SUVってどんなクルマ?雪道や砂利道に強い理由とは?

SUV

近年、スタイリッシュなデザインや室内空間・ラゲッジルーム(荷室)の広さなどで、SUVは自動車業界の主役級の人気を誇っています。

SUVといえば4WD(4輪駆動)の車両が主流。購入の際には駆動方式について調べる方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、SUVの特徴である悪路走破性や4WDのシステムについて詳しくチェックしていきましょう。

Chapter
そもそもSUVとは?
4WDとは?
4WDの種類をチェック!
走行モードの変更についてチェック!
最低地上高の高さが安全に繋がる!
寒い冬でも、シートヒーターで快適ドライブ!

そもそもSUVとは?

SUVとは、Sports Utility Vehicle(スポーツ・ユーティリティー・ビークル)のことです。

その名の通り、スポーツやレジャーに適した装備を持った利便性の高いクルマで、普段使いから幅広く使える多目的スポーツ車なのです。

日本では同様の特徴を持つミニバンも人気ですが、ミニバンよりもスタイリッシュなデザインを誇るSUVの人気が上がっています。

SUVははっきりとした定義はありませんが、一般的にロードクリアランス(最低地上高)が高く、悪路走破性が高められていたり、ラゲッジルームが比較的大きくレジャー用品が積みやすいクルマのことを指しています。

4WDとは?

4WDとは、4 Wheel Drive(4ホイールドライブ)の略で、読んで字の如く4輪すべての車輪にエンジンからの動力が伝わっている、つまり4輪すべてが駆動するクルマのことです。

4WDのメリットは、前方の2輪のみが駆動するFF(前輪駆動)や後輪の2輪のみが駆動するFR(後輪駆動)と異なり、4つすべてのタイヤが地面を力強く走行するため、走行性が非常に安定している点といわれています。

その恩恵はもちろん雪道や砂利道で大きく発揮されます。

実際、積雪のある道路を2WD(2輪駆動)と4WDで走行した際は、まったく違う安定性を4WD車から感じることができるでしょう。

セダンやステーションワゴンにも4WD車はありますが、SUVはロードクリアランスが高く、積雪のある道路や悪路での走行において、一番適しているといわれています。

4WDの種類をチェック!

4WDは自動車メーカーによって呼び名が違うため、種類はが非常に分かりにくいのが現状ですが、最も簡単に区別をすると「パートタイム4WD」「フルタイム4WD」の2種類に分けることができます。

「パートタイム4WD」は、通常は2WDで走行し必要なときにドライバーが手動または車両システムが判断して4WD走行に切り替えるという方式です。

状況の良い舗装された道を走る際は2WDで充分安定して走行できますが、雪道や砂利道を走行する際に4WDに切り替えて、悪路走破性を高められるのです。

「フルタイム4WD」はメーカーにより様々な解釈がありますが、ここでは常に4WDで走行しているクルマのことを表します。

4WDの輸入車には多く採用されており、道路状況をシステムが判断して、前輪と後輪の駆動配分を自動で最適なものに調整してくれるクルマもあります。

走行モードの変更についてチェック!

昨今のSUV車の多くには、「雪道モード」「砂利道(オフロード)モード」など、走行モードを手動で変更できるシステムが搭載されています。

走行モードの変更はSUV以外のクルマにもついていることが多いですが、それらは「エコモード」や「スポーツモード」などの変更がメインです。

クルマの特性上雪道やオフロードを走行することが想定されるため、上記のような走行モードを選択できることは、安心材料のひとつになるでしょう。

最低地上高の高さが安全に繋がる!

SUV車は基本的に、最低地上高が高く視界の良さが運転の安全性に繋がるといわれています。

実際、トヨタのクラウンとハリアーで最低地上高を比較してみると、クラウンが135mmに対して、ハリアーは175mmとプラス40mm車高が高いことがわかります。

加えてSUVのシートポジションは高いため、視界が広く安全に走行ができるのです。

これらのことも、雪道や砂利道を走行する際の安心の材料のひとつといえるでしょう。

寒い冬でも、シートヒーターで快適ドライブ!

これまで紹介したように、SUV車は雪道の走行に強く、セダンなどでは出かけられない積雪量でも、状況によってはクルマで出かけることが可能です。

そんな寒い冬には暖房が必須ですが、温まるまでは意外と時間がかかるものです。

最近のSUV、トヨタ ハリアーやマツダ CXシリーズなどの人気SUVにはシートヒーターも用意されており、寒い冬の日や雪道を走行する際も快適に運転できるといえます。

SUVの走行性について詳しく紹介していきました。

結論としては、雪道や砂利道などの悪路を走行すうえで、4WDのSUVは一番優れているといえるでしょう。

実際に雪道をSUVの4WD車で走行したことがある方は、その安定感に感動したのではないでしょうか。

スタイリッシュかつレジャーにも使える利便性を兼ね備え、悪路にも強いSUVの人気はまだまだ続きそうです。
※2021年6月現在

吉田 恒道|よしだ つねみち

1980年代、大学卒業後ファッション・モード専門誌「WWD Japan」編集部勤務を皮切りに編集者としてのキャリアを積む。その後、90年〜2000年代、中堅出版社ダイヤモンド社の自動車専門誌・副編集長に就く。以降、男性ライフスタイル誌「Straight’」(扶桑社)など複数の男性誌編集長を歴任し独立、フリーランスのエディターに、現職。著書に「シングルモルトの愉しみ方」(学習研究社)がある。

吉田 恒道