BMW 2代目2シリーズの機能性を高める便利なオプションを紹介!

BMW 2代目2シリーズ

スポーティーで優美なデザインが特徴的な、BMW 2代目2シリーズ(3BA-2J30/3BA-2H20/3BA-7K15/3DA-7M20/3BA-7L20型)。

ボディータイプはクーペ、グランクーペの2種類を設定しており、スポーツカーファンやファミリー層などから人気を集めています。

今回は、2代目2シリーズのクーペとグランクーペに設定されたオプションをピックアップ。

2シリーズの機能性を高めるオプションはどのようなものがラインアップされているのか、詳しく見ていきましょう。

Chapter
BMW 2代目2シリーズはどんなクルマなの?
BMW 2代目2シリーズのエクステリアオプションを紹介!
BMW 2代目2シリーズのインテリアオプションをチェック!

BMW 2代目2シリーズはどんなクルマなの?

オプションを詳しく紹介する前に、まずはBMW 2シリーズのクーペとグランクーペについて解説します。

まずクーペは2ドアの4人乗りで、ボディーサイズは全長4,470mm×全幅1,775mm×全高1,410mmと、2シリーズのなかでは最も小柄なタイプとなっています。

スポーツを徹底的に意識したシャープなデザインが特徴的なほか、FR(後輪駆動)のダイナミクスと特別仕様のインテリア(内装)により、快適なドライビング体験を実現している点が魅力といえるでしょう。

グランクーペはクーペをベースとした4ドアの5人乗りで、Standardのボディーサイズは全長4,535mm×全幅1,800mm×全高1,430mmと、クーペよりやや大きいサイズに設計されています。

また、グランクーペは「2020-2021日本カー・オブ・ザ・イヤー 10ベストカー」にノミネートしたほか、「RJCカーオブザイヤー・インポート」を受賞しており、圧巻の実績を持つクルマといえるでしょう。

BMW 2代目2シリーズのエクステリアオプションを紹介!

2シリーズのクーペとグランクーペには、スポーティーなデザインに馴染むエクステリア(外装)オプションが多数設定されています。

あらゆる用途に対応できるよう考え抜かれた「ルーフ・ラック・システム」では、「ルーフレールやベースサポート」「ルーフボックス」「ラゲッジラック」「サーフボードホルダー」などをラインアップ。

これらはアタッチメントを利用することで、安定した状態で荷物を積載できるのが特徴です。

また、狭い路地での左折や車庫入れに便利な「ライン・コントロール」も用意されています。

「ライン・コントロール」にはBMWのロゴが入っており、2シリーズのシャープな佇まいをより一層際立たせてくれるでしょう。

「BMWモビリティ・セット」は、コンプレッサーにパンク・シール剤がセットされている、緊急時の移動性を確保できるセットです。

タイヤがパンクしたときに釘穴などをシールして適正空気圧まで重鎮できるため、タイヤ交換場所まで安全に走行できます。

あくまで緊急時用のオプション品ですが、乗る方の安心感を高めてくれること間違いありません。

BMW 2代目2シリーズのインテリアオプションをチェック!

2シリーズのクーペとグランクーペでは、長距離ドライブやアクティビティなど、あらゆる用途を想定したインテリアオプションを設定しています。

長距離ドライブに配慮したオプションのひとつが、「トラベル&コンフォート・システム」

このシステムでは、フロントシート(前席)のヘッドレストポールに専用のベース・キャリアと呼ばれる部品を取り付けます。

ベース・キャリアには、折りたたみカップホルダーもついているホールディングテーブルや衣類を掛けられるコートハンガー、軽量の荷物を掛けられるユニバーサルフック、タブレットを装着できるタブレットホルダーなどの中から好みのアクセサリーを差し込めるのです。

いずれのアクセサリーもワンタッチで脱着できるので、あらゆる用途に対応できるでしょう。

他にも、フロントシートのヘッドレストを使用した便利なオプションとして、「シート・バック・ストレージ・ポケット」からも目が離せません。

このポケットの優れた点は収納性だけではなく、折りたたんで持ち運べることに加え、耐久性があり、手入れも簡単な素材を使用している点が挙げられます。

また、荷室の汚れを防ぐための工夫も施されています。

耐久性の強い難燃性ナイロン糸を使用したマットや、荷室(ラゲッジルーム)にフィットするスリップ防止用マットをオプション品としてラインアップしました。

このスリップ防止用マットは油や溶剤に強いプラスチック素材でできており、汚れても簡単に手入れできる点が魅力です。

さらに、荷物を動かないように固定する「ラゲッジルームネット」や、すばやく組み立てられる防水加工の「ウォーター・プルーフ・ボックス」などを用意。

このように2シリーズには、アウトドア時のみならず、家族でのドライブなどでも役立つオプションが多数用意されているのです。

今回は、2代目2シリーズのクーペとグランクーペの便利なオプションを紹介しました。

2代目2シリーズは、スポーツを意識したデザインを取り入れながらも快適な走りを実現しているクルマです。

多彩にラインアップされた純正オプションを取り入れることで、さらに快適なドライブを楽しめるのではないでしょうか。

※2021年8月現在

吉田 恒道|よしだ つねみち

1980年代、大学卒業後ファッション・モード専門誌「WWD Japan」編集部勤務を皮切りに編集者としてのキャリアを積む。その後、90年〜2000年代、中堅出版社ダイヤモンド社の自動車専門誌・副編集長に就く。以降、男性ライフスタイル誌「Straight’」(扶桑社)など複数の男性誌編集長を歴任し独立、フリーランスのエディターに、現職。著書に「シングルモルトの愉しみ方」(学習研究社)がある。

吉田 恒道