支払総額は243万6,550円!? ホンダ 2代目N-BOXの見積を実際に取ってみた!

ホンダ 2代目N-BOX

2017年にリリースされたホンダ 2代目N-BOX(6BA-JF3/6BA-JF4型)は、軽乗用車の枠を超えた車格感や空間の豊かさで、どの世代からも高い人気を誇るホンダの軽ハイトワゴンです。

人気のクルマということで、近々N-BOXに乗り換えようと考えている方や、新しく購入を検討しているけれど見積価格がいくらなのか気になる、という方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、N-BOXの見積りを実際に取り、仕様などと併せて詳しく解説していきます。

Chapter
ホンダ 2代目N-BOXはどんなクルマなの?
ホンダ 2代目N-BOXは運転席からの見晴らしが良い!
ホンダ 2代目N-BOXの見積価格は、243万6,550円!

ホンダ 2代目N-BOXはどんなクルマなの?

N-BOXは、ホンダが製造販売している軽自動車「Nシリーズ」の長男的存在で、2011年に発売されました。現行モデルは2017年にリリースされた2代目ですが、初代から高い人気を誇っているモデルです。

大きさは全長3,395mm×全幅1,475mm×全高1,790mmで、4WD(4輪駆動)の場合の全高は1,815mmと、軽自動車の規格ギリギリの高さに設計されています。

これは開発当初、ホンダが市場調査した際に「軽自動車にない形」を見つけ出したことがきっかけで、N-BOXは、軽スーパーハイトワゴンという新しい立ち位置になったのです。

N-BOXが人気の理由は、軽自動車でありながらもゆとりがある大きさを持っているからともいえます。

トランスミッションは全モデルATのみの設定で、特別走りに特化しているなどのことはありません。

しかし、高い汎用性が評価され、当初のライバルであったタントのみならず、トヨタが誇るハイブリッド車のプリウスの人気も上回る大ヒットとなったのです。

ホンダ 2代目N-BOXは運転席からの見晴らしが良い!

N-BOXは、高剛性でありながら極細のフロントピラーを採用し、前方の死角を減らして運転中の安心感と見晴らしの良さを追求しています。

また、フロントピラーに加え、思い通りの場所に簡単かつぴったりと駐車できるよう、死角をできる限り減らす機能性に優れたピタ駐ミラーを採用しました。

このミラーにより、運転席から死角になりやすいクルマの左側や後ろの様子をしっかりと確認でき、車庫入れや縦列駐車、幅寄せなどに役立つのです。

運転席からの目線の高さにもこだわっており、大きなクルマに埋もれないよう、運転席からの目線は2015年モデルのホンダ ステップワゴンとほぼ同じ高さになっています。

それでは、次項よりN-BOXの見積価格がいくらになったのか、紹介していきましょう。

ホンダ 2代目N-BOXの見積価格は、243万6,550円!

メーカー:ホンダ
車種:N-BOX ベンチシート仕様L
型式:6BA-JF3
駆動:FF(前輪駆動)
ドア:5
定員:4
車体色:プラチナホワイトパール
メーカーオプション:サイドエアバッグ、右側パワースライドドア
付属品:フロアマットプレミアム(2万7,500円)、ドアバイザー(2万900円)、プレミアム グラスコーティング グランデ(13万2,000円)、ドライブレコーダーパッケージ(8万6,900円)、ナビゲーション217NBi(21万8,900円)、ナビ取り付けアタッチメント(6,600円)、ETC2.0ナビゲーション(1万9,800円)、ETC2.0アタッチメント(1万9,800円)

【見積内容】

車両本体:169万1,800円
付属品価格:53万2,400円
税金・保険等:3万1,230円
販売諸費用:6万7,420円
点検パック等:10万3,550円
非課税等:1万150円

支払総額:243万6,550円

燃費と走りやすさを両立し、より快適にドライブができるよう、ターボ車を除く全タイプでi-VTECエンジンを採用している点も魅力的なN-BOX。

今までにないシートアレンジの方法を持ち、かつ軽自動車という初心者でも玄人でも運転しやすいクルマであるN-BOXは、使うシーンに応じて多種多様なシートアレンジができるので、1台あれば活躍の場が多くなるのは確かでしょう。

日常生活からアウトドアまで、1台のクルマをさまざまな用途に使いたい方やシートアレンジに魅力を感じた方には、ぴったりのクルマなのではないでしょうか。

※2021年6月現在

吉田 恒道|よしだ つねみち

1980年代、大学卒業後ファッション・モード専門誌「WWD Japan」編集部勤務を皮切りに編集者としてのキャリアを積む。その後、90年〜2000年代、中堅出版社ダイヤモンド社の自動車専門誌・副編集長に就く。以降、男性ライフスタイル誌「Straight’」(扶桑社)など複数の男性誌編集長を歴任し独立、フリーランスのエディターに、現職。著書に「シングルモルトの愉しみ方」(学習研究社)がある。

吉田 恒道