メルセデスベンツ 2代目CLA(5BA-118384M/3DA-118312M/5BA-118684M/3DA-118612M型)の乗り心地はいかに!?

メルセデスベンツ 2代目CLA

今回はメルセデスベンツ 2代目CLA(5BA-118384M/3DA-118312M/5BA-118684M/3DA-118612M型)の乗り心地について紹介します。

革新的な機能MBUXや、スマートフォンのように操作できるタッチインターフェースなど、先進装備が充実している2代目CLA。

そんな2代目CLAの乗り心地はどうなっているのでしょうか。

Chapter
メルセデスベンツ 2代目CLAのシートの乗り心地は?
メルセデスベンツ 2代目CLAは3種類のエンジンで走行性能も抜群!
メルセデスベンツ 2代目CLAは充実の安全装備で運転をサポート!

メルセデスベンツ 2代目CLAのシートの乗り心地は?

メルセデスベンツ 2代目CLAのフロントシート(前席)には、シートポジションを電動で調整できる、フルパワーシートが全車で標準装備されています。フルパワーシートでは、シートポジションやドアミラーなどを調節でき、最適なドライビングポジションを実現可能です。

フルパワーシートはメモリー機能付となっており、3セットまでメモリーすることができます。クルマを降りる際には、ドアを開けると自動でシートが後退するため、乗り降りも楽に行えます。

さらに、フロントシートには天候などに合わせて3段階の暖かさが選べるシートヒーターが装備されています。気温に合わせて暖かさを選べるため、寒い季節でも快適に過ごせます。

2代目CLAのリアシート(後席)にはゆとりあるスペースが確保されており、誰でもゆったりと座ることができます。

リアシートのショルダールームとエルボルームは、先代CLAよりも拡大しており、快適性が向上しています。もちろん、ヘッドルームやレッグルームにも十分なゆとりが確保されているため、成人男性でもゆとりを感じられるでしょう。

リアシートにはリクライニング機能が備わっていませんが、座面は垂直ではなく角度がついた設計となっており、深く腰掛けることが可能です。

また、リアシート周りに確保されている十分なスペースも相まって、快適に過ごせる空間となっています。

メルセデスベンツ 2代目CLAは3種類のエンジンで走行性能も抜群!

メルセデスベンツ 2代目CLAには、1.4L 直列4気筒直噴ターボエンジン、2.0L 直列4気筒直噴ターボエンジン、2.0L 直列4気筒直噴ディーゼルターボエンジンという3種類のエンジンが設定されています。

この3種類のエンジンはパワーと環境性能が高次元で融合しており、次世代の爽快なドライビングを愉しめます。

1.4L 直列4気筒直噴ターボエンジンはアルミニウムシリンダーブロックと革新的にコンパクトなデルタシリンダーヘッドで、軽量・小型化、出力向上を実現しています。アクセルを踏んだ瞬間から滑らかに立ち上がるパワーで、かつてない快楽に満ちたドライビングを実現します。

2.0L 直列4気筒直噴ターボエンジンは、瞬時のレスポンスをもたらすツインスクロールターボチャージャー、電子制御ウェイストゲートを採用することで、パワーがドライバーの意のままに溢れ出します。

さらに、CONICSHAPE®︎ホーニングに夜シリンダーのフリクション低減、吸気側のバルブリフトを2段階で可変するCAMTRONICにより、燃料消費の低減と高出力を高次元で両立しています。

2.0L 直列4気筒直噴ディーゼルターボエンジンは、アルミニウムクランクケースなどで徹底的に軽量化しています。さらに、優れた効率を実現する燃焼システムNANOSLIDE®︎シリンダーコーティングにより、フリクションの低減を実現しており、アクセルを踏んだ瞬間から潤沢に湧き上がる力強いトルクとスムーズな吹けを愉しめます。

また、最高水準のクリーン性能も実現しており、環境にも優しいエンジンとなっています。

どのエンジンを選んでも爽快なドライビングを愉しめ、抜群の乗り心地となるでしょう。

<次のページに続く>
次ページ
メルセデスベンツ 2代目CLAは充実の安全装備で運転をサポート!

吉田 恒道|よしだ つねみち

1980年代、大学卒業後ファッション・モード専門誌「WWD Japan」編集部勤務を皮切りに編集者としてのキャリアを積む。その後、90年〜2000年代、中堅出版社ダイヤモンド社の自動車専門誌・副編集長に就く。以降、男性ライフスタイル誌「Straight’」(扶桑社)など複数の男性誌編集長を歴任し独立、フリーランスのエディターに、現職。著書に「シングルモルトの愉しみ方」(学習研究社)がある。

吉田 恒道