スバル 2代目レヴォーグ(VN5型)は多彩なシートアレンジと快適性・便利さを兼ね備えたワゴン!

スバル 2代目レヴォーグ

今回は2020年10月にモデルチェンジし「2020-2021日本カー・オブ・ザ・イヤー」を受賞したスバル 2代目レヴォーグ(VN5型)の多彩なシートアレンジについて紹介していきます。

2代目レヴォーグは他にも2020年度JNCAP安全性能評価で大賞を受賞するなど第三者機関からも高い評価を得ており、シートアレンジも魅力のひとつで使い勝手のいい便利な装備も充実しています。

今回は、そんな2代目レヴォーグの多彩なシートアレンジを詳しく見ていきましょう。

Chapter
スバル 2代目レヴォーグはどんなクルマ?
スバル 2代目レヴォーグの多彩なシートアレンジ
スバル 2代目レヴォーグのシートには便利な機能も搭載

スバル 2代目レヴォーグはどんなクルマ?

スバル レヴォーグは総合安全性能のレベルを引き上げ、ドライバーの意思を忠実に実現するハンドリングや、不快な振動騒音を低減し快適な乗り心地を提供する「スバルグローバルプラットフォーム」を採用しています。

その他にも、ボディ全体の骨格連続性を高める「フルインナーフレーム構造」や「構造用接着剤」などを採用、高剛性化と軽量化に成功した上質な走りが特徴のワゴン車です。

パワーユニットには新世代BOXERエンジンを採用、低回転域から高トルクを発生させるターボシステムに加え、少ない燃料で多くのエネルギーを生み出すリーン燃焼技術の採用によって走りと優れた環境性能を両立させています。

そして、スバルにとって最高峰の運転支援システムである「アイサイトX」を搭載。「アイサイトX」は一定の条件を満たす自動車専用道路で快適性を飛躍的に高め、安全運転をサポートする最先端の安全テクノロジーであり、自動車専用道路における安心で快適な安全運転をサポートしてくれます。

そして、機能的で大容量のラゲッジルーム(荷室)にはスバルのノウハウが隅々に息づいており、シーンに合わせて自由自在で、使い勝手のいいワゴン車と言えるのです。

スバル 2代目レヴォーグの多彩なシートアレンジ

荷物を多く積んでのドライブも想定されるワゴン車にとって、シートアレンジが多彩であることを重視する人も多いことでしょう。

スバル レヴォーグは4:2:4分割可倒式リアシート(後席)を採用しており、中央席を独立して倒すことが出来るため、リアシートに2名乗車していてもスキー板などの長い荷物を積載することが可能となっています。

荷室の荷室長は5名乗車時で1,070mm、2〜4名乗車時には最大1,639mm。荷室幅はホイールハウス間が1,100mm、最大幅が1,602mmと十分すぎるほどで、2名乗車時には自転車を倒して搭載可能であり5名乗車時にもゴルフバッグを横並びに積み込むことが出来るのです。

もちろん、フロントシート(前席)とリアシートの快適性にも余裕の配慮がなされています。

パワーシートは運転席10ウェイ&助手席8ウェイ(一部モデルでは運転席8ウェイ)でシートリフター、前チルト、前後スライド、リクライニングの調整を電動化しており適切なシートポジションを提供。

運転席にはドアを開けると自動的にシートが後退しスムーズな乗車をサポートする運転席シート自動後退機能を搭載したモデルも用意されています。

リアシートの居住空間も快適そのもの。後席のシート座面を長くすることで座り心地の良さを高めると共に、フロントシートとの間隔を広げることによってゆとりある足元スペースを実現しているためです。

レヴォーグは多彩なシートアレンジで多くの荷物を積み込むことの出来る便利さと、フロントシート・リアシートの快適性を両立したワゴンと言えます。

スバル 2代目レヴォーグのシートには便利な機能も搭載

スバル レヴォーグのシートには快適に加え便利な機能も数多く搭載されています。

運転席シートポジションメモリー機能とドアミラーメモリー&オート格納機能はあらかじめ登録しておいたシートポジションとドアミラーの角度を自動的に再現。ドアミラーはドアの解錠と施錠に連動し自動で展開・格納まで可能となっています。

また、リアシートには走行後にイグニッションがOFFになると、後席の乗員や荷物の存在をブザー音とともに警告画面をメーターに表示し、荷物のほか乳幼児の車内置き去り防止に役立つリアシートリマインダーが搭載されています。

他にも、買い物袋や小物などを吊り下げられるカーゴサイドフックが左側に2ヶ所、右側に1ヶ所備え付けられているほか、夜間の使用に便利なカーゴルームランプやリアクォーターポケットなど便利な装備が盛りだくさん。

スマートフォンなどの充電に使えるUSB出力電源(DC5V)もセンタートレイとリアシートにそれぞれ2ヶ所用意されています。

スバル レヴォーグはワゴン車に求められる荷物の積載と乗車人員のバリエーションを多彩なシートアレンジで豊かに実現しているだけでなく、シートにも快適性と便利さを兼ね備えています。

まさに新たな価値を生み出した新時代のステーションワゴンと言えるでしょう。

※2021年7月現在

吉田 恒道|よしだ つねみち

1980年代、大学卒業後ファッション・モード専門誌「WWD Japan」編集部勤務を皮切りに編集者としてのキャリアを積む。その後、90年〜2000年代、中堅出版社ダイヤモンド社の自動車専門誌・副編集長に就く。以降、男性ライフスタイル誌「Straight’」(扶桑社)など複数の男性誌編集長を歴任し独立、フリーランスのエディターに、現職。著書に「シングルモルトの愉しみ方」(学習研究社)がある。

吉田 恒道