いま注目のコンパクトSUV、トヨタ ヤリスクロス。プロによる徹底解説

トヨタ ヤリスクロス ハイブリッド

ヤリスクロスは、2020年2月から販売を開始したコンパクトカー、ヤリスの派生モデルで、ヤリスシリーズらしい「軽快な走り」「先進の安全・安心技術」「低燃費」を受け継ぎつつ、これからの時代に求められる利便性にとどまらない新たな価値を追求したコンパクトSUVのプロによる徹底解説です。

文・写真/萩原 文博

Chapter
コンパクトなボディに考え抜かれた室内
2種類のパワートレインに駆動方式も2種類
先進の運転支援システムを採用した高い安全性

コンパクトなボディに考え抜かれた室内

トヨタのSUVラインアップに8番目のモデルとして追加されたのが、2020年8月31日に登場したヤリスクロスです。

ヤリスと同じコンパクトカー向けのGA-Bプラットフォームを採用したボディサイズは、全長4,180mm×全幅1,765mm×全高1,590mmで、ライズとC-HRの中間に位置します。

4,180mmという短い全長ながら、ラゲッジ容量は390Lを確保(デッキボード下段時)し、9.5インチのゴルフバッグなら2個収納可能です。さらに一部グレードには、6:4分割アジャスタブルデッキボードをトヨタのコンパクトSUVとして初採用。4:2:4分割リアシートとの組み合わせにより、ラゲージスペースの多彩なアレンジが可能となっています。

またラゲッジのハッチゲートは、スマートキーを携帯していれば、リアバンパー下に足を出し入れするだけで、自動開閉が可能なハンズフリーパワーバックドアを装備しており、荷物で手がふさがっている状態でも、ハッチゲートを開閉することが可能となっています

2種類のパワートレインに駆動方式も2種類

ヤリスクロスのパワートレインは、最高出力88kW(120ps)/6,600rpm、最大トルク145Nm/4,800~5,200rpmをそれぞれ発生する1.5L直列3気筒DOHCエンジンと、システム出力85kW(116ps)を発生する1.5Lガソリン+モーターのハイブリッドシステムで、駆動方式はガソリン車、ハイブリッド車ともに2WDと4WDが用意されます。

4WDモデルには、ガソリン車に3つのモードから選択できるマルチテレインセレクトなどの機能を搭載したダイナミックトルクコントロール4WDシステム。ハイブリッド車には、E-Fourと呼ばれる電気式4WDシステムを採用。ハイブリッド車で4WDを選べるコンパクトSUVは、貴重な存在ですね。

燃費性能はWLTCモードで2WD車が18.8~30.8km/L、4WD車は17.4~28.7km/Lとクラストップの性能を実現しています。

<次のページに続く>
次ページ
先進の運転支援システムを採用した高い安全性

萩原 文博|はぎはら ふみひろ

1970年生まれ。10代後半で走り屋デビューし、大学在学中に中古車情報誌の編集部にアルバイトとして加入。1995年より編集部員として編集作業に本格的に携わる。中古車の流通、販売店に精通し、「中古車相場師」として活動。2006年からフリーランスの編集者となり、中古車だけでなく、現在は日本で最も多くの広報車両を借り出して取材を行い、新車でもユーザー視点のバイヤーズガイドを中心に、人気車種の動向や流行りの装備の価値評価などを加味した、総合的に買いのクルマ・グレードの紹介をモットーとしている。

萩原 文博