ホンダ 2代目N-BOX(6BA-JF3/6BA-JF4型)の現行モデルとモデルチェンジ前の初代との違いとは?

ホンダ 2代目N-BOX

2017年9月にフルモデルチェンジしたホンダ 2代目N-BOX(6BA-JF3/6BA-JF4型)は、ホンダを代表する軽乗用車として高い人気を得ているクルマです。

ユーザーから厚い支持のある初代N-BOXのコンセプトはキープしつつ、2代目N-BOXは全グレードにLEDヘッドライトを標準装備するなど、時代に見合った進化をしているのも魅力のひとつでしょう。

そんな2代目N-BOXですが、初代N-BOXとどこが変わったのでしょうか。

Chapter
ホンダ 2代目N-BOXは車内空間がさらに快適に!
ホンダ 2代目N-BOXはパワートレインの改良で乗り心地もアップ!
ホンダ 2代目N-BOXは、安心の安全機能Honda SENSINGを標準装備!

ホンダ 2代目N-BOXは車内空間がさらに快適に!

2代目N-BOXは、初代から受け継いだ使い勝手の良い車内空間を更にグレードアップしており、インテリア(内装)の色調はブラウンやアイボリーを基調としたシックで落ち着いた雰囲気に統一されています。

新規開発されたプラットフォームと、ホンダの独自技術であるセンタータンクレイアウトの採用により、2代目N-BOXの室内は初代より広くなっているのです。

室内のサイズですが、室内長2,240mm、室内幅1,350mm、室内高1,400mmとなり、2.0Lサイズのミニバンと同等のシート間隔を実現しているので、大柄な方でも足を組んでゆったりと着座が可能です。

異なるシート仕様によって生活スタイルに合わせた多彩なシートアレンジが可能になっている点も、2代目N-BOXの特徴です。

ベンチシート仕様の「G」・「L」・「ターボ」は、フロントシート(前席)にベンチシート、リアシート(後席)にチップアップ&ダイブダウン機構付スライドリアシートを装備しています。

スーパースライドシート仕様の「EX」・「ターボ」は、助手席に「スーパースライドシートを装備、チップアップ&ダイブダウン機構付スライドリアシートとの組み合わせで、使い勝手の空間を作り出します。

スロープ仕様の「Gスロープ」・「Lスロープ」・「ターボスロープ」は、引き出せばスロープとして使えるスーパーフレックススロープを装備、荷物の積載から介護まで幅広く生活をサポートします。

ホンダ 2代目N-BOXはパワートレインの改良で乗り心地もアップ!

2代目N-BOXは、高張力鋼板の適応拡大や新しい接合技術の導入などにより、初代と比べると軽量化と高剛性化を実現しています。

パワートレインは、ターボ車を除く全タイプに、軽自動車としては初めてi-VTEC DOHC水冷直列3気筒エンジンを搭載しているのがポイントです。

i-VTECの採用により、低速での力強さと高速の伸び、燃費の良さを高次元でバランスしスムーズで扱いやすい乗り心地に進化しています。

i-VTECエンジンのスペックは、最高出力43kW(58PS)/7,300rpm、最大トルク65Nm(6.6kgfm)/4,800rpm、燃費21.2km/L(WLTCモード燃費)です。NA(自然吸気)エンジンとしてはパワー、トルク共に高い数字をマークしています。

一方、ターボ車には軽自動車としては、同じく2代目N-BOXが初搭載となる電動ウェイストゲートを採用したDOHC水冷直列3気筒ターボエンジンとなっています。ターボ車ならではのパワフルな走りに、さらなる磨きをかけながら低燃費を目指しています。

ターボエンジンのスペックは、47kW(64PS)/6,000rpm、最大トルク104Nm(10.6kgfm)/2,600rpm、燃費20.2km/L(WLTCモード燃費)です。ターボエンジンの性能を維持しながら、高い燃費を実現しているのが分かります。

トランスミッションは高効率CVT(無段変速オートマチック)を搭載。ボディーの軽量化に伴い変速特性の最適化やフリクションの低減を図っています。

駆動方式はFF(前輪駆動)と4WD(4輪駆動)を全グレードにラインアップし、ユーザーのニーズに応えています。

<次のページに続く>
次ページ
ホンダ 2代目N-BOXは、安心の安全機能Honda SENSINGを標準装備!

吉田 恒道|よしだ つねみち

1980年代、大学卒業後ファッション・モード専門誌「WWD Japan」編集部勤務を皮切りに編集者としてのキャリアを積む。その後、90年〜2000年代、中堅出版社ダイヤモンド社の自動車専門誌・副編集長に就く。以降、男性ライフスタイル誌「Straight’」(扶桑社)など複数の男性誌編集長を歴任し独立、フリーランスのエディターに、現職。著書に「シングルモルトの愉しみ方」(学習研究社)がある。

吉田 恒道