に応じて、クルマ自身が前後輪の駆動力配分を積極的に自動コントロールする最新の「i-ACTIV AWD」を採用しています。

<次のページに続く>
次ページ
価格と燃費の経済性を比較しよう