センチュリーを中古で買ってみてどうだったのか?

トヨタ センチュリー

2014年式/走行距離10万キロ/法人ワンオーナー/修復歴なし/価格324万円/色:神威エターナルブラック/ドアミラー/本革シート/オプション:ライティングテーブル

以上のセンチュリーをトヨタ中古車店で買ったという話は前編でいたしました。それから9ヶ月、約5000キロ乗りましたが、実際オーナーとなって乗ってみてどうだったのかについて今回の中編でお話ししたいと思います。

文/写真・大田中 秀一

Chapter
圧倒的な存在感に腰が引ける
人目を意識する
運転するといいもの感に幸せな気分
モンクのない後席
思わぬ副産物と気づき
気になる点は?

圧倒的な存在感に腰が引ける

輸入高級車と違いデザイン面でも存在感の面でも実に控え目に思えるセンチュリーですが、どこで乗るかによるにしても基本的に存在感はかなりあり目立つ存在のようです。と、思うのは、信号待ちや渋滞中に視線を感じるからです。どういう意味で見ているのか知りませんよ。

「センチュリーだ~」と思ってクルマを見ているのか、クルマと乗っている人物の風体が合わないなと思って車内の私を見ているのか、いずれにしても見られている感はすごい。路上では間合いを取られている気もします。すべて気のせいかもしれませんが、とにかくそんな気がすることは確かです。

物理的に実感するのはやはり駐車するとき。全長5,270 mm×全幅1,890 mmという堂々たるサイズなので立体駐車場で入るところはほとんどありません。入るのは銀座三越くらいでしょうか。玉川高島屋は、幅はぴったりですが長さが足りないのでギリギリ入りません。

平置きでも古い駐車場やコインパーキングでは、幅はいっぱいいっぱいなので乗り降りがしんどいし、前は若干はみ出しているし、とけっこう気を遣います…狭い道路での行き違いもかなり。

人目を意識する

元々、目立つことが好きな性分なのですが、ちょっと目立ちすぎて困った感じです。実際に見られているかどうかは別として、とにかく人目が気になるようになりました。クルマをできるだけきれいに、そして磨かれている状態を保つことは当然ですが、乗るときの衣装も気になるようになってしまいました。

運転スタイルも、ブレーキペダルから足を離していきなりではなく、清水和夫のドライビングレッスンで教えられるようにクリープでタイヤが一回転くらいしてからじわりとアクセルを踏み込む、急にハンドルを切らない、ゆっくり切りゆっくり戻し、戻しきってからじわーっとアクセルを踏み込む。

急加減速をしないなど、クルマの挙動が激しくならないように、滑らかに品良く見えるようにしようとこれまで以上に心がけるようになりました。これには思わぬ副産物もあったのですがそれは後述します。何をそんなにと思われるかもしれませんが、全ては当初の目的”センチュリーらしく”あるためです。

<次のページに続く>
次ページ
運転するといいもの感に幸せな気分

大田中 秀一|おおたなか しゅういち

乗りもの、特にクルマ好きで、見ること、乗ること、しゃべることすべてが好き。5年間のレース参戦経験を活かし、レーシングスクールインストラクターも時々務める。大型二種免許も所有していることもあり、運転技術に関しての研究も行なう。モビリティに関わることすべてを興味のままに取材、自動車専門誌並びにweb、経済ニュースサイトなどに寄稿している。世界のマイナーモーターショーウォッチャー、アセアン・ジャパニーズ・モータージャーナリスト・アソシエーション会長、インドネシアにも拠点がある無意識アセアンウォッチャー。

大田中 秀一