メルセデス・ベンツ CLAクラスの中古価格|流れるような美しいフォルムが魅力

無題

高級車のイメージが強いメルセデス・ベンツですが、2013年に発売されたCLAクラスは、4ドアとステーションワゴンの2タイプのボディがラインナップされているクーペモデルで、流線型でスタイリッシュなデザインが若い人にも人気となっています。エコカーでもあるCLAクラスはどのような車なのでしょうか?

Chapter
メルセデス・ベンツ CLAクラス
CLAクラスの内装・エクステリア
CLAクラスの走行スペック
CLAクラスの燃費・維持費
CLAクラスのグレード
CLAクラスの中古価格

メルセデス・ベンツ CLAクラス

FF(前輪駆動車)のコンパクト4ドアクーペとして、メルセデス・ベンツが2013年に発表したのがCLAクラスです。流れるような流線型のフォルムは世界最高水準のエアロダイナミクスを実現し、燃費性能や室内の静粛性の向上をもたらします。

コンパクトとはいえ、そのサイズは全長4,685mm×全幅1,780mm×全高1,430mmとなっており、全幅、全高はメルセデス・ベンツ Aクラスとほぼ同じで、全長はCクラスとほぼ同じです。メルセデス・ベンツ CLAの販売価格は、CLA180で359万円(税込)から、CLA250、CLA250 4MATIC、CLA45 4MATICとグレードが分かれています。

また、ステーションワゴンタイプのシューティングブレークは、CLA180が368万円(税込)という価格設定になっています。また、ステーションワゴンタイプのグレードは、CLA シューティングブレークスポーツ、CLA250、CLA250 シュボルト 4MATICシューティングブレーク、CLA45 4MATICシューティングブレークと分かれています。

メルセデス・ベンツ CLAにはグレードにより、様々なオプションがそれぞれ用意されているので、よりスタイリッシュな走りを追求することも可能となっているモデルです。

CLAクラスの内装・エクステリア

手の届くメルセデス・ベンツともいえるCLAのボディは、スポーティーな4ドアクーペと、ステーションワゴンタイプのシューティングブレークに分かれていますが、内装はブラックを基調とし、レッドステッチやレザーツインなどの装飾が施されています。

CLAクラスの車内は本革巻ステアリングをはじめ、チューブデザインのメーターパネル、SLS AMGの流れを汲む丸型のエアアウトレットなどが、上質でスポーティーな空間を演出します。CLA シューティングブレークのラゲッジルームは、広々としていますが後部座席をフラットに倒すことでさらに広く大きな荷物でも余裕で積み込むことが可能です。

また、なんといってもCLAのエクステリアは大きな魅力の1つとなるでしょう。ボンネットからルーフ、リアエンドへと流れるような流線型のラインは、スムーズかつダイナミックな走りを象徴したフォルムを形作っていて、かなり美しい印象を与えてくれます。

このデザインはもちろん空気抵抗を計算し尽くし、静かでエコな走りにも貢献しています。また、インテリジェンスヘッドライトは対向車がまぶしくないように光軸を自動で調整してくれます。

<次のページに続く>
次ページ
CLAクラスの走行スペック