メルセデスベンツ 2代目CLA(5BA-118384M/3DA-118312M/5BA-118684M/3DA-118612M型)の欠点は?

4ドアクーペのCLA、ステーションワゴンタイプのCLAシューティングブレークの2種類がラインナップされているメルセデスベンツ CLAですが、2019年8月にクラス初のフルモデルチェンジを行い、2代目CLA(5BA-118384M/3DA-118312M/5BA-118684M/3DA-118612M型)が登場しました。

そんな2代目CLAにはどのような欠点があるのでしょうか。

今回は、2代目CLAの欠点を紹介します。

Chapter
メルセデスベンツ 2代目CLAはCLAシューティングブレークの価格が少し高い?
メルセデスベンツ 2代目CLAの燃料タンク容量はライバル車よりも小さい?
Mercedes me connectは有料?

メルセデスベンツ 2代目CLAはCLAシューティングブレークの価格が少し高い?

メルセデスベンツ 2代目CLAの車体価格はクーペタイプのCLAと、ステーションワゴンタイプのCLAシューティングブレークで異なりますが、その車体価格はシューティングブレークの方が少し高めに設定されています。

CLAの車体価格は、「CLA 180」が472万円、「CLA 200d」が504万円、「CLA 250 4MATIC」が566万円となっています。

一方、CLAシューティングブレークの車体価格は、「CLA 180 Shooting Brake」が483万円、「CLA 200 d Shooting Brake」が514万円、「CLA 250 4MATIC Shooting Brake」が576万円となっており、CLAシューティングブレークの方が各グレード10万円ほど高くなっています。

基本的な装備は変わらないCLAとCLAシューティングブレークですが、ボディの形状やラゲッジルーム(荷室)の容量が異なります。

車格はCLAが全長4,690mm×全幅1,830mm×全高1,430mm、CLAシューティングブレークが全長4,688mm×全幅1,830mm×全高1,447mmとなっており、両車を比較すると全長はあまり変わりませんが、全高はCLAシューティングブレークの方が少し高くなっていることがわかります。

ラゲッジルーム容量はCLAが460L、CLAシューティングブレークが505Lとなっており、CLAシューティングブレークの方が全高が高くなっている分、大容量のラゲッジルームとなっています。

また、CLAシューティングブレークのリアシート(後席)は4:2:4分割可倒式となっており、シートアレンジによりラゲッジルームの拡大が可能です。リアシートを全て前面に倒せば、ラゲッジルームは1,370Lまで拡大します。

車格自体は変わらないCLAとCLAシューティングブレークですが、リアシートの機能によって10万円の価格差が出ているのかもしれません。

メルセデスベンツ 2代目CLAの燃料タンク容量はライバル車よりも小さい?

メルセデスベンツ 2代目CLAの燃料タンク容量は43Lとなっており、一見十分な容量に感じられますが、ライバル車であるBMW 3シリーズと比較すると小さいことがわかります。

3シリーズの燃料タンク容量は59Lとなっており、2代目CLAよりも16Lも大きなタンク容量となっています。

ライバル車と比べて燃料タンク容量の小さい2代目CLAですが、燃費に関してはライバル車を上回っています。

JC08モードでの燃費は、クーペタイプの「CLA 180」が17.4km/L、「CLA 200 d」が20.0km/L、ステーションワゴンタイプの「CLA 180 Shooting Brake」が16.5km/L、「CLA 200 d Shooting Brake」が20.0km/Lとなっています。

一方、2代目CLAのライバル車である3シリーズ、 3シリーズツーリングのJC08モードでの燃費を見てみると、3シリーズ「318i」が16.2km/L、「320d xDrive」が18.9km/L、ステーションワゴンタイプの3シリーズツーリング 「318i ツーリング」が15.4km/L、「320d xDrive ツーリング」が18.2km/Lとなっています。

CLA、CLAシューティングブレークともに、ライバル車である3シリーズ、3シリーズツーリングよりも低燃費であることがわかりました。

2代目CLAの燃料タンク容量はライバル車である3シリーズよりも小さいですが、3シリーズを上回る低燃費により、燃料タンク容量の小ささを感じさせないでしょう。

Mercedes me connectは有料?

メルセデスベンツ 2代目CLAは、インターネットによってクルマといつでも繋がるMercedes me connectを利用できます。このMercedes me connectは初めのうちは無料で利用できますが、一定期間経過後には有料になってしまいます。

いずれは有料になるMercedes me connectですが、いつでも充実したサービスを利用できるため、一定期間だけでも無料というのは非常にお得です。

そのサービス内容としては、車内のSOSボタンを押したときや、クルマが事故を検知した際に車両の位置情報とともに自動でコールセンターに繋がる24時間緊急通報サービス、クルマのトラブル発生時にメルセデスのツーリングサポートに連絡でき、車両の牽引などをオペレーターが手配する24時間故障通報サービスが利用できます。

また、この他にもクルマから離れていてもスマートフォンから鍵の施錠状況を確認でき、遠隔で施錠・解錠ができるリモートドアロック&アンロック、駐車位置をアプリのマップで確認できる駐車位置検索なども利用できます。

気になる無料期間ですが、24時間緊急通報サービスと24時間故障通報サービスは10年間、リモートドアロック&アンロックと駐車位置検索は3年間となっており、これらのサービスを数年間にわたり、無料で利用できるというのは非常にお得だと言えるでしょう。

今回は、メルセデスベンツ 2代目CLAの欠点について紹介しました。

2代目CLAの燃料タンク容量はライバル車であるBMW 3シリーズと比較して小さくなっていますが、ライバル車よりも低燃費という点は環境にも優しく嬉しいポイントです。

Mercedes me connectrでは24時間緊急通報サービスと24時間故障通報サービスを10年間無料で利用でき、万一の際にも安心です。

※ 2021年3月現在

PBKK

東京都港区北青山に本社を置く自動車業界を専門としたクリエイティブエージェンシー。複数の自動車メディアへのコンテンツ配信をおこなうほか、
自動車メーカーなどへ向けた動画コンテンツ制作、ウェブサイト制作、デジタルマーケティング支援などを一貫して行う。

PBKK