BMW 初代2シリーズの20種類のグレードを徹底比較!おすすめのディーゼルモデル「218d」とはどんなモデル?

BMW 初代2シリーズ

※この記事には広告が含まれます

スポーティーで優美なデザインと最新鋭のテクノロジーで圧倒的な運動性能を誇るBMW 初代2シリーズ(3BA-2H20/3BA-2J30/3BA-7K15/3DA-7M20/3BA-7L20/3BA-6S15W/3DA-6T20/3BA-6V15W/3DA-6W20型)は、2013年10月に1シリーズ クーペの後継である2シリーズ クーペを皮切りにドイツで登場したのが始まりです。

日本での発売は、本国から1年遅れの2014年2月から開始されています。

そんな初代2シリーズには、現時点で「クーペ」「グラン クーペ」「アクティブツアラー」「グランツアラー」の4つのボディータイプが用意されており、計20種類ものグレードが用意されています。

今回はそれらのグレードのスペックや特徴を、各ボディータイプごとにまとめてご紹介していきます。

吉田 恒道|よしだ つねみち

1980年代、大学卒業後ファッション・モード専門誌「WWD Japan」編集部勤務を皮切りに編集者としてのキャリアを積む。その後、90年〜2000年代、中堅出版社ダイヤモンド社の自動車専門誌・副編集長に就く。以降、男性ライフスタイル誌「Straight’」(扶桑社)など複数の男性誌編集長を歴任し独立、フリーランスのエディターに、現職。著書に「シングルモルトの愉しみ方」(学習研究社)がある。

吉田 恒道
Chapter
BMW 初代2シリーズ 220i クーペ M Sport【価格:553万円】
BMW 初代2シリーズ M240i クーペ【価格:718万円】
BMW 初代2シリーズ 218i グラン クーペ【価格:369万円】
BMW 初代2シリーズ 218i グラン クーペ Play【価格:410万円】
BMW 初代2シリーズ 218i グラン クーペ M Sport【価格:448万円】
BMW 初代2シリーズ 218d グラン クーペ Play【価格:448万円】
BMW 初代2シリーズ 218d グラン クーペ Play Edition Joy+【価格:420万円】
BMW 初代2シリーズ 218d グラン クーペ M Sport【価格:486万円】
BMW 初代2シリーズ 218d グラン クーペ M Sport Edition Joy+【価格:458万円】
BMW 初代2シリーズ M235i xDrive グラン クーペ【価格:665万円】
BMW 初代2シリーズ 218i アクティブ ツアラー【価格:386万円】
BMW 初代2シリーズ 218i アクティブ ツアラー Luxury【価格:444万円】
BMW 初代2シリーズ 218d アクティブ ツアラー Luxury【価格:470万円】
BMW 初代2シリーズ 218d xDrive アクティブ ツアラー【価格:437万円】
BMW 初代2シリーズ 218d xDrive アクティブ ツアラー Luxury【価格:495万円】
BMW 初代2シリーズ 218i グラン ツアラー【価格:423万円】
BMW 初代2シリーズ 218i グラン ツアラー Luxury【価格:481万円】
BMW 初代2シリーズ 218d グラン ツアラー Luxury【価格:506万円】
BMW 初代2シリーズ 218d xDrive グランツアラー【価格:474万円】
BMW 初代2シリーズ 218d xDrive グラン ツアラー Luxury【価格:531万円】

BMW 初代2シリーズ 220i クーペ M Sport【価格:553万円】

BMW 初代2シリーズのクーペタイプには、2つのグレードが用意されており、「220i クーペ M Sport」はクーペタイプの中で最も価格を抑えられたグレードになります。

エンジンには2.0L 直列4気筒DOHCが搭載されており、最大出力135kW(184PS)/5,000rpm 最大トルク270Nm(27.5kgm)/1,350〜4,600rpmとなっています。燃費性能としては、実際の走行状況に近いWLTCモードで12.8km/Lで、平成30年排気ガス基準にも達成しています。

グレード名にM Sportを含む「220i クーペ M Sport」の特徴としては、フロント・エプロン、サイド・スカート、リヤ・スカート、さらには、サスペンションやエクステリアバッジなどのエクステリア(外装)に、M Sport専用の装備が施されている点でしょう。シートやステアリングホイールなどのインテリア(内装)にもその特徴は表れています。

安全面でも、前車接近警告機能や衝突回避・被害軽減ブレーキなどのドライビングアシスト、パーキングアシスト、コネクテッド・ドライブ・サービス等の装備が標準で搭載されているので、安心してドライブができるでしょう。

駆動方式は、ドイツ車らしくFR(後輪駆動)を採用しており、価格は553万円となっています。

BMW 初代2シリーズ M240i クーペ【価格:718万円】

Mモデルである「M240i クーペ」は、ターボエンジンを搭載し、高いドライビングパフォーマンスと迫力のあるエンジンサウンドが楽しめるモデルになっています。

エンジンに最大出力250kW(340PS)/5,500rpm 最大トルク500Nm(51.0kgm)/1,520〜4,500rpmという数字を誇る3.0L 直列6気筒DOHCエンジンを搭載している他、アダプティブ M サスペンションや、バリアブル・スポーツ・ステアリング、M スポーツ・ブレーキが標準装備されていることで、最大限のパワーを発揮することが可能となっています。燃費面では、WLTCモードで11.2km/Lとなっています。

エクステリアにスポーツカーを彷彿とさせるパーツが使用されている他、M240i クーペ専用デザイン・エレメントや18インチホイールが装備されています。

インテリアには、コントラスト・ステッチが施されたマルチファンクション M スポーツ・レザー・ ステアリング・ホイール、上質なインテリア・トリム・フィニッシャーなどが用意されています。

駆動方式はFRで、価格は718万円と「220i クーペ M Sport」と比べ165万円高い数字になっています。

BMW 初代2シリーズ 218i グラン クーペ【価格:369万円】

BMW 初代2シリーズのグラン クーペタイプには、8つのグレードが用意されており、「218i グラン クーペ」はグラン クーペタイプの中で最も価格を抑えられたグレードになります。

エンジンには1.5L 直列3気筒DOHCガソリンエンジンが搭載されており、最大出力103kW(140PS)/4,600rpm 最大トルク220Nm(22.4kgm)/1,480〜4,200rpmとなっています。燃費性能は、WLTCモードで13.8km/Lになります。

グランクーペタイプのエクステリア・インテリアの特徴として、フレームレス・ドア 、18インチ アロイ・ホイール、フラットで幅の広いリヤスペースを可能にするスルーローディング・システムが挙げられます。

安全面でも、リヤ・ビュー・カメラやPDC(パーク・ディスタンス・コントロール)などのパーキングアシスト機能が豊富に搭載されています。

駆動方式はFF(前輪駆動)を採用しており、価格は369万円となっています。

BMW 初代2シリーズ 218i グラン クーペ Play【価格:410万円】

「218i グラン クーペ」にはPlayモデルも用意されています。

エンジンスペック、燃費性能共に「 218i グラン クーペ 」と変わりはありませんが、エクステリアがBMW Individual アルミニウム・ラインに変更されている点や、コンフォート・アクセスの搭載、インテリアに2ゾーン・オートマチック・エア・コンディショナー、電動フロント・シートを採用している点などで変化が見て取れます。

また、安全装備でもクロス・トラフィック・ウォーニング、トラフィック・サイン・アシスト(速度制限認識)などのドライビングアシスト機能が標準装備されている点も特徴と言えます。

駆動方式も変わらずFFを採用しており、価格は410万円と「 218i グラン クーペ 」に比べて41万円高く設定されています。

BMW 初代2シリーズ 218i グラン クーペ M Sport【価格:448万円】

M Sport仕様である「218i グラン クーペ M Sport」は、「218i グラン クーペ」と同様のエンジンスペックと燃費性能となっていますが、サスペンションやブレーキにM Sport仕様のものが採用されています。

「 218i グラン クーペ Play」とのエクステリアの違いは、BMW Individual ハイグロス・シャドー・ライン・エクステリアの採用や、クローム・ハイグロス仕上げキドニー・グリルやM エアロダイナミクス・パッケージが標準装備されている点でしょう。

また、インテリアでも専用のステアリングホイールやシートを採用することで変化を付けられています。


駆動方式は同様で、価格は448万円と「218i グラン クーペ」に比べて79万円高くなっています。

BMW 初代2シリーズ 218d グラン クーペ Play【価格:448万円】

「 218d グラン クーペ Play」は「218i グラン クーペ Play」をクリーンディーゼルエンジンに変更したグレードになります。

最大出力110kW(150PS)/4,000rpm 最大トルク350Nm(35.7kgm)/1,750〜2,500rpmの2.0L 直列4気筒DOHCディーゼルエンジンを搭載している他、窒素酸化物の排出を削減するため、ディーゼル・エンジンの排出ガス後処理技術にAdBlue(アドブルー)噴射式SCR触媒コンバーターを備えたBMW BluePerformance(ブルーパフォーマンス)技術を採用しています。

燃費性能は、WLTCモードで17.1km/Lと「218i グラン クーペ Play」に比べ3.3km/L向上しています。また、駆動方式はFFになっており、価格は448万円と「218i グラン クーペ Play」に比べて38万円高く設定されています。

BMW 初代2シリーズ 218d グラン クーペ Play Edition Joy+【価格:420万円】

「 218d グラン クーペ Play Edition Joy+」は2020年に追加されたクリーンディーゼルエンジンを搭載したモデルで、オーナーに更なる歓びを提供する「Edition Joy+」というコンセプトのもとラインナップされたモデルでもあります。

「 218d グラン クーペ Play」と比べ、エンジンスペックや燃費性能に違いはないものの、通常モデルより一部装備内容を変更することで、価格を抑えることに成功しており、より多くの方に環境性能の高いモデルの販売を促進する目的が伺えます。

また、クリーンディーゼルエンジンを搭載したモデルは、衝突回避・被害軽減ブレーキの採用により、審査委員会の審査を経て「セーフティー・サポートカー(サポカー)」として、補助金対象モデルと認定されている点もポイントと言えるでしょう。

駆動方式はFFになっており、価格は420万円と「 218d グラン クーペ Play」より28万円安く設定されています。

BMW 初代2シリーズ 218d グラン クーペ M Sport【価格:486万円】

「 218d グラン クーペ M Sport」は「218i グラン クーペ M Sport」をクリーンディーゼルエンジンに変更したグレードで、エンジンスペック、燃費性能は「 218d グラン クーペ Play」同様の数値になっています。

「 218d グラン クーペ M Sport」の魅力としては、M Sportモデル特有のデザインと高いドライビングパフォーマンスに、さらにクリーンディーゼルエンジンの恩恵も得られることでしょう。

駆動方式はFFで、価格設定は486万円と「218i グラン クーペ M Sport」に比べ38万円高くなっています。

BMW 初代2シリーズ 218d グラン クーペ M Sport Edition Joy+【価格:458万円】

「218d グラン クーペ M Sport Edition Joy+」は「 218d グラン クーペ Play Edition Joy+」同様、M Sportモデルとクリーンディゼルエンジンの長所を、よりお手頃な価格で味わえるモデルになっています。

従来のモデルでは7速DCTダブル・クラッチ・トランスミッションが装備されていたところ、ディーゼルエンジンを搭載したモデルでは電子油圧制御式8速オートマチック・トランスミッションに変更されている点も特徴の1つと言えるでしょう。

駆動方式はFFとなっており、価格は458万円と「 218d グラン クーペ M Sport」に比べ28万円安く設定されています。

BMW 初代2シリーズ M235i xDrive グラン クーペ【価格:665万円】

「M235i xDrive グラン クーペ」は、グラン クーペタイプの中で最も価格の高いグレードとなっており、よりハイレベルなパフォーマンスとスポーティーなデザインが特徴的となっています。

エンジンには2.0L 直列4気筒DOHCガソリンエンジンが搭載されており、最大出力225kW(306PS)/5,000rpm 最大トルク450Nm(45.9kgm)/1,750〜4,500rpmという数値を誇ります。

燃費性能は、WLTCモードで11.9km/Lになっており、電子油圧制御式8速スポーツ・オートマチック・トランスミッション、xDriveシステム(電子制御前後駆動力配分4輪駆動)が採用されています。


内外装に最上位モデルとしての妥協のないデザインが施されており、エクステリアではセリウム・グレー・メッシュ・キドニー・グリル、M リヤ・スポイラーやデュアル・エキゾースト・テールパイプが採用されています。

インテリアでは、BMWライブ・コックピット、マルチファンクション M スポーツ・レザー・ステアリング・ホイール、電動フロント・シート、BMWインテリジェント・パーソナル・アシスタント(AI音声会話システム)、ITSスポット対応DSRC車載器(ルーム・ミラー内蔵、ETC機能付)が搭載されています。

駆動方式は4WD(4輪駆動)が採用されており、価格は665万円と「218i グラン クーペ」に比べ296万円高く設定されています。

BMW 初代2シリーズ 218i アクティブ ツアラー【価格:386万円】

BMW 初代2シリーズのアクティブ ツアラータイプには、5つのグレードが用意されており、「218i アクティブ ツアラー」は同タイプの中で最も価格を抑えられたグレードになります。

エンジンには1.5L 直列3気筒DOHCガソリンエンジンが搭載されており、最大出力103kW(140PS)/4,600rpm 最大トルク220Nm(22.4kgm)/1,480〜4,200rpmとなっています。燃費性能は、JC08モードで16.0km/Lになります。

エクステリアには、クローム仕上けのギドニー・グリル(ブラック・バー)や自動防眩ドア・ミラーが搭載されています。インテリアでは、花粉除去機能付きのマニュアル・エア・コンディショナーや、シートやドア・トリムにグリッドクロスが使用されています。

エントリーモデルではあるものの、安全装備にドライビングアシスト機能やBMWコネクテッド・ドライブ・スタンダードが搭載されている他、電源ソケットやUSBソケットなどの機能も用意されています。

駆動方式はFFとなっており、価格は386万円となっています。

BMW 初代2シリーズ 218i アクティブ ツアラー Luxury【価格:444万円】

「 218i アクティブ ツアラー Luxury」は、グレード名にラグジュアリーが含まれているだけあり、豪華な装備で変化を付けているモデルと言えます。また、エンジンスペック、燃費性能共に「218i アクティブ ツアラー」同様の数値となっています。

エクステリアではクローム・ライン・エクステリアが施されている他、LEDフロント・フォグ・ランプも標準装備となっています。

インテリアでは、エアコンがオートマチックにチェンジされている他、電動フロントシートやシートヒーター、さらにはレザーシートも採用されています。ITSスポット対応DSRC車載器が搭載されている点もポイントでしょう。

駆動方式はFFが採用されており、価格は444万円と「218i アクティブ ツアラー」に比べ、56万円高く設定されています。

BMW 初代2シリーズ 218d アクティブ ツアラー Luxury【価格:470万円】

「 218d アクティブ ツアラー Luxury」は、ディーゼルエンジンを搭載したラグジュアリーモデルになります。

エンジンには2.0L 直列4気筒DOHCディーゼルエンジンが搭載されており、最大出力110kW(150PS)/4,000rpm 最大トルク330Nm(33.7kgm)/1,750〜2,750rpmとなっています。燃費性能は大幅に向上し、JC08モードで22.2km/Lになっている他、BMW BluePerformanceテクノロジーの採用も見られます。

エンジン以外での「 218i アクティブ ツアラー Luxury」との違いは、電子油圧制御式8速オートマチック・トランスミッションの採用やキドニー・グリルの変化が挙げられます。

駆動方式はFF、価格は470万円と「 218i アクティブ ツアラー Luxury」に比べ26万円高い価格になっています。

BMW 初代2シリーズ 218d xDrive アクティブ ツアラー【価格:437万円】

グレード名にxDriveを有するグレードには、高い走行安定性と俊敏性を実現するインテリジェントな4輪駆動システムが採用されており、この「 218d xDrive アクティブ ツアラー」も同様です。

エンジンには、共通のディーゼルエンジンが搭載されていますが、0〜100km/h加速 8.8秒という実力も持ち合わせています。

内外装は「218i アクティブ ツアラー」とほぼ違いはないものの、高い走行性能と燃費性能の両立が特徴と言えます。

駆動方式は4WDで、価格は437万円と「218i アクティブ ツアラー」に比べ51万円程高く設定されています。

BMW 初代2シリーズ 218d xDrive アクティブ ツアラー Luxury【価格:495万円】

 「218d xDrive アクティブ ツアラー Luxury」は「 218d アクティブ ツアラー Luxury」にxDriveシステムを搭載したグレードになります。

「 218d アクティブ ツアラー Luxury」の快適な装備と、「 218d xDrive アクティブ ツアラー」の走行性能の良いとこ取りしたモデルとも言えます。

4WDとなっており、価格は495万円と「 218d アクティブ ツアラー Luxury」より25万円高くなっています。

BMW 初代2シリーズ 218i グラン ツアラー【価格:423万円】

BMW 初代2シリーズのグラン ツアラータイプには、5つのグレードが用意されており、「218i グラン ツアラー」は同タイプの中で最も価格を抑えられたグレードになります。

エンジンには1.5L 直列3気筒DOHCガソリンエンジンが搭載されており、最大出力103kW(140PS)/4,600rpm 最大トルク220Nm(22.4kgm)/1,480〜4,200rpmとなっています。燃費性能は、JC08モードで15.4km/Lになります。

アクティブ ツアラータイプに比べ、デザインの違いはほぼありませんが、グラン ツアラータイプには可倒式3列目シートが用意されているのが特徴です。

さらに、安全装備にリヤ・ビュー・カメラやPDC(パーク・ディスタンス・コントロール)、パーキングアシストが標準装備されている点もポイントと言えるでしょう。

駆動方式はFFを採用しており、価格は432万円となっています。

BMW 初代2シリーズ 218i グラン ツアラー Luxury【価格:481万円】

「 218i グラン ツアラー Luxury」は、「 218i グラン ツアラー」のラグジュアリーモデルになります。

エンジンスペック、燃費性能共に変化はないものの、インパネやシートなど快適装備の面で豪華さを演出しています。3列目シートがある「 218i アクティブ ツアラー Luxury」と捉えるとわかりやすいでしょう。

駆動方式はFFで、価格は481万円と「218i グラン ツアラー」に比べ58万円高くなっています。

BMW 初代2シリーズ 218d グラン ツアラー Luxury【価格:506万円】

「 218d グラン ツアラー Luxury」は、「 218i グラン ツアラー Luxury」にディーゼルエンジンを搭載したモデルになります。

エンジンには2.0L 直列4気筒DOHCディーゼルエンジンが搭載されており、最大出力110kW(150PS)/4,000rpm 最大トルク330Nm(33.7kgm)/1,750〜2,750rpmとなっています。燃費性能はJC08モードで21.3km/Lになっています。

エンジンスペックに変化が見られますが、内外装は同等の仕上がりになっているので、快適な装備と燃費性能を求めるユーザーにおすすめと言えるでしょう。

駆動方式はFF、価格は506万円と「 218i グラン ツアラー Luxury」より25万円高くなっています。

BMW 初代2シリーズ 218d xDrive グランツアラー【価格:474万円】

「 218d xDrive グランツアラー」はインテリジェントなフルタイム4輪駆動システムを採用したディーゼルエンジンのグレードとなっており、内外装は「 218d グランツアラー」と比べ大きな変化はありません。

エンジンには、共通のディーゼルエンジンが搭載されていますが、0〜100km/h加速 9.1秒という数値を誇っています。また、燃費性能はJC08モードで20.0km/Lになっています。

駆動方式は4WDになっており、価格は474万円と「 218d グランツアラー」に比べ51万円高く設定されています。

BMW 初代2シリーズ 218d xDrive グラン ツアラー Luxury【価格:531万円】

 「218d xDrive グラン ツアラー Luxury」は「 218d グラン ツアラー Luxury」にxDriveシステムを搭載したグレードになります。

デザインに違いはありませんが、電子油圧制御式8速オートマチック・トランスミッションを採用している他、安定した走行性能と高い燃費性能、更にはラグジュアリーな装備が融合したグレードと言えます。

駆動方式は4WD、価格は531万円と「 218d xDrive グランツアラー」に比べ57万円高く設定されています。
今回はBMW 初代2シリーズの20種類のグレードについて比較してきました。

ディーゼルエンジンを搭載したグレードは、高い走行性能と燃費性能を持ち合わせており、さらにはラグジュアリーモデルやxDriveシステム搭載のモデルなども用意されていることが分かりました。

また、複数のボディータイプも用意されているので、乗車人数や用途に合わせ、最適な1台を見つけ出しましょう。

※ 2021年3月現在

商品詳細