メルセデスベンツが472万円~で手に入る! 2代目CLAの10種類のグレードを解説

メルセデスベンツ 2代目CLA

メルセデスベンツ 2代目CLAには、クーペタイプのCLAとステーションワゴンタイプCLAシューティングブレーク、2つのボディタイプが設定されています。

フルモデルチェンジにより、2019年8月に現行型である2代目CLAが登場しました。

2代目CLAには10種類のグレードがありますが、それぞれどのような違いがあるのでしょう。それぞれのグレードを価格とともに紹介していきます。

Chapter
メルセデスベンツ 2代目CLA 180 【価格:472万】
メルセデスベンツ 2代目CLA 200 d 【価格:504万】
メルセデスベンツ 2代目CLA 250 4MATIC 【価格:566万】
メルセデスベンツ 2代目CLA Mercedes-AMG CLA 35 4MATIC【価格:688万円】
メルセデスベンツ 2代目CLA Mercedes-AMG CLA 45 S 4MATIC+【価格:870万円】
メルセデスベンツ 2代目CLA 180 Shooting Brake 【価格:488万円】
メルセデスベンツ 2代目CLA 200 d Shooting Brake 【価格:514万】
メルセデスベンツ 2代目CLA 250 4MATIC Shooting Brake 【価格:576万円】
メルセデスベンツ 2代目CLA Mercedes-AMG CLA 35 4MATICシューティングブレーク【価格:698万円】
メルセデスベンツ 2代目CLA Mercedes-AMG CLA 45 S 4MATIC+ シューティングブレーク【価格:880万円】

メルセデスベンツ 2代目CLA 180 【価格:472万】

「180」はCLAのエントリーモデルであり、メルセデスベンツ CLAの中で価格を最も低く抑えたグレードです。

エンジンには1.4L 直列4気筒直噴ターボエンジンを採用しており、最高出力100kW(136PS)/5,500rpm、最大トルク200Nm(20.4kgm)/1,460〜4,000rpmとなっています。燃費性能は、WLTCモードで15.3km/Lを誇ります。

「180」はエントリーモデルではありますが、フロントシート(前席)にシートヒーターやメモリー付パワーシートなどが備わっており、装備が充実しています。

ホイールも全グレード共通の18インチマルチスポークアルミホイールが装備されており、他のグレードともエクステリア(外装)の見た目に違いがありません。

価格は、全グレードで最も安価な472万円となっています。

メルセデスベンツ 2代目CLA 200 d 【価格:504万】

「200 d」は「180」の上位モデルに位置付けられており、標準装備やオプションで付けられる装備は「180」と変わりませんが、搭載されているエンジンが異なります。

「200 d」のエンジンには2.0L 直列4気筒直噴ディーゼルターボエンジンを採用しており、最高出力110kW(150PS)/3,400~4,400rpm、最大トルク320Nm(32.6kgm)/1,400〜3,200rpmとなっています。2.0L 直列4気筒直噴ディーゼルターボエンジンは、力強いトルクと最高水準のクリーン性能を兼ね備えており、爽快なドライビングを愉しめます。

もちろん、フロントシートには「180」同様にシートヒーター、メモリー付パワーシートが標準装備されています。

「200 d」の価格は504万円で、「180」よりも32万円高く設定されています。

メルセデスベンツ 2代目CLA 250 4MATIC 【価格:566万】

「250 4 MATIC」は「200d」の上位モデルとなっています。「250 4 MATIC」も「180」、「200 d」と標準装備やオプションで付けられる装備はほとんど変わりません。

ただし、エンジンには2.0L 直列4気筒直噴ターボエンジンが採用されています。2.0L 直列4気筒直噴ターボエンジンは街中や高速道路問わず、俊敏で力強いドライビングを愉しめるとともに、抜群の環境性能も実現しています。

そんな2.0L 直列4気筒直噴ターボエンジンは最高出力165kW(224PS)/5,500rpm、最大トルク350Nm(35.7kgm)/1,800〜4,000rpmとなっています。

また、グレード名の4MATICは、可変トルク配分型四輪駆動を意味しています。エンジントルクを前輪・後輪のそれぞれに、路面状況に応じて適切な配分に分配することで、どのような路面状況でも高い走行安定性を保ちます。

「250 4 MATIC」の価格は「180」よりも94万円高い566万円に設定されています。

メルセデスベンツ 2代目CLA Mercedes-AMG CLA 35 4MATIC【価格:688万円】

「Mercedes-AMG CLA 35 4MATIC」はメルセデスベンツのハイパフォーマンスブランド、AMGによるチューニングが施されたグレードです。

エンジンには、2.0L 直列4気筒直噴ターボエンジンが採用されています。ツインスクロールターボチャージャーにより、低回転からの素早いレスポンスと高回転までのスムーズな吹き上がりを実現しています。

最大出力225kW(306PS)/5,800rpm、最大トルク400Nm(40.8kgm)/3,000〜4,000rpmとなっており、エンジン型式は「250 4MATIC」と同じですが、出力・トルク共に大幅に強化されていることがわかります。

サスペンションには専用のAMG RIDE CONTROLサスペンションを装着しています。電子制御ダンパーにより、全ての速度域での絶大な安定性、ドライバーの意のままの俊敏性、安心感に満ちた操縦性と長距離走行時の高い快適性を両立しています。

また、エクステリアにおいても、AMG専用のツインブレードグリルを採用しており、上品さとスポーティーさを兼ね備えたクールな見た目となっています。

「Mercedes-AMG CLA 35 4MATIC」の価格は「180」より216万円高い688万円となっています。

メルセデスベンツ 2代目CLA Mercedes-AMG CLA 45 S 4MATIC+【価格:870万円】

「Mercedes-AMG CLA 45 S 4MATIC+」は、クーペタイプのCLAの最上位グレードとなっています。

エンジンは「250 4MATIC」、「Mercedes-AMG CLA 35 4MATIC」と型式としては同じ2.0L 直列4気筒直噴ターボエンジンが採用されています。

性能としては世界トップクラスとなっており、最大出力310kW(421PS)/6,750rpm、最大トルク500Nm(51.0kgm)/5,000〜5,250rpmと、力強い走行性能を実現しています。

価格は、「180」よりも398万円高い870万円となっています。

メルセデスベンツ 2代目CLA 180 Shooting Brake 【価格:488万円】

「180 Shooting Brake」はCLAシューティングブレークのエントリーモデルであり、メルセデスベンツ CLAの中で価格が2番目に低いグレードです。

エンジンには「180」同様に1.4L 直列4気筒直噴ターボエンジンが採用されています。1.4L 直列4気筒直噴ターボエンジンは発進から滑らかに立ち上がるパワーによって上質な走りを実現しています。「180 Shooting Brake」の燃費性能は、WLTCモードで15.0km/Lを誇っています。

「180 Shooting Brake」には「180」、「200 d」、「250 4MATIC」と同様の標準装備が備わっているのに加え、広々としたラゲッジルーム(荷室)が備わっています。

CLAシューティングブレークのラゲッジルーム容量は505L。CLAのラゲッジルーム容量が460Lであるため、45Lも大容量になっています。

「180 Shooting Brake」の価格は「180」よりも16万円高い488万円です。

メルセデスベンツ 2代目CLA 200 d Shooting Brake 【価格:514万】

「200 d  Shooting Brake」は「200 d」のステーションワゴンタイプです。

搭載されているエンジンは「200 d」と同じ2.0L 直列4気筒直噴ディーゼルターボエンジンで、燃料消費率はWLTCモードで18.7km/Lです。

「200 d  Shooting Brake」のリアシート(後席)は4:2:4分割可倒式となっており、リアシートを倒すことでラゲッジルームを1,370Lまで拡大できます。

これは、「200 d  Shooting Brake」だけでなく、「180  Shooting Brake」、「250 4MATIC Shooting Brake」でも同様です。

価格は「180  Shooting Brake」よりも26万円高い514万円に設定されています。

メルセデスベンツ 2代目CLA 250 4MATIC Shooting Brake 【価格:576万円】

「250 4MATIC Shooting Brake」は「250 4MATIC」のステーションワゴンタイプで、「250 4MATIC」同様に2.0L 直列4気筒直噴ターボエンジンが採用されています。

「250 4MATIC Shooting Brake」のリアゲートにはを使わずにワンタッチ操作で開閉ができるEASY-PACK自動開閉テールゲート、リアバンパーの下側に足を近づけるだけで開閉できるフットトランクオープナーが標準装備されています。

これは「250 4MATIC Shooting Brake」だけでなく、「180 Shooting Brake」、「200 d Shooting Brake」でも同様です。

価格は「180  Shooting Brake」よりも88万円高い576万円となっています。

メルセデスベンツ 2代目CLA Mercedes-AMG CLA 35 4MATICシューティングブレーク【価格:698万円】

「Mercedes-AMG CLA 35 4MATICシューティングブレーク」はメルセデスベンツ CLAのステーションワゴンタイプのAMGモデルです。

クーペタイプと同様に2.0L 直列4気筒直噴ターボエンジンが採用されており、力強い走りを実現しています。

走行状況やドライバーの意思に応じて前後トルクを配分してくれる、AMG 4MATICを搭載しており、加速時やコーナリング時にクルマとの一体感を感じることができます。

価格は「180  Shooting Brake」よりも210万円高い698万円となっています。

メルセデスベンツ 2代目CLA Mercedes-AMG CLA 45 S 4MATIC+ シューティングブレーク【価格:880万円】

「Mercedes-AMG CLA 45 S 4MATIC+ シューティングブレーク」はメルセデスベンツ CLAシューティングブレークの最上位モデルです。

エンジンには、「Mercedes-AMG CLA 45 S 4MATIC+」と同じ2.0L 直列4気筒直噴ターボエンジンを搭載しており、性能としても同様の数値となっています。

状況に応じてモードを変えることができるAMG ダイナミックセレクトが搭載されており、滑りやすい路面のためのSlippery、快適性と燃費重視のComfort、スポーティなSport、Sport+、ドリフトモード付のRACE、様々なパラメーターを個別に設定できるIndividualが選べます。

価格は、「180  Shooting Brake」よりも392万円高い880万円となっています。

メルセデスベンツ CLAには、クーペタイプのCLAに5つ、ステーションワゴンタイプのCLAシューティングブレークに5つ、合計10のグレードがありましたが、それぞれのグレードで異なっているのはエンジンであることがわかりました。

エンジンにこだわりがないのであれば、エントリーモデルの「180」、「180  Shooting Brake」を購入するのがおすすめでしょう。非常にリーズナブルな価格で、新車のメルセデスベンツを手に入れることができます。

用途に合わせてCLAかCLAシューティングブレーク、どちらかのボディタイプを選んでみてください。

※2021年6月現在

吉田 恒道|よしだ つねみち

1980年代、大学卒業後ファッション・モード専門誌「WWD Japan」編集部勤務を皮切りに編集者としてのキャリアを積む。その後、90年〜2000年代、中堅出版社ダイヤモンド社の自動車専門誌・副編集長に就く。以降、男性ライフスタイル誌「Straight’」(扶桑社)など複数の男性誌編集長を歴任し独立、フリーランスのエディターに、現職。著書に「シングルモルトの愉しみ方」(学習研究社)がある。

吉田 恒道