トヨタ ランクル70(ナナマル)復刻モデルは発注が目標の18倍だった!?

トヨタ ランドクルーザー70(2014)

今回は、再販されていたトヨタ ランドクルーザー 70系 (CBF-GRJ79K/CBF-GRJ76K)の人気の理由や中古車価格などについて紹介します。 

日本で30周年を迎え、2014年に復刻したランクル70(ナナマル)は、日本ではピックアップとバンの2種類が販売されました。日本において月間目標が200台である中なんと3,600台以上の発注を受けたランクル70の人気の秘密や、ランドクルーザーのブランド力についても追求してきたいと思います。

Chapter
トヨタで1番の伝統を誇るランドクルーザー
目標の18倍の販売台数!? 話題になったトヨタ ランクル70って?
トヨタ ランドクルーザーに欠かせない3要素「信頼性」「耐久性」「走破性」
トヨタ ランドクルーザー70の復刻モデルは2015年6月末までの限定生産
トヨタ ランドクルーザー70の復刻モデルはどこが変わった?
トヨタ ランドクルーザー70の復刻モデルの中古価格

トヨタで1番の伝統を誇るランドクルーザー

実はランドクルーザー(ランクル)がトヨタで1番歴史の長いブランドなのです。ランクルの前身である「トヨタ ジープBJ」が作られたのは1951年。警察予備隊(現:自衛隊)への納入目的に作られ、国家地方警察(現:警察)のパトロールカーに使用されるなどしました。

逸話の多いランクルですが、このトヨタ ジープBJも負けていません。1951年、富士山6合目まで登っているのです。ハンパないです。因みに、富士スバルラインは1964年に作られたものです。そんなトヨタ ジープBJがランドクルーザーになったのが20系。

それ以降、様々なランクルが続出し、1984年にはランドクルーザー 70シリーズ(ランクル70)が作られました。トヨタ ランドクルーザーは世界180ヶ国で売られ、グローバル累計販売台数は1,000万台を越えています。 そして、2014年8月から2015年6月までの期間限定で、ランクル70誕生30周年を祝して生産されました。

目標の18倍の販売台数!? 話題になったトヨタ ランクル70って?

ランドクルーザーの中でも代表格であるランクル70系。「地球上で最後に残るクルマ」として、ヘビーデューティのタフな精神を受け継いだ傑作です。累計販売台数は、なんと130万台超え!特に中近東にて絶大の人気を維持しています。

1984年から30年の間でその地位を確立したランクル70。その姿はさほど昔から変わりません。日本では、2004年にディーゼル燃料規制等のため販売が終了してしまいましたが、世界的な人気は続きました。なぜこのクルマが全世界でこんなにも人気を誇っているのでしょうか?

<次のページに続く>
次ページ
トヨタ ランドクルーザーに欠かせない3要素「信頼性」「耐久性」「走破性」