トヨタ 初代カローラツーリングは多彩なシートアレンジで収納の利便性がさらに向上!(3BA-NRE210W/6AA-ZWE211W/6AA-ZWE214W型)

トヨタ 初代カローラツーリング

2019年9月にデビューしたスポーティさあふれる新しいワゴン、トヨタ 初代カローラツーリング(3BA-NRE210W/6AA-ZWE211W/6AA-ZWE214W型)。

軽快な走りや先進の安全技術、それに豊富なオプションと魅力満載ですが、ワゴン車ならではの特徴である収納性にも優れた1台でもあります。

その鍵を握っているのは、組み合わせることで広大なスペースを作り出す使い勝手の良いシートアレンジ。

そこで今回は、カローラツーリングのシートアレンジについてじっくり紹介していきます。

吉田 恒道|よしだ つねみち

1980年代、大学卒業後ファッション・モード専門誌「WWD Japan」編集部勤務を皮切りに編集者としてのキャリアを積む。その後、90年〜2000年代、中堅出版社ダイヤモンド社の自動車専門誌・副編集長に就く。以降、男性ライフスタイル誌「Straight’」(扶桑社)など複数の男性誌編集長を歴任し独立、フリーランスのエディターに、現職。著書に「シングルモルトの愉しみ方」(学習研究社)がある。

吉田 恒道
Chapter
トヨタ 初代カローラツーリングとはどんなクルマなの?
トヨタ 初代カローラツーリングの収納性能をシートアレンジでさらに魅力アップ!
トヨタ 初代カローラツーリングのリアシートには便利な装備も充実

トヨタ 初代カローラツーリングとはどんなクルマなの?

グローバルブランドであるトヨタ カローラが生まれ変わり、カローラ フィールダーとして知られてきたワゴン車が、新たにトヨタ カローラツーリングとしてデビューしました。

カローラツーリングでは、トヨタが全社を挙げて取り組んでいるクルマづくりの構造改革TNGA(Toyota New Global Architecture)に基づいた「走りの基本性能」と「楽しさ」が追求されているとともに、走行性能や安全性といったクルマとしての基本が芯から鍛え上げられています。

低重心でワイドな造形のスポーティデザインで、「Toyota Safety Sense」が全車に標準装備されており安全性能も充実しています。これはドライバーをサポートする5つの先進機能と2種類のセンサーを特徴とする、予防安全パッケージです。

また、DCM(専用通信機)を装備したコネクティッドカーとしての性格も強められ、24時間365日カーライフサポートを受けられる点も魅力のひとつでしょう。

もちろんワゴン車に求められる収納性や利便性、使い勝手も十分なレベルで実現されており、広さは最大で自転車を横倒しにして積めるほどです。

グローバルブランドであるトヨタから生まれた新世代のスポーティ・ワゴンは、あらゆる使い方にマッチした実力派といえます。

トヨタ 初代カローラツーリングの収納性能をシートアレンジでさらに魅力アップ!

ワゴン車としてのカローラツーリングの魅力は、何と言ってもその収納性にあります。

カローラツーリングの荷室(ラゲッジルーム)は通常時の奥行きが930mm、最大幅が1,464mm、高さ755mmと十分で、スタンダードモードでもゴルフバッグが4個入る余裕がありますが、特筆すべきはシートアレンジと組み合わせることで生まれる大容量スペース。

リアシート(後席)を格納したフラットモードでは最大奥行きが1,953mmとなり、自転車を横倒しで積めるほどの空間が出現するのです。

その結果、荷室容量は通常時の392Lから802Lへと大幅に拡張されるので、幅広い場面での活躍が期待できるでしょう。

もちろん、カローラツーリングのリアシートは丈の長い荷物を積むことが出来る6:4分割モードも備えており、フラットモードや6:4分割モードへはワンタッチで変えられるため、シーンに応じた使い方ができるのです。

リバーシブルデッキボードを使えば、実用性はさらに高まります。

2WD(2輪駆動)車ではラゲージ床面の高さを2段階に調節可能で、上段にセットしてリアシートを倒せば長い荷物の積載に便利なほぼフラットな空間が生まれるほか、下段にセットすることで背の高い荷物を寝かさずに積むことも。

リバーシブルデッキボードは裏面が樹脂製になっているため、反転させれば濡れたり汚れたりした荷物も気兼ねなく載せることができます。

シートアレンジと組み合わせることでさらに収納機能に磨きがかかるワゴン、それがカローラツーリングなのです。

トヨタ 初代カローラツーリングのリアシートには便利な装備も充実

カローラツーリングの魅力を際立たせているのはシートアレンジだけではなく、充実したリアシートの装備やオプションも挙げられるでしょう。

ボトルホルダー付きのリアドアポケットに加え、リアセンターアームレストにもカップホルダーが2個備えられているほか、WxBグレードとSグレードには助手席シートバックポケットも備わっています。

また、カローラツーリングにはオプションも豊富に用意されています。

安心ドライブパッケージは乗車中の不安定な姿勢をサポートするアシストグリップ(シンプルタイプ)回転クッションをセットにしており、快適なドライブを楽しみたい方には必須といえるオプションです。

さらに、リアシートへの乗り降りもサポートするアシストグリップ(ヘッドレスト取付タイプ)とつり革型のグリップであるアシストグリップ(つり革タイプ)がセットになった同乗者サポートパッケージも見逃せません。

他にも、シートベルトを楽に装着でき腰まわりを圧迫しないシートベルトパッドや杖ホルダーなどリアシートの同乗者に優しく配慮するオプションが豊富です。

リアシートのシートアレンジと組み合わせる荷室にも、オプションが充実。

プライバシーを保護するトノカバーや華やかさを演出するラゲージウッドデッキ、撥水加工のラゲージベンチシートなどが用意されており、どれも非常に便利なオプションといえます。

今回は、カローラツーリングのシートアレンジを中心に詳しく紹介しました。

多彩なシートアレンジにより荷室の使い勝手にさらに磨きがかかり、ワゴン車としての魅力を十分以上に引き出されたカローラツーリングは、同乗者の快適性にも配慮しているといえるのではないでしょうか。

購入を検討している方は、実際に試乗してみるのも良いかもしれません。

※2021年7月現在

商品詳細