トヨタ ヤリスクロスのインテリア(内装)と荷室【プロ徹底解説】

トヨタ ヤリスクロス ハイブリッド

トヨタ ヤリスクロスのインテリアは、日常をアクティブに過ごすため、機能性とともに快適さを追求した室内は、ソフトパッドを随所に採用することで、いつまでも居たくなる温かみのある上質な空間となっています。

エクステリア(外観)同様に、シンプルで機能的なデザインにも好感が持てるヤリスクロスの内装と荷室をプロが解説します。

文・写真/萩原 文博

Chapter
縦方向の流れを強調したインパネデザイン
ドライバーが運転に集中できる環境
パッセンジャーと同乗者も快適に過ごせる室内
シート分割、ラゲッジボードで幅広い使い方ができる荷室

縦方向の流れを強調したインパネデザイン

トヨタ ヤリスクロスのインテリアは、センターコンソールからディスプレイオーディオにかけて縦方向の流れを強調することで、エクステリア(外観)同様に力強さを表現しています。

ディスプレイオーディオの上方には、視認性に優れたTFTカラー液晶マルチインフォメーションディスプレイを配置。

そのインストルメントパネルの上部には、スラッシュ成形によるソフトパッドを採用するとともに、新素材フェルトをドアトリムに広範囲に採用することで、上質で心地良い室内空間を実現しています。

ドライバーが運転に集中できる環境

ヤリスクロスはシート、ステアリング、シフトレバーを的確な配置にするとともに、ステアリングにチルト&テレスコピック、シートに上下アジャスターを備えることで、どんな体格のドライバーが乗っても最適なドライビングポジションを取りやすく設計されています。

運転中に触れるスイッチ類やメーター類、センターディスプレイは、高い位置にレイアウトされ、ドライバーの視線移動が少なくて済むように配慮。ステアリングには、オーディオや運転支援システムなど、スイッチが装備されており、慣れると運転中でも前方から視線を外すことなく操作が可能です。

オプションながらヘッドアップディスプレイも用意し、運転に集中できる“Eyes On The Roadコンセプト”を具現化しています。

試乗したハイブリッドZ(4WD)では、視認性の高いオプティロトンメーターと7インチの液晶ディスプレイを採用したマルチインフォメーションディスプレイを採用し、ドライバーが知りたい情報が直感的にわかるようになっています。

パッセンジャーと同乗者も快適に過ごせる室内

ハイブリッドのZグレード には、運転席・助手席シートヒーターが標準装備となっており、寒い冬場やアウトドアで冷えたカラダを素早く温めてくれます。

Zグレードのシート表皮は、合成皮革+ツィード調ファブリックで高級感もあります。ちなみに、その他グレードのシート表皮は、Gが上級ファブリック、Xが一般的なファブリックとなっています。

助手席まわりには、カップホルダーや助手席シートアンダートレー、充電用USB端子などが設置されておりユーティリティも十分です。

後席の背もたれは、グレードによって6:4の分割可倒式と4:2:4の分割可倒式があります。ZとGグレードに採用されているのは4:2:4の分割可倒式で、センターのアームレストの部分を倒すだけで長尺物が簡単に積めるなど利便性は抜群です。

また室内高は1,205mmを確保、後席に大人が座ってもヘッドクリアランスも余裕タップリで圧迫感を感じることはありません。

シート分割、ラゲッジボードで幅広い使い方ができる荷室

ヤリスクロスのラゲッジスペース容量は、5人乗車時でもクラストップレベルの390Lを確保し高い積載能力を誇ります。さらに分割可倒式のシートを倒せば、フラットな床面のラゲッジスペースが出現します。

載せる荷物の量に応じて、荷室床面の高さを2段階に調整できる6:4分割アジャスタブルデッキボードは、GおよびZグレードに標準装備のアイテムです。6:4で分割することもできるので、使いこなせば想像以上に荷室の使い勝手が高まります。

ハンズフリーパワーバックドアはオプション設定。スマートキーを携帯していれば、リアバンパー下に足を出し入れするだけで、ハッチゲートの開閉を可能とする機構は、両手が荷物でふさがっているときなどに重宝するでしょう。

全長4.2mのヤリスクロスですが、5人乗車時でも390Lを確保したラゲッジスペースは利便性が高くなっています。さらに上級グレードでは4:2:4の分割可倒式リアシートを採用し、多彩なシートアレンジで高い積載能力を発揮します。

このような細かい配慮も、ヤリスクロスの人気の一因となっています。

萩原 文博|はぎはら ふみひろ

1970年生まれ。10代後半で走り屋デビューし、大学在学中に中古車情報誌の編集部にアルバイトとして加入。1995年より編集部員として編集作業に本格的に携わる。中古車の流通、販売店に精通し、「中古車相場師」として活動。2006年からフリーランスの編集者となり、中古車だけでなく、現在は日本で最も多くの広報車両を借り出して取材を行い、新車でもユーザー視点のバイヤーズガイドを中心に、人気車種の動向や流行りの装備の価値評価などを加味した、総合的に買いのクルマ・グレードの紹介をモットーとしている。

萩原 文博
商品詳細