BMW 2代目 X1(AA15/AD20/AB20型)の11のグレードを徹底比較!おすすめはM Sportモデル!?

BMW 2代目X1

BMW 初代X1は、5ドアの高級SUVをコンセプトに、2009年10月、日本では2010年4月に発売されました。その後、2015年にフルモデルチェンジがおこなわれ、現行となるBMW 2代目 X1(AA15/AD20/AB20型)が発売となりました。BMWの中でも、4WD(4輪駆動)モデルを導入するなど、オフロードに特化した仕様が目立ちます。

今回はそんな2代目 X1のグレード展開、および注目のMsportモデルの中でもおすすめのグレードをご紹介します。

Chapter
BMW 2代目X1 sDrive18i【440万円】
BMW 2代目X1 sDrive18i xLine【467万円】
BMW 2代目X1 sDrive18i M Sport【485万円】
BMW 2代目X1 xDrive18d Edition Joy+【471万円】
BMW 2代目X1 xDrive18d【496万円】
BMW 2代目X1 xDrive18d xLine Edition Joy+【498万円】
BMW 2代目X1 xDrive18d xLine【523万円】
BMW 2代目X1 xDrive18d M Sport Edition Joy+【516万円】
BMW 2代目X1 xDrive18d M Sport【541万円】
BMW 2代目X1 xDrive20i xLine【500万円】
BMW 2代目X1 xDrive20i M Sport【520万円】

BMW 2代目X1 sDrive18i【440万円】

まずはグレード最下位、価格も一番お手ごろな「sDrive18i」から見ていきましょう。

やはりBMW 初代X1との明らかな違いは、ボディのフロントに施された新デザインのキドニー・グリルでしょう。クルマの顔とも呼べるフロントデザインを刷新することで、これまでにない洗練されたデザイン性を生み出しています。

グレード名の最後についている「i」はガソリンモデルを指しており、燃費はJC08モードで14.3km/L、WLTCモードで13.0km/Lです。

駆動方式は2WD(前輪駆動)となっており、日本の道路事情だと十分なスペックですが、BMW 2代目X1のポテンシャルを最大限に引き出すのであれば、上位グレードに軍配が上がるでしょう。

価格は440万円。高級SUVというコンセプトもあり、最下位グレードながら400万円代からのスタートとなります。

BMW 2代目X1 sDrive18i xLine【467万円】

その名の通り、「sDrive18i」の「x Line」モデルとなります。

「sDrive18i」で紹介した基本スペックに差異はありませんが、象徴的なキドニー・グリルがメッキ仕様になったほか、サイドスカートやアンダーカバーに上質なパーツが施され、よりスポーティな印象を与えます。

また、ホイールが19インチYスポークスタイリングライトアロイホイールに変わったことで、BMW 2代目X1の高スペックをより引き出し、安定した走行性能を発揮します。

価格は467万円となっており、「sDrive18i」と比較して27万円アップしています。

<次のページに続く>
次ページ
BMW 2代目X1 sDrive18i M Sport【485万円】

吉田 恒道|よしだ つねみち

1980年代、大学卒業後ファッション・モード専門誌「WWD Japan」編集部勤務を皮切りに編集者としてのキャリアを積む。その後、90年〜2000年代、中堅出版社ダイヤモンド社の自動車専門誌・副編集長に就く。以降、男性ライフスタイル誌「Straight’」(扶桑社)など複数の男性誌編集長を歴任し独立、フリーランスのエディターに、現職。著書に「シングルモルトの愉しみ方」(学習研究社)がある。

吉田 恒道