トヨタ 3代目センチュリーの圧巻の乗り心地!静かで滑らかな走りの秘密とは

トヨタ 3代目センチュリー

※この記事には広告が含まれます

2018年に21年ぶりにフルモデルチェンジし、これまでのデザイン性を維持しつつ機能性を向上させたしたトヨタ 3代目センチュリー(6AA-UWG60-AEXGH型)。

リアシート(後席)の乗員のことを第一に考えたショーファーカーとして日本を代表する名車です。

今回は、そんな3代目センチュリーの乗り心地に迫っていきましょう。

吉田 恒道|よしだ つねみち

1980年代、大学卒業後ファッション・モード専門誌「WWD Japan」編集部勤務を皮切りに編集者としてのキャリアを積む。その後、90年〜2000年代、中堅出版社ダイヤモンド社の自動車専門誌・副編集長に就く。以降、男性ライフスタイル誌「Straight’」(扶桑社)など複数の男性誌編集長を歴任し独立、フリーランスのエディターに、現職。著書に「シングルモルトの愉しみ方」(学習研究社)がある。

吉田 恒道
Chapter
トヨタ 3代目センチュリーは走行性能だけでなく静粛性にも優れている!
トヨタ 3代目センチュリーはドライバーの運転をサポート!
トヨタ 3代目センチュリーは強固で周到な安全性能も装備!

トヨタ 3代目センチュリーは走行性能だけでなく静粛性にも優れている!

トヨタ センチュリーは驚くほど静かで滑らかな走りを実現しています。

3代目センチュリーは、余裕の動力性能だけでなく静粛性や燃費にも優れたハイブリッド専用のV8 5.0Lエンジンを搭載しました。このエンジンにより、発進・加速時には高出力モーターとパワーコントロールユニットが作動し、力強いトルクと豊かなパワーを静かに発揮できます。

ハイブリッドバッテリーの冷却用吸気口の位置も変更し、さらなる静粛性を追求しました。

エンジンに加えて工夫しているのが、吸・遮音材の最適配置や風切り音対策です。センチュリーでは、さまざまな吸・遮音材を手作業で丁寧に貼り付けています。これにより、雨音や風切音、路面からの音、エンジンルームなど室内に入ってくるあらゆる音を低減してくれるでしょう。

また、アルミホイールにもタイヤが発するノイズを低減する構造を採用しました。走行中にどうしても生じてしまうこもり音には、アクティブノイズコントロールと呼ばれる機能で対応しています。この機能は、エンジンのこもり音を逆位相の音を発して打ち消すのが特徴です。

滑らかな乗り心地を実現するため、サスペンション開発では、ブッシュやサスペンションアーム、マウントなどのゴム部品にも一つずつこだわってチューニングを施しました。

トヨタ 3代目センチュリーはドライバーの運転をサポート!

トヨタ センチュリーは、リアシートに徹底的にこだわっているだけではありません。ドライバーの運転をサポートするさまざまな機能と装備をそろえています。

ステアリング位置は、ドライバーの好みに合わせて前後・上下に電動で調整できます。

そして、乗車時にはあらかじめ設定しておいた位置に運転席が自動でスライドし、降車時には後方に自動でスライドする機能もついています。このスライド機能はステアリングの調整機能と連動しており、乗り降りをスムーズにしてくれるでしょう。

メーター内には、高精細で大型の7インチ液晶画面を搭載しており、走行シーンに合わせてエコからスポーツまでの4つのモードを選択できます。必要な情報をカラーで表示し、運転時のストレスをできる限り低減しました。

ドライバーの運転をサポートするための工夫は車内だけにはとどまりません。センチュリーのドアミラーは、ドアの施錠・解錠に連動してミラーを自動で格納・復帰させ、乗降時のスイッチ操作の手間を省いてくれます。

バック時には、シフトポジションのRと連動して自動でミラー鏡面の向きを変えてくれるので、スムーズに駐車などができるでしょう。

トヨタ 3代目センチュリーは強固で周到な安全性能も装備!

トヨタ センチュリーは強固で周到な安全性能も装備しており、「ぶつからない」「はみださない」「ハイビームの切り替え」をサポートしてくれます。

ぶつからないためのサポートとして、プリクラッシュセーフティと呼ばれる衝突回避支援システムを装備しました。

単眼カメラとミリ波レーダーで前方の車両や歩行者を検出し、運転席に搭載されているマルチインフォメーションディスプレイ表示と警報ブザーで衝突の可能性を知らせます。そして、ブレーキを踏めなかった場合はプリクラッシュブレーキを作動させ、衝突回避、もしくは被害軽減をサポートしてくれる仕様です。

はみださないためのサポートとしては、アラート機能を搭載しました。この機能では、道路上の白線・黄線を単眼カメラで認識し、ウィンカー操作なしに車線を越える可能性がある場合、マルチインフォメーションディスプレイ表示とブザーでお知らせします。

そのほかにも、電動パワーステアリングを制御してドライバーのステアリング操作をサポートします。さらに、車両のふらつきを検知し、マルチインフォメーションディスプレイ表示とブザーで休憩を促してくれるため、ドライバーへの配慮も徹底したクルマといえるでしょう。

ハイビームの切り替えもサポートし、ウインドシールドガラスに搭載した単眼カメラを使って周囲の明るさや対向車のヘッドランプ、先行者のテールランプなどを判別します。

センチュリーのハイビームの照射範囲内に車両を検知すると、対向車や先行者に直接ハイビームを当てないように部分的に遮光するのが特徴です。この機能があることで、夜間の運転に安心感が生まれること間違いありません。
今回は、トヨタ センチュリーの乗り心地について紹介しました。

デザイン性もさることながら、エンジンやサスペンション、安全性能などあらゆる機能にこだわっており、圧巻の乗り心地を実現しているクルマといえるでしょう。

※2021年6月現在
【お得情報あり】CarMe & CARPRIMEのLINEに登録する

商品詳細