【プロ解説】スバル レヴォーグの安全装備を徹底解説!!

スバル レヴォーグ 2020

2020年10月に登場した新型レヴォーグには、360°センシングを実現し、安全性をさらに進化させた「新世代アイサイト」に加えて、高度運転支援システムである「アイサイトX」がスバル車として初めて採用しました。アイサイトそしてアイサイトXの充実した機能を紹介しましょう

文/写真・萩原文博

Chapter
アイサイト
プリクラッシュブレーキ
前側方プリクラッシュブレーキ
緊急時プリクラッシュステアリング
後退時ブレーキアシスト
AT誤発進抑制制御&AT誤後進抑制制御
全車速追従機能付クルーズコントロール
ツーリングアシスト
車線逸脱抑制
警報機能/先行車発進&青信号お知らせ機能
スバルリヤビークルディテクション(後方警戒支援システム)
エマージェンシーレーンキープアシスト
アレイ式アダプティブドライビングビーム
アイサイトX
渋滞時ハンズオフアシスト
渋滞時発進アシスト
カーブ前速度制御
料金所前速度制御
アクティブレーンチェンジアシスト
ドライバー異常対応システム

スバル レヴォーグの安全装備を一覧で紹介

アイサイト

アイサイトは、スバル独自の運転支援システムの総称で、主な機能をフロントガラス内に設置された「ステレオカメラ」による認識と制御によって実現しています。このカメラは常に前方を監視し、人の“目”と同じように距離を測ることが可能。さらにクルマや歩行者、白線などを識別できるほか、広い視野角と視認距離、カラー画像によるブレーキランプの認識など、高い認識性能を実現しています。その情報と走行状況をもとに、“頭脳”にあたるソフトウェアが必要な制御を判断し、状況に合わせてクルマの各ユニットを“手足”のように適切に制御します。

現行型レヴォーグでは、広角化した新開発のステレオカメラに加えて、前後4つのレーダーを組み合わせることで360°センシングを実現。ソフトウェアの性能向上や、電動ブレーキブースターの採用などにより、これまで以上に幅広いシーンで安全運転をサポートします。

プリクラッシュブレーキ

衝突の危険があるとシステムが判断した場合、ドライバーに注意を喚起するのがプリクラッシュブレーキです。回避操作がない場合はブレーキ制御を行い、衝突回避をサポートします。さらに現行型レヴォーグでは作動領域が広がり、交差点にも対応。右折時の直進対向車や、右左折時の歩行者、また横断する自転車への衝突回避もサポートしてくれます。

<次のページに続く>
次ページ
前側方プリクラッシュブレーキ

萩原 文博|はぎはら ふみひろ

1970年生まれ。10代後半で走り屋デビューし、大学在学中に中古車情報誌の編集部にアルバイトとして加入。1995年より編集部員として編集作業に本格的に携わる。中古車の流通、販売店に精通し、「中古車相場師」として活動。2006年からフリーランスの編集者となり、中古車だけでなく、現在は日本で最も多くの広報車両を借り出して取材を行い、新車でもユーザー視点のバイヤーズガイドを中心に、人気車種の動向や流行りの装備の価値評価などを加味した、総合的に買いのクルマ・グレードの紹介をモットーとしている。

萩原 文博