トヨタ 新型ランドクルーザー(300系)が公開!2007年に登場した200系から14年ぶりの後継

ランドクルーザー 300 2021

2021年6月10日(木)、トヨタはフラッグシップSUVであるランドクルーザーの新型モデルを世界初公開しました。

1951年にBJ型が登場したランドクルーザーは、今年で生誕70周年を迎えます。

トヨタの長年にわたる技術の蓄積と最新技術の融合によりさらなる進化を遂げたランドクルーザーには、どのような特徴があるのでしょうか。

新型ランドクルーザーの新開発のV6ツインターボエンジンは従来型V8エンジンをも超える性能を発揮

新開発のV6ツインターボエンジンは、3.5Lガソリンと3.3Lディーゼルを用意。

ガソリンエンジンは最高出力305kw(415ps)、最大トルク650Nm。ディーゼルエンジンは最高出力227kw(309ps)、最大トルク700Nmを発揮します。

さらに、新開発のDirect Shift-10AT(10速オートマチックトランスミッション)の採用とボディの軽量化により、従来型との比較で車両使用時の年間CO2排出量を、グローバルの全台数分で約10%低減できる見込みとなるなど、環境性能にも抜かりはありません。

新型ランドクルーザーはエクステリア・インテリアともに機能美を徹底的に追求し悪路走破性に特化

エクステリア(外装)はランドクルーザーの伝統を継承し、オフロード走行時のダメージを受けにくいランプ位置やバンパー造形など機能美を追求しています。

さらにインテリア(内装)は、悪路においてもクルマの姿勢を認知しやすいよう水平基調のインストルメントパネルを採用

直感的に操作ができるスイッチ類を機能ごとに配置し、デザインについても操作性を考慮することで快適性が追求されています。

パッケージについても悪路走破性を重視し、全長・全幅・ホイールベースなどのボディサイズとディパーチャーアングル・アプローチアングルは従来型を踏襲しています。

<次のページに続く>
次ページ
新型ランドクルーザーはフラッグシップに相応しい先進安全機能も装備

CarMe編集部

新車・自動車ニュースのWEBマガジン「CarMe[カーミー]」を運営。
「カーライフを楽しむ全ての人に」を理念に掲げ、編集に取り組んでいます。

CarMe編集部