【プロ解説】BMWにはAI音声アシスタントなど先進技術が盛りだくさん!!BMW3シリーズに備わるインフォテイメントシステムを徹底解説!!

2019年3月、新型となって登場したBMW3シリーズ。新型3シリーズにはBMW伝統のスポーティで精密なプレス・ラインや、象徴的なキドニー・グリルなど40 年以上の伝統を継承しつつ、AIを活用した新開発のインテリジェント・パーソナル・アシストを初採用するなどライバルのメルセデス・ベンツCクラスなどと互角以上に渡り合える実力を備えつつ登場しました。今回は、外装、内装、安全装備、グレード別の違い、人気カラー、座席や荷室(ラゲージスペース)、オプション装備にライバル比較など、あらゆる視点からBMW3シリーズをひも解いていきます。*記事に登場する白い試乗車は、BMW 320d xDrive M Sportです。

文・写真/萩原 文博

Chapter
現行型BMW3シリーズに搭載される最新機能とは?
OK, BMW(オーケー・ビー・エム・ダブリュー)と声をかければ会話が出来る?!
BMW コネクテッド・ドライブがあればもしもの時も安全・安心
待望のディーゼル登場!BMW 3シリーズ!320d Mスポーツは楽しいクルマに仕上がっているのか?自動パーキングアシストも試してみました!
BMW 320d Mスポーツ 萩原文博

現行型BMW3シリーズに搭載される最新機能とは?

BMW 320d Mスポーツ 萩原文博

ここでは、注目度が高まっている現行型BMW3シリーズセダンのインフォテイメントシステムについて紹介しましょう。 現行型3シリーズセダンは、学習機能を備えたナビゲーションシステムを搭載したBMWライブ・コクピットを採用しています。このコクピットはBMWに受け継がれてきたドライバー志向に新しいイノベーションをもたらします。コントロール・ディスプレイとインストルメントディスプレイから構成されるディスプレイ・ネットワークにすべての情報がよりわかりやすく表示されます。このドライバーに必要な情報を適切なタイミングで伝えることを実現するために「BMWオペレーティングサービス7.0」を導入。

BMW 320d Mスポーツ 萩原文博

これによって、操作の手段を個別に設定できるようになり、音声コントロール、タッチパネル、iDriveコントローラーを利用して、より直観的な操作が可能となっています。さらに、機能およびサービスを直接選択し、ドライバーの好みに合わせてシステム全体をカスタマイズすることも可能となっています。

OK, BMW(オーケー・ビー・エム・ダブリュー)と声をかければ会話が出来る?!

BMW 320d Mスポーツ 萩原文博

現行型3シリーズセダンには、BMW インテリジェント・パーソナル・アシスタントと言う新しい機能が追加されました。この機能はAI 技術を活用することで、音声会話だけで車両の操作、情報へのアクセスが可能となるBMW 最新の機能です。今までの音声入力と異なり、より自然な会話に近い言葉で、ドライバーの指示や質問を理解し、適切な機能やサービスを起動可能にする他、使用頻度に応じてドライバーの好みを学習し、長く乗り続けるほどドライブにおける真のパートナーとしての役割を担うことが可能となりました。

そして、BMW のインテリジェント・パーソナル・アシスタントの最も注目の特徴は、ドライバーがシステムの「名前」を自由に付けることが可能なことです。例えば、BMW インテリジェント・パーソナル・アシスタントを起動する際、「OK, BMW(オーケー・ビー・エム・ダブリュー)」だけでなく、「XXX(例:サン・シリーズ)」と、呼びかける言葉を任意に設定することが可能なため、より身近な存在としてストレス無く使用することが出来るようになっています。 

BMW コネクテッド・ドライブがあればもしもの時も安全・安心

BMW 320d Mスポーツ 萩原文博

新型BMW 3シリーズセダンには、BMW コネクテッド・ドライブが標準装備されています。BMW コネクテッド・ドライブは、車載された通信モジュールにより、ドライバー、クルマ、そして取り巻く情報をIT ネットワークで繋ぐことで、「もしもの時に備える万全の安全性」、「カーライフを進化させる革新の利便性」、「充実の情報と最新のエンターテインメント」を提供する総合テレマティクス・サービスとして2013 年に輸入車として初めて導入されたサービスです。また、スマートフォン向けアプリの導入により、車両情報やニュース等へのアクセスを可能にし、顧客の利便性を向上させるサービスを提供してきた。


My BMW Remote

さらに、2018 年8 月には、より操作性・利便性を高めた新たな機能を追加すると共に、新しいスマートフォン向けアプリ「BMW Connected」を導入し、車とユーザー、情報をシームレスに繋げ、より快適でスマートなモビリティ・ライフをサポートする新しいパーソナル・アシスタント・サービスとして生まれ変わりました。 「BMW Connected」をインストールしたスマートフォンを持っていれば、駐車した車両の位置を地図上で確認したり、夜間の駐車場でヘッドライトを店頭させてクルマの位置を知ることができます。また、車外からベンチレーションを起動させ、車内の空気を入れ替えたり、ドアのロックやロック解除も行うことが可能となっています。

待望のディーゼル登場!BMW 3シリーズ!320d Mスポーツは楽しいクルマに仕上がっているのか?自動パーキングアシストも試してみました!

2019年、7代目へと進化したG20型BMW 3シリーズ。日本ではガソリンエンジン車を先行で導入した後、ディーゼルエンジン車を導入しました。また、渋滞時ではとても便利なハンズ・オフ機能付き渋滞運転支援システムや自動パーキングアシストなど先進の運転支援システムを搭載。一体、どんなクルマに仕上がっているのか?河西啓介がチェックします。

萩原 文博|はぎはら ふみひろ

1970年生まれ。10代後半で走り屋デビューし、大学在学中に中古車情報誌の編集部にアルバイトとして加入。1995年より編集部員として編集作業に本格的に携わる。中古車の流通、販売店に精通し、「中古車相場師」として活動。2006年からフリーランスの編集者となり、中古車だけでなく、現在は日本で最も多くの広報車両を借り出して取材を行い、新車でもユーザー視点のバイヤーズガイドを中心に、人気車種の動向や流行りの装備の価値評価などを加味した、総合的に買いのクルマ・グレードの紹介をモットーとしている。

萩原 文博|はぎはら ふみひろ