ホンダN-BOXのシートアレンジ画像レビュー【チップアップが超便利!】

N-BOX0001

ホンダの軽自動車Nシリーズの中でも特に人気の車種になっているのが
スーパーハイト系ワゴンのN-BOX(Nボックス)。

現在、競合車となるダイハツ タントと熾烈な売れ行き競争を
繰り広げていますが、N-BOX(Nボックス)の方が若干リードしているみたいですね。
(2015年12月時点)

そんなホンダN-BOX(Nボックス)ですが、先日マイナーチェンジをした際に
メーカーオプションで後部座席のスライド機能を付けれるようになり
シートアレンジが豊富になりました。

この後部座席のシートアレンジの豊富さは、このクルマのメリットの
一つだと思いました。

そんなN-BOX(Nボックス)の後部座席のシートアレンジを紹介したいと思います。

※2015年12月6日の記事です。

Chapter
ホンダN-BOXの後部座席のシートアレンジ
その1:後部座席を通常時
その2:チップアップ
その3:後部座席の格納

ホンダN-BOXの後部座席のシートアレンジ

その1:後部座席を通常時

今回、マイナーチェンジをしたN-BOX(Nボックス)は、メーカーオプションで
後部座席を前後に190mmほどスライドできるようになりました。

このクルマの後部座席を一番前にスライドすると、このような感じ。

足元がだいぶ狭くなりますが、それでも大人が足を置く事ができるスペースは
確保されています。

また、ディーラーさんの話によりますと、フロントシートから
後部座席に座らせている子供のお世話ができるように工夫がされているみたいです。

このホンダN-BOX(Nボックス)の心遣いはとても良いと思いました。

また、後部座席を一番後ろにするとこのような感じ。

かなり足元空間が広くなりましたね。

また、ホンダN-BOX(Nボックス)の後部座席の足元空間の良いところは、
デコボコとしておらず、フラットな床面になっている事。

なので、横移動する時や乗り込む時などとても快適です。

また、N-BOX(Nボックス)の後部座席を足元空間がこのように広く、また、
車高も高いのでいので、幼稚園児くらいならラクラク着替えができそうな広さを
確保しているのは、好印象でした。

<次のページに続く>
次ページ
その2:チップアップ

K-コンシェルジュ

軽自動車ディーラーの店長を務めていたK-コンシェルジュが軽自動車のお悩み・疑問点を解決します。軽自動車を実際に試乗した感想・乗り心地から欠点まで包み隠さず紹介していきます。

K-コンシェルジュ