BMW 2代目 X1のラゲッジルームは広い! 最大容量1,550Lの実力と拡張性は如何に?

BMW 2代目X1

BMW 2代目 X1(3BA-AA15/3BA-AB20/3DA-AD20型)は、BMWの高級SUVシリーズの4番目として発売されました。

シリーズで最もボディサイズが小さいモデルではあるものの、FF(前輪駆動)にしたことや設計などにより、見た目よりも室内空間が広く感じられることが特徴です。

そんな2代目X1のラゲッジルームはどのようになっているのか、詳しく見ていきましょう。

Chapter
BMW 2代目X1のラゲッジルームの容量はどれくらい?
BMW 2代目X1のラゲッジルームの拡張性はどれくらい?
BMW 2代目X1のラゲッジルームに関するアクセサリーをチェック!

BMW 2代目X1のラゲッジルームの容量はどれくらい?

X1のラゲッジルームの容量は505〜1,550Lで、リアシート(後席)のアレンジによって容量が変わります。最大1,550Lということで、シリーズ最小型モデルとは思えないほどに大容量です。

実際にエクステリア(外装)を見るとコンパクトに見えますが、中身はしっかり広いということがラゲッジルームの容量だけでもわかるでしょう。

しかもSUVとしては全高が低いX1の弱点を補うためか、フロアが低床になっています。それは居住空間だけでなくラゲッジルームも同じで、高さが確保されているためさまざまなものを積み込むことができるのです。

普段の買い物等で困らないのはもちろん、ホームセンターで大きな物を買った場合や家族で旅行に出かける際の荷物も楽に積み込めるでしょう。

釣り竿やキャンプ道具なども積み込むことができるので、アウトドアでの使用を検討している方でも安心です。

BMW 2代目X1のラゲッジルームの拡張性はどれくらい?

X1のラゲッジルームは、全く拡張しなくても505Lと容量が大きいのが特徴です。見た目は狭そうに見えるかもしれませんが、奥行き・幅・高さすべてのバランスが良く、未拡張でも問題なく運用できます。

リアシートは、フルフラットにして愛大1,550Lの恩恵を受けることが可能です。3分割可倒式なので、左右中央と利用する人数に合わせてアレンジでき、たとえば大人二人、子供一人の場合はどれかひとつだけ倒して長物を積むことも可能なのです。

また、X1のラゲッジルームには25cmの深さを誇る床下収納があり、さまざまなものを入れておくこともできます。床下収納は洗車道具を少し入れればいっぱいになってしまうクルマも多いですが、X1は洗車道具を入れたうえで荷物も収納できるのです。

そのうえ、形状がスッキリとしており凹凸等も少ないため実用性が高いです。床下収納の容量は100Lと大きく、これだけの容量があり拡張も可能となれば、むしろ積載できないもののほうが少ないのではないでしょうか。

買い物、旅行、キャンプ、自転車の輪行など、幅広い場面で活躍すること間違いなしです。

加えてオートマチック・テールゲート・オペレーションをオプションでつければ、両手がふさがっていてもテールゲートを開くことが可能になります。キーを携帯している際、センサーの働きでテールゲートが開く仕組みで、リアバンパーの中央下部に足を入れ、素早く引くことで開くので誤作動も少ないのです。

BMW 2代目X1のラゲッジルームに関するアクセサリーをチェック!

X1のラゲッジルームはそのままでも使い勝手が非常に高いですが、純正アクセサリーを活用すればさらに使い勝手を良くすることもできます。ラゲッジルーム・積載関係のアクセサリーは非常に豊富で、選び甲斐もあるのではないでしょうか。

早速、おすすめのアクセサリーをいくつかご紹介します。

まず紹介するのは、ラゲージ・コンパートメント・ボックスです。折りたたみ式の防水加工ボックスとなっており、走行中にラゲッジルーム内の荷物を固定するためのアクセサリーです。ボックスでいえば、ウォータープルーフボックスも用意されているので、気になる方はこちらもチェックしてみると良いでしょう。

ルームマットの種類も豊富で、最高級ジャギー調カーペットや樹脂製のマットなど、多種多様な素材のマットが揃っています。中でも樹脂製マットは、その形状・素材の性質上から汚れや液体がこぼれ落ちないようになっているうえに、掃除がしやすいという大きな魅力があります。

ラゲッジルームネットももちろん用意されていおり、積み下ろしのときにリヤバンパーの上面を保護するアクセサリーや、ナイロン製のベルトなどさまざまです。

また、主にスキー板を載せる用のルーフ・ボックスなど、ラゲッジルームとは別で収納を拡張するものもあります。

用途を限定するものであれば、レーシング・サイクル・ホルダーとバイシクル・ホルダーも用意されています。どちらもタイプの異なる自転車を積載し、固定するための器具もあるので、アウトドアを楽しみたいという方にはオススメのアクセサリーでしょう。

このように、X1はラゲッジルームや積載関係のアクセサリーが豊富に用意されています。

レジャーに使う方も多いSUVというボディタイプをフル活用できるよう、考え抜かれたアクセサリーラインナップだといえるでしょう。

もちろん、元々のラゲッジルームの容量と実用性も十分優秀なので、アクセサリーが無くてもさまざまな用途で満足のいくパフォーマンスを発揮してくれるのではないでしょうか。

※2021年6月現在

吉田 恒道|よしだ つねみち

1980年代、大学卒業後ファッション・モード専門誌「WWD Japan」編集部勤務を皮切りに編集者としてのキャリアを積む。その後、90年〜2000年代、中堅出版社ダイヤモンド社の自動車専門誌・副編集長に就く。以降、男性ライフスタイル誌「Straight’」(扶桑社)など複数の男性誌編集長を歴任し独立、フリーランスのエディターに、現職。著書に「シングルモルトの愉しみ方」(学習研究社)がある。

吉田 恒道