メルセデス・ベンツ 4代目Cクラスの5つのグレードを徹底比較!おすすめのグレード「C180」はこれだ!

メルセデス・ベンツ Cクラス

メルセデス・ベンツ 4代目Cクラスは、クラスを超えた洗練さとスポーティさ、乗る人全ての五感を極上の心地よさで満たすメルセデス・ベンツの看板とも呼べるモデルです。

そんなCクラスには5つのグレードが設定されていますが、おすすめのグレードはどれなのでしょうか。

早速、各グレードを徹底比較して確認してみましょう。

Chapter
メルセデス・ベンツ Cクラス C180 【価格:489万円〜】
メルセデス・ベンツ Cクラス C180 AVANTGARDE 【価格:530万円〜】
メルセデス・ベンツ Cクラス Mercedes-AMG C43 4MATIC 【価格:995万円〜】
メルセデス・ベンツ Cクラス Mercedes-AMG C63 【価格:1,363万円〜】
メルセデス・ベンツ Cクラス Mercedes-AMG C63S 【価格:1,455万円〜】

メルセデス・ベンツ Cクラス C180 【価格:489万円〜】

「C 180」はメルセデス・ベンツ Cクラスのベースグレードで、セダン・ワゴン・クーペ・カブリオレの全てのモデルで設定されています。

エンジンには直列4気筒直噴ターボエンジンが採用されており、優れた燃焼効率を実現する直噴システムと、瞬時のレスポンスをもたらすツインスクロールターボチャージャーの組み合わせによりゆとりあるパワーを実現しているのです。

最高出力は115kW(156PS)/5,300〜6,100rpm、最大トルクは250Nm(25.5kgm)/1,500〜4,000rpmとなっています。

また、エクステリア(外装)にアルミニウムボンネットやLEDポジショニングライト、LEDウィンカーやLEDリアフォグランプなどが標準装備されているほか、インテリア(内装)には本革巻ステアリングやカラーマルチファンクションディスプレイ、電動調整レインセンサーなど多彩な装備が備わっています。

燃費はWLTCモードでセダン・クーペが12.7km/L 、ワゴンが12.4km/L 、カブリオレが12.3km/L となっています。

価格はセダンが489万円、ワゴンが514万円、クーペが613万円、カブリオレが667万円です。

メルセデス・ベンツ Cクラス C180 AVANTGARDE 【価格:530万円〜】

「C180 AVANTGARDE」は 「C180」の上位グレードで、セダンとワゴンのみに設定されており、エンジンには「C180」と同様の直列4気筒直噴ターボエンジンが採用されています。

装備としては、メモリー付パワーシートや電動ランバーサポート、電動チルト&テレスコピックステアリング、照明ミラー付サンバイザーなどが標準装備されています。

また、オーディオとしてアドバンスドサウンドシステムが備わっているのもポイントです。

価格は、セダンが530万円で「C180」より41万円高く、ワゴンが557万円で「C180」より43万円高く設定されています。

メルセデス・ベンツ Cクラス Mercedes-AMG C43 4MATIC 【価格:995万円〜】

「Mercedes-AMG C43 4MATIC」は、セダン、ワゴン、クーペ、カブリオレの全てのモデルで設定されているMercedes-AMGのベースグレードです。

エンジンには、ハイパワーと環境性能を高いレベルで両立させた3.0L V型6気筒直噴ツインターボエンジンが採用されています。大型化されたツインターボチャージャーによって、高回転まで滑らかに溢れ出す強大なパワー&トルクや素早いレスポンス、優れた環境性能を実現しているのです。

最高出力は287kW(390PS)/6,100rpm、最大トルクは520Nm(53.0kgm)/2,500〜5,000rpmとなっています。

「Mercedes-AMG C43 4MATIC」には、リア寄りのトルク配分でAMGならではのスポーティかつコントローラブルな操縦性を実現するAMG 4MATICや、スポーティなV6サウンドが愉しめるエグゾーストシステムなどが備わっており、心おきなくスポーツドライビングを楽しめます。

また、メモリー付パワーシートや電動ランバーサポート、AMGパフォーマンスステアリングやヘッドアップディスプレイなどが標準装備されています。

価格は、セダンが995万円、ワゴンが1,014万円、クーペが1,005万円、カブリオレが1,062万円です。

メルセデス・ベンツ Cクラス Mercedes-AMG C63 【価格:1,363万円〜】

「Mercedes-AMG C63」は「Mercedes-AMG C43 4MATIC」の上位グレードで、クーペのみに設定されています。

エンジンには、痺れるほどのハイパフォーマンスと高効率を実現する4.0L V型8気筒直噴ツインターボエンジンが採用されており、アクセル操作に即応して溢れ出すパワー&トルク、優れた環境性能を実現しています。

最高出力は350kW(476PS)/5,500〜6,250rpm、最大トルクは650Nm(66.3kgm)/1,750〜4,500rpmです。

さらに、走行状況に応じて即座にマウントの硬さを調整することで究極のハンドリングと高い快適性を実現するAMGダイナミックエンジンマウントや、スポーティなサウンドが愉しめるAMGスポーツエグゾーストシステムを装備していることに加え、AMGスポーツシートやAMGスピードシフトMCTなどが標準装備されているのも特徴です。

燃費はWLTCモードで8.2km/L、価格は1,363万円で、「Mercedes-AMG C43 4MATIC」より358万円高く設定されています。

メルセデス・ベンツ Cクラス Mercedes-AMG C63S 【価格:1,455万円〜】

「Mercedes-AMG C63 S」はセダン、クーペ、カブリオレに設定されている「Mercedes-AMG C63」の上位グレードです。

エンジンには「Mercedes-AMG C63」同様、4.0L V型8気筒直噴ツインターボエンジンが採用されているほか、エグゾーストシステムには3つのフラップでエモーショナルなサウンドを愉しめるAMGパフォーマンスエグゾーストシステムが搭載されています。

装備としては、AMGパフォーマンスステアリングやAMGドライブコントロールスイッチ、AMGトラクションコントロールなどが備わっています。

価格は、セダンが1,455万円で「Mercedes-AMGC 63」より92万円、クーペが1,502万円で139万円、カブリオレが1,564万円で201万円高く設定されています。

Cクラスには5つのグレードがあることがわかりました。

購入するなら、ベースグレードとは思えないほど装備が充実しているうえにセダン、ワゴン、クーペ、カブリオレの全てのモデルで設定されている「C180」がおすすめでしょう。

自身の用途に合わせてモデルを選択できるのも、Cクラスの魅力なのではないでしょうか。

※2021年6月現在

吉田 恒道|よしだ つねみち

1980年代、大学卒業後ファッション・モード専門誌「WWD Japan」編集部勤務を皮切りに編集者としてのキャリアを積む。その後、90年〜2000年代、中堅出版社ダイヤモンド社の自動車専門誌・副編集長に就く。以降、男性ライフスタイル誌「Straight’」(扶桑社)など複数の男性誌編集長を歴任し独立、フリーランスのエディターに、現職。著書に「シングルモルトの愉しみ方」(学習研究社)がある。

吉田 恒道