ゴールド塗装のナンバーフレームなどなど…トヨタ 3代目センチュリーのオプションをご紹介

トヨタ 3代目センチュリー

ショーファーカーとして知られているトヨタ 3代目センチュリー(6AA-UWG60-AEXGH型)。

2018年には21年ぶりにフルモデルチェンジをした3代目が発表され、2021年5月には一部改良が施されたことでさらに進化を遂げています。

そんな3代目センチュリーのオプションはどうなっているのでしょうか。

吉田 恒道|よしだ つねみち

1980年代、大学卒業後ファッション・モード専門誌「WWD Japan」編集部勤務を皮切りに編集者としてのキャリアを積む。その後、90年〜2000年代、中堅出版社ダイヤモンド社の自動車専門誌・副編集長に就く。以降、男性ライフスタイル誌「Straight’」(扶桑社)など複数の男性誌編集長を歴任し独立、フリーランスのエディターに、現職。著書に「シングルモルトの愉しみ方」(学習研究社)がある。

吉田 恒道
Chapter
トヨタ 3代目センチュリーはどんなクルマ?
トヨタ 3代目センチュリーのエクステリアをより豪華にするオプションとは?
トヨタ 3代目センチュリーの機能性に優れたインテリアオプションとは?

トヨタ 3代目センチュリーはどんなクルマ?

オプションについて詳しくご紹介する前に、まずはトヨタ センチュリーについて見ていきましょう。

センチュリーは、全長5,335mm×全幅1,930mm×全高1,505mmというショーファーカーらしい大柄なボディサイズとなっています。

室内長は2,165mm、室内幅は1,605mm、室内高は1,185mmで、大人5人がゆったりと乗れる空間となっています。

センチュリーのエクステリア(外装)は、日本独自の美意識を貫き意匠と造形を丁寧に磨き上げたことで生まれました。インテリア(内装)は、匠の想いと技が込められた至福のおもてなし空間となっています。

インテリアで特に注目すべき点がリアシート(後席)です。クッション性や触感などにこだわったシートを採用したほか、電動オットマンと最上級のオーディオ&ビジュアルシステムを装備しました。乗る方のことを第一に考えたこれらの装備は、貴重な移動時間を快適なものにしてくれるでしょう。

また、静粛性や燃費に優れたハイブリッド専用のV8 5.0Lエンジンを搭載し、乗車時の振動を抑えることで、走り出しに気づかないほどの滑らかさを実現しました。燃費はJC08モードで13.6km/Lとなっています。

トヨタ 3代目センチュリーのエクステリアをより豪華にするオプションとは?

堂々とした風格と気品があるトヨタ センチュリーには、機能性はもちろんエクステリアに馴染むよう配慮したオプションが用意されています。

サイドバイザーを追加することで、雨天時の室内換気に役立てることができます。このサイドバイザーは高速走行時の風切り音に配慮しており、表面にシルバー塗装を施しているのが特徴です。塗装されていることでエクステリアとの一体感が高まるでしょう。

高輝度のあるゴールド塗装を施したフロントおよびリア用のナンバーフレームもオプションとして提供しています。エクステリアの美しさを損なわずにラグジュアリー感を演出できるのが特徴です。

より快適・安全に運転するためのフェンダーポールもオプションのラインアップに取りそろえており、ドライバーの見やすさに合わせて手動で調整可能です。高級感のあるダーククロムメッキを基調に、さらに先端部にはオリジナルの意匠を凝らしており、特別なフェンダーポールといえるでしょう。

トヨタ 3代目センチュリーの機能性に優れたインテリアオプションとは?

トヨタ センチュリーは、機能性とインテリアとの一体感を両立したオプションが用意されています。

フロアマットには毛織り高級敷物として名高い丹後緞通を採用しました。ハンドメイドで丁寧に仕立てられており、重厚感のある風合いが特徴です。

ハーフシートカバーは最高級品質のレース生地を使用しています。このカバーは、室内の統一感に配慮しているだけではありません。摩擦強度・耐光性・難燃性に優れ、シートの仕様にももちろん対応しています。

センチュリーでは、乗り降りする際や運転時の体にかかる負担を軽減するオプションを3つ用意しています。

1つ目は、座布団型の回転クッションです。座面が回転するため体の向きを簡単に変えられ、ストレスのない乗り降りを支援します。

2つ目は、ランバーサポートクッションです。運転時の腰・背中・お尻の負担を軽減するクッションで、優れた衝撃吸収性と体圧分散性を持つエクスジェルが埋め込まれています。

3つ目は、サイドサポートパッドです。このパッドは身体を両サイドから支え、乗車中の横ゆれを軽減します。お好みの位置に上下スライドできるので、自分の身体に合わせて調整することで、移動時間を快適に過ごせるでしょう。

その他にもシートベルトを簡単に装着できるシートベルトパッドや、ラゲッジルーム(荷室)を傷や汚れから守るラゲッジマットも用意しています。

また、いざというときのために車載防災セットも販売しています。これは、持ち運びが簡単なリュックタイプの搭載ケースに、レインコートや給水袋、アルミブランケットなど、全12アイテムを入れた防災セットです。急加速や急ブレーキ時でも搭載ケースがずれないよう、防災セットについているマジックテープでしっかりと固定できます。

今回は、トヨタ センチュリーのオプションについて解説しました。

標準仕様車のデザイン性が極めて高いことはもちろん、オプション品にもクルマ全体の機能性を高め、統一感や美しさを保持するための工夫が施されています。

多彩なオプションを取り入れることで、さらに豪華で快適なセンチュリーの乗り味を楽しめるのではないでしょうか。

※ 2021年6月現在

商品詳細