【プロ解説】BMW3シリーズの長年のライバルであるCクラスと徹底比較&解説!

BMW 320d Mスポーツ 萩原文博

2019年3月、新型となって登場したBMW3シリーズ。新型3シリーズにはBMW伝統のスポーティで精密なプレス・ラインや、象徴的なキドニー・グリルなど40 年以上の伝統を継承しつつ、AIを活用した新開発のインテリジェント・パーソナル・アシストを初採用するなどライバルのメルセデス・ベンツCクラスなどと互角以上に渡り合える実力を備えつつ登場しました。今回は、外装、内装、安全装備、グレード別の違い、人気カラー、座席や荷室(ラゲージスペース)、オプション装備にライバル比較など、あらゆる視点からBMW3シリーズをひも解いていきます。*記事に登場する白い試乗車は、BMW 320d xDrive M Sportです。

文・写真/萩原 文博

Chapter
BMW3シリーズにおいて長年のライバルといえば"Cクラス"
BMW3シリーズとCクラスのボディサイズをチェック!
BMW3シリーズとCクラスのエンジンとパワートレーンをチェック!
BMW3シリーズにはAI音声アシスタントは装備されるもCクラスは搭載なし?!
待望のディーゼル登場!BMW 3シリーズ!320d Mスポーツは楽しいクルマに仕上がっているのか?自動パーキングアシストも試してみました!

BMW3シリーズにおいて長年のライバルといえば"Cクラス"

BMW3シリーズセダンは欧州Dセグメントというカテゴリーに属していて、ライバル車は非常に多いです。その中で最も比較されるのがメルセデス・ベンツCクラスでしょう。現行型Cクラスセダンは2014年7月に日本市場に導入され、2018年7月に大幅な改良を行っています。それでは、3シリーズセダンとCクラスセダンを比較してみましょう。

BMW3シリーズとCクラスのボディサイズをチェック!

現行型BMW3シリーズセダンのボディサイズは、全長4715mm×全幅1825mm×全高1440mm(320d xDrive M Sport)です。

一方、Cクラスセダンは全長4705mm×全幅1810mm×全高1430mm(C220d Laureus Edition)となっています。

全長、全幅、全高すべて+10mmずつ3シリーズのほうが大きくなっていますが、ほぼ同じサイズと言えるでしょう。ボディサイズはほぼ同じとなっていますが、トランク容量は3シリーズが480Lを確保しているに対してCクラスは435〜455Lと若干容量は少なめとなっています。 

<次のページに続く>
次ページ
BMW3シリーズとCクラスのエンジンとパワートレーンをチェック!

萩原 文博|はぎはら ふみひろ

1970年生まれ。10代後半で走り屋デビューし、大学在学中に中古車情報誌の編集部にアルバイトとして加入。1995年より編集部員として編集作業に本格的に携わる。中古車の流通、販売店に精通し、「中古車相場師」として活動。2006年からフリーランスの編集者となり、中古車だけでなく、現在は日本で最も多くの広報車両を借り出して取材を行い、新車でもユーザー視点のバイヤーズガイドを中心に、人気車種の動向や流行りの装備の価値評価などを加味した、総合的に買いのクルマ・グレードの紹介をモットーとしている。

萩原 文博