ダイハツ 4代目タントに欠点はあるのか?スペーシアやN-BOXと比較!

ダイハツ 4代目タント

今回はダイハツ 4代目タント(5BA-LA650S/5BA-LA660S/6BA-LA650S/6BA-LA660S型)の欠点について紹介します。

4代目タントは2019年7月から販売されており、ボディにはアスペンションや骨格の部品配置を再構築した新プラットフォームが採用されているのが特徴です。

そんな4代目タントにはどのような欠点があるのか、詳しくチェックしていきましょう。

吉田 恒道|よしだ つねみち

1980年代、大学卒業後ファッション・モード専門誌「WWD Japan」編集部勤務を皮切りに編集者としてのキャリアを積む。その後、90年〜2000年代、中堅出版社ダイヤモンド社の自動車専門誌・副編集長に就く。以降、男性ライフスタイル誌「Straight’」(扶桑社)など複数の男性誌編集長を歴任し独立、フリーランスのエディターに、現職。著書に「シングルモルトの愉しみ方」(学習研究社)がある。

吉田 恒道
Chapter
ダイハツ 4代目タントはパワーが足りない?
ダイハツ 4代目タントは燃費が良くない?
ダイハツ 4代目タントはラゲッジルームが小さい?

ダイハツ 4代目タントはパワーが足りない?

タントには、世界初のスプリットギアを用いた新CVTや大幅改良が施されたエンジンが採用されるなど、パワートレインが一新されています。

エンジンは自然吸気エンジンとターボエンジンの2つが設定されています。

自然吸気エンジン:最高出力38kW(52PS)/6,900rpm、最大トルク60Nm(6.1kgm)/3,600rpm、
ターボエンジン:最高出力47kW(64PS)/6,400rpm、最大トルク100Nm(10.2kgm)/3,600rpm

人を乗せた時には車重が1tを超えることを考えると少々非力に感じるかもしれません。


タントのライバル車であるスズキ スペーシア、ホンダ N-BOXを確認してみましょう。

スペーシア:最高出力38kW(52PS)/6,500rpm、最大トルク60Nm(6.1kgm)/4,000rpm
N-BOX(i-VTECエンジン):最高出力43kW(58PS)/7,300rpm、最大トルク65Nm(6.6kgm)/4,800rpm
N-BOX-(ターボエンジン):最高出力47kW(64PS)/6,000rpm、最大トルク104Nm(10.6kgm)/2,600rpm


この数値を見てみると、タントがライバル車に比べて非力であるとは一概にはいえません。

また、タントの新CVTや大幅改良が施されたエンジンは、一時停止してから思い通りの発進・加速、上り坂での発進時の出遅れなさを売りにしています。そのため、タントは軽自動車としては十分なパワーを備えているといえるでしょう。

ダイハツ 4代目タントは燃費が良くない?

タントの燃費数値は、WLTCモードで自然吸気エンジンが2WD(2輪駆動)モデルで21.2km/L、4WD(4輪駆動)モデルで20.2km/L 、ターボエンジンが2WDモデルで20.0km/L 、4WDモデルで18.8km/L となっています。

タントのライバル車であるスズキ スペーシア、ホンダ N-BOXを確認してみると、スペーシアはWLTCモードで2WDモデルが21.2〜22.2km/L 、4WDモデルが20.2km/L 、N-BOXはWLTCモードでi-VTECエンジンが21.2km/L 、ターボエンジンが20.2km/L となっています。

そのため、タントの燃費数値はライバル車と比較しても遜色ないことがわかります。優れた燃費数値を誇るタントですが、燃料タンク容量はわずか30Lしかなく、ガソリン満タン次の走行可能距離も600kmほどです。

30Lという数字は一見少ないように見えますが、スペーシアの燃料タンク容量は27L 、N-BOXの燃料タンク容量は25〜27L です。

このように、タントの燃料タンク容量はライバル車よりも大きく、走行可能距離は長いことがわかります。

ダイハツ 4代目タントはラゲッジルームが小さい?

ダイハツ タントは全長3,395mm×全幅1,475mm×全高1,766〜1,776mmというコンパクトな車体に室内長2,060〜2,180mm、室内幅1,350mm、室内高1,370mmという室内空間が広がっています。

コンパクトな車体のため、ラゲッジルーム(荷室)長は箱ティッシュを縦置きできるほどの幅しかなく、普通車と比べると大きいとは言えません。

そんなタントですが、室内には豊富な収納機能が備わっており、荷物の多い日にも不便さを感じさせません。

収納機能としては、フロントシート(前席)にインパネアッパーボックスや大型インパネトレイ、グローブボックスなどが備わっています。

また、リアシート(後席)にも後席クォータートレイやボトルホルダーが備わっています。

タントはラゲッジルームは小さいですが、その分豊富な収納機能を備えており、買い物の際にも安心の1台です。

今回はダイハツ タントの欠点について紹介しました。

タントのパワーや燃費は普通車と比べると劣ってはいますが、同車格のライバル車と比較すると、引けを取らないことがわかりました。

また、ラゲッジルームはコンパクトですが、その分収納機能が豊富に備わっており、荷物の多い時にも安心の1台です。

※2021年6月現在

商品詳細