スバル WRX STI ”EJ20 Final Edition”の維持費をプロが解説

スバル WRX STI EJ20 Final Edition

今回試乗したスバル WRX STI ”EJ20 Final Edition FULL PACKGE”の車両本体価格は485万1000円。最後のEJ20搭載モデルとなったWRX STIを所有し、乗るための諸費用や燃料代、保険料などがどれくらいかかるのか、調べてみました。

文・写真/萩原 文博

Chapter
いま流行りの減税は期待薄

いま流行りの減税は期待薄

車検時に支払う重量税

新規登録や車検の際に自動車の重量に対して支払う重量税

車両重量が1,510kgのスバル WRX STI EJ20 ”Final Edition FULL PACKGE”の税額は、4万9200円です。エコカー減税はありません。

毎年発生する自動車税

登録車を所有している場合に、4月1日時点の車検証上の所有者に対し、排気量に応じて毎年課税される税金が自動車税です。

用途や総排気量により税額が決まり、WRX STI ”EJ20 Final Edition FULL PACKGE”は、排気量1,994ccの自家用乗用車なので、1年で3万9,500円となります。

自賠責保険は37ヶ月で

WRX STI “EJ20 Final Edition FULL PACKGE”を購入する際、自賠責保険37カ月加入するので、2万7770円。この金額は乗用車はすべて同じです。

ちなみに、3年後の車検時は25ヶ月ぶんを加入するので、2万610円になります。

<次のページに続く>
次ページ
その他、気になる維持費はいくらぐらい?

萩原 文博|はぎはら ふみひろ

1970年生まれ。10代後半で走り屋デビューし、大学在学中に中古車情報誌の編集部にアルバイトとして加入。1995年より編集部員として編集作業に本格的に携わる。中古車の流通、販売店に精通し、「中古車相場師」として活動。2006年からフリーランスの編集者となり、中古車だけでなく、現在は日本で最も多くの広報車両を借り出して取材を行い、新車でもユーザー視点のバイヤーズガイドを中心に、人気車種の動向や流行りの装備の価値評価などを加味した、総合的に買いのクルマ・グレードの紹介をモットーとしている。

萩原 文博