現金一括、ローン、リース…クルマを購入するときは結局どれがお得なの?

クルマの購入

クルマを購入する際には、現金・ローン・リースなど様々な支払い方法があります。どれもそれぞれメリット・デメリットがありますが、どれが一体お得なのでしょうか。

中でも昨今主流となっている、残価型ローンマイカーリースプランと言われるファイナンス商品を重点的に見ていきましょう。

Chapter
現金購入の場合
残価型ローン
リース

現金購入の場合

いわゆる車両本体価格やオプション品、補償プランなどを付けた総額を一括支払いすることを現金購入といいます。現金購入は、クルマの購入の際の一番シンプルな方法ともいえるでしょう。

昔はクルマを購入する場合はローンなどは組まず現金で購入される方が多かったため、ご年配の方が購入する場合は、今も現金購入を利用される方が多いのです。

現金購入のメリットとして真っ先に挙げられるのは、納車までに全額支払うためローンやリースのように毎月の支払いがないことでしょう。毎月の支払いがないということは、ローンやリースで発生する支払利息が生じないといえます。

また、これはあまり知られていませんがクルマを購入したディーラーで自動車保険に加入する場合は、自動車保険も3年分や5年分を一括支払いすることができるのです。

自動車保険においても月払いや年払いは多少の分割手数料が含まれるので、利息や手数料を少しでも払いたくない方は、自動車保険も長期一括払いがおすすめといえるでしょう。

残価型ローン

次に、今利用されているローンの主流である、残価型ローンについて解説していきましょう。

各自動車メーカーによりローンプランは多少違いますが、大きく分けると残価設定型ローン残価保証型ローンに分かれるため、この2つのプランについてご紹介します。

残価設定型ローン

年後や5年後などクルマを乗り換えるであろう時期に合わせてローンを組み、最終回に下取りで査定される金額を予想し予め残価として残しておくことにより、月々の支払いが通常のローンに比べて安くなるプランです。

このプランはこれから紹介する全ての残価型ファイナンス商品に共通するメリットのため、簡単に金利なしの場合を想定して例を紹介します。

■総額300万円5年払い通常ローンの場合
毎月5万円×60回(5年)=300万円

■総額300万円5年払い残価設定型ローンの場合
仮に5年後の価値を100万円と想定して残した場合、300万円-100万円の200万円を月々で支払う。
毎月約3万3千円×60回=約200万円
残しておいた5年後の100万円は下取りに出して相殺

上記の例のように、通常のローンと残価設定型ローンでは月々の支払い金額に差が生じるため、皆さん毎月のローンを減らしたいと考えられるため現在の主流となっています。

なお、残価に残す金額は営業の方と相談して決めると思いますが、決して保証されるものではなく、満期が来たときに査定をして下回ってしまう場合もあることも注意しましょう。

また、毎月の支払いを下げられる残価設定ローンは、法人名義で購入の方にもおすすめです。現金を残しておくことで、クルマにキャッシュを使うのではなく設備投資や事業発展に使用することができます。

残価保証型ローン

先ほどの残価設定ローンは残す金額を予め設定して満期時に下取り査定をし、下回る場合もあるプランでした。

反対に残価保証ローンは、走行距離の上限やボディの状態が規則に満たしていれば、予めメーカーにて設定されている残価を保証してくれるプランなのです。

これは満期時に残価を割ってしまうのではという不安を無くすプランとなります。

ただ、保証している分、設定している残価は低くなるので、残価設定型ローンと比べると月々の支払いは高いものが多いです。

リース

昨今、CMで人気となったリースプラン。分割して毎月支払うことはローンと変わりませんが、相違点について解説していきましょう。

まず大前提として、ローンは購入したもの・リースは借りているものとされるため、大きな改造などは禁止されています。

リースの大きなメリットは、購入時の諸経費や毎月の自動車税、自動車保険料を組み込んで支払えるため、クルマに関わる支払いを一本化して、急な出費をなくすことができる点です。中には、車検費用も組み込まれているリースプランもあるため、車検で大きな出費がないのも安心材料といえるでしょう。

支払いについてはローンと同じく、残価設定型リースと残価保証型リースのプランがあります。

また、リースのメリットは個人で購入される方にもありますが、法人で購入される方により恩恵があります。

法人の場合、現金購入・ローンは資産となるため減価償却という形で経費計上をしますが、リースの場合は基本的に試算にならず、毎月のリース料をそのまま経費計上することが出来るため、経理上都合が良いことが多いのです。

今回は、大きく三つに分けられるクルマの購入プランの内、何がお得なのかを紹介しました。

まとめると、現金を手元に残しておきたい人は残価型ローンがおすすめであり、自動車税なども組み込みたい方は残価型リースがおすすめといえるでしょう。

個人法人により異なってくるので、一度ディーラーでセールスマンに確認してみるのが良いかもしれません。

※2021年7月現在

吉田 恒道|よしだ つねみち

1980年代、大学卒業後ファッション・モード専門誌「WWD Japan」編集部勤務を皮切りに編集者としてのキャリアを積む。その後、90年〜2000年代、中堅出版社ダイヤモンド社の自動車専門誌・副編集長に就く。以降、男性ライフスタイル誌「Straight’」(扶桑社)など複数の男性誌編集長を歴任し独立、フリーランスのエディターに、現職。著書に「シングルモルトの愉しみ方」(学習研究社)がある。

吉田 恒道