トヨタヤリスクロスの安全装備を徹底解説

ヤリスクロス ヤリス

トヨタヤリスクロスは、予防安全パッケージ“Toyota Safety Sense(トヨタセーフティセンス)”を採用しています。

単眼カメラとミリ波レーダーの組み合わせによって高い認識性能と信頼性を両立させるToyota Safety Senseを中心としたヤリスクロスの運転支援システムについて解説します。

文/萩原 文博

うっかりを減らして安全運転

ロードサインアシスト(RSA)

フロントガラス内に設置された単眼カメラで、道路標識を認識し、マルチインフォメーションディスプレイに表示する機能がロードサインアシスト(RSA)です。

認識する標識は、はみ出し通行禁止、最高速度、車両進入禁止、一時停止などで、ドライバーの標識の見逃し防止をサポートします。

ドライビングサポートでドライバーの疲労を低減

レーントレーシングアシスト(LTA)

レーントレーシングアシストは、高速道路などを走行中、車線をはみ出さないようにステアリング操作の一部を支援する機能です。白線(黄線)が見えにくい、または見えない場合でも、先行車を追従してステアリング操作を支援します。

また、車線の判断については、白線だけでなくアスファルトと草・土・縁石などの境界からも行い、車両が逸脱すると判定した場合も作動します。

レーダークルーズコントロール(全車速追従機能付)

レーダークルーズコントロールは、高速道路などで先行車に追従走行を行う機能です。ミリ波レーダーと単眼カメラで先行車を認識し、車速に応じた車間距離を保持しながら追従走行を支援します。

先行車が停止した場合は、自車も停止して停止状態をキープ。発進は、ドライバーの操作により発進しますが、車速が上がればふたたびび追従走行を行います。

S-VSC(横風対応制御付)

S-VSC(横風対応制御付)は、高速走行中に強い横風を検知すると横滑り防止装置のS-VSCが作動。車線からの逸脱を抑制することで、安全な走行をサポートしてくれます。

<次のページに続く>
次ページ
駐車が苦手なドライバーもこれなら安心です

萩原 文博|はぎはら ふみひろ

1970年生まれ。10代後半で走り屋デビューし、大学在学中に中古車情報誌の編集部にアルバイトとして加入。1995年より編集部員として編集作業に本格的に携わる。中古車の流通、販売店に精通し、「中古車相場師」として活動。2006年からフリーランスの編集者となり、中古車だけでなく、現在は日本で最も多くの広報車両を借り出して取材を行い、新車でもユーザー視点のバイヤーズガイドを中心に、人気車種の動向や流行りの装備の価値評価などを加味した、総合的に買いのクルマ・グレードの紹介をモットーとしている。

萩原 文博