トヨタヤリスクロスの安全装備を徹底解説

ヤリスクロス ヤリス

トヨタヤリスクロスは、予防安全パッケージ“Toyota Safety Sense(トヨタセーフティセンス)”を採用しています。

単眼カメラとミリ波レーダーの組み合わせによって高い認識性能と信頼性を両立させるToyota Safety Senseを中心としたヤリスクロスの運転支援システムについて解説します。

文/萩原 文博

Chapter
最新の機能で安全性も高いヤリスクロス
死角を減らして安全性を高める機能
うっかりを減らして安全運転
ドライビングサポートでドライバーの疲労を低減
駐車が苦手なドライバーもこれなら安心です

最新の機能で安全性も高いヤリスクロス

プリクラッシュセーフティ(歩行者[昼夜]・自転車運転者[昼]検知機能付衝突回避支援タイプ)

プリクラッシュセーフティは、“直進時の車両・歩行者検知機能”、“交差点右折時の対向直進車・右左折時の対向方向から来る横断歩行者検知機能”、そして“緊急時操舵支援機能”の3つが基本です。

“直進時の車両・歩行者検知機能”は、前方の車両や歩行者(昼夜)、自転車運転者(昼)を検出し、衝突の可能性があれば警報ブザーとマルチインフォメーションディスプレイの表示で知らせます。

同時にプリクラッシュブレーキアシストを作動させ、衝突回避または被害軽減に役立てます。このプリクラッシュブレーキは、歩行者や自転車運転者に対して、自車が約10〜80km/hの速度域で作動します。

“交差点右折時の対向直進車・右左折時の対向方向から来る横断歩行者検知機能”は、交差点右折時に直進してくる対向車および右左折時に対向方向から横断してくる歩行者を認識すると、ブザーと表示で衝突の可能性をドライバーに知らせます。その後プリクラッシュブレーキを作動させ、衝突回避または被害軽減をサポートします。

“緊急時操舵支援機能”は、歩行者と衝突する可能性が高く、自車線内に回避するための十分なスペースがあると判断した場合に、ドライバーの回避操作をきっかけにシステムが操舵支援を行い、車両安定性確保と車線逸脱を抑制する機能です。

セカンダリーコリジョンブレーキ(SCB)

セカンダリーコリジョンブレーキは、SRSエアバッグのセンサーが衝突を感知して作動したとき、自動的に車両を減速させるとともに制動灯を制御することで、二次衝突による被害を軽減させる機能です。X“Bパッケージ”を除く全グレードに標準装備となっています。

死角を減らして安全性を高める機能

ブラインドスポットモニター(BSM)

ブラインドスポットモニターは、隣の車線を走行する車両をレーダーで検知する機能です。

ドアミラーの死角になって確認しにくい後側方エリアに存在する車両、そして隣接する車線の最大約60m後方までモニターし、急接近してくる車両を検知します。

後方の車両情報は、ドアミラーに搭載されたLEDインジケーターで通知し、車線変更のためにウインカーを操作すると、LEDインジケーターが点滅しドライバーに注意を促します

アダプティブハイビームシステム(AHS)

アダプティブハイビームシステムは、LEDの点灯・消灯を細やかに制御することで、先行車や対向車に光が当たる部分を自動的に遮光します。

これによりハイビームを保持したまま走行できる頻度を高めて、夜間の視認性を確保します。このシステムはハイブリッドZ、Zにメーカーオプションとなっています。

オートマチックハイビーム(AHB)

ヘッドライトのハイビームとロービームを自動で切り替え、夜間の歩行者などの早期発見をサポートするのがオートマチックハイビームです。切り替えミスを防ぐほか、手動操作の煩わしさを軽減します。

<次のページに続く>
次ページ
うっかりを減らして安全運転

萩原 文博|はぎはら ふみひろ

1970年生まれ。10代後半で走り屋デビューし、大学在学中に中古車情報誌の編集部にアルバイトとして加入。1995年より編集部員として編集作業に本格的に携わる。中古車の流通、販売店に精通し、「中古車相場師」として活動。2006年からフリーランスの編集者となり、中古車だけでなく、現在は日本で最も多くの広報車両を借り出して取材を行い、新車でもユーザー視点のバイヤーズガイドを中心に、人気車種の動向や流行りの装備の価値評価などを加味した、総合的に買いのクルマ・グレードの紹介をモットーとしている。

萩原 文博