トヨタ 新型ヤリスクロスは支払い総額298万6650円!?実際に見積もりを取ってみた!

今回は9月初旬に発売される新型ヤリスクロスの見積もりを取ってきました。新型ヤリスクロスは、トヨタのコンパクトカーである初代ヤリスが掲げる「走ることへのこだわり」や「クラスを超えた質感」を受け継いだ都市型コンパクトSUVです。

初代ヤリスと同様にTNGAプラットフォームと新しいハイブリッドシステムを採用することで、基本性能と環境性能を底上げ。さらにはコンパクトなボディサイズの中に、広々とした居住空間を備えていて、まさに都市型コンパクトSUVを再定義する存在です。そんな新型ヤリスクロスの見積もり価格はいくらになったのでしょうか。

文・PBKK

Chapter
トヨタ 新型ヤリスクロスは自由度の高い室内空間をもつ!
トヨタ 新型ヤリスクロスはガソリン車とハイブリッド車にそれぞれ個性的で強力な装備を搭載!
トヨタ 新型ヤリスクロスの強みは静粛性と立ち上がりの早さ!
トヨタ 新型ヤリスクロスの見積もり価格は298万6650円!

トヨタ 新型ヤリスクロスは自由度の高い室内空間をもつ!

新型ヤリスクロスは、トヨタの次世代のプラットフォームであるTNGA(Toyota New Global Architecture)を採用しています。TNGAは、これまでのプラットフォームを刷新し、クルマの基本性能を大幅に向上させることに成功。

クルマの根本である骨格を変えることで、先述したクルマの基本性能はもちろんいつまでも乗り続けたい愛車と言われるだけの商品力を高めることを目標としています。

新型ヤリスクロスのボディサイズは、全長4,180mm×全幅1,765mm×全高1,560mm。SUVのなかではコンパクトな部類に入ります。しかしこのコンパクトなボディの中には、広々とした居住空間を備えています。

中でも荷室(ラゲッジスペース)は、5名乗車時の場合で荷室長820mm×荷室幅1,400mm×荷室高850mmとクラストップの広さです。5名乗車した状態で390Lの容量がありますが、4:2:4に倒すことができるリアシートをアレンジすれば、さらに大容量の荷物を積み込むことができます。

トヨタ 新型ヤリスクロスはガソリン車とハイブリッド車にそれぞれ個性的で強力な装備を搭載!

新型ヤリスクロスのスペックと駆動方式はどうでしょうか。ガソリン車は、最高出力88kW(120PS)/6600rpm、最大トルク145Nm(14.8kgfm)/4800-5200rpmを性能にもつ直列3気筒 1.5Lエンジンを搭載しており、2WDと4WD(E-Four)を用意しています。

対するハイブリッド車は、最高出力67kW(91PS)/5500rpm、最大トルク120Nm(12.2kgfm)/3800-4800rpmを誇る直列3気筒 1.5Lエンジンに最高出力85kw(116PS)を発生するハイブリッドシステムが組み合わさります。用意されている駆動方式はガソリン車と同じく2WDと4WD(E-Four)です。

その中のガソリン 4WD車には、4WDの性能を最大限に引き出すマルチトレインセレクトを標準装備しています。滑りやすい路面や凹凸の大きな路面などの路面状況に応じて駆動力やブレーキを最適に調節して走行を支援します。

また、ハイブリッド 4WD(E-Four)には、スタック状態からの脱出を用意にするTRAILモードと雪路での走行を安定させるSNOWモードを標準装備しています。スイッチ操作で簡単に切り替えることができ、雪路走行の心強い味方です。

トヨタ 新型ヤリスクロスの強みは静粛性と立ち上がりの早さ!

ディーラーの担当者に新型ヤリスクロスの強みを尋ねると、「走行性能や居住性はもちろん強みですが、特に静粛性と立ち上がりの早さが優れています。ドアを閉めた瞬間にパタリと外の音が聞こえなくなるほどです。なので、ガソリン車でもハイブリッド車と同じくらい静かですよ。」とおっしゃっていました。

静粛性の理由は、TNGAにあるそう。「ヤリスに乗ればその静粛性がわかりますよ。」とのことでした。

さらに続けて「一度販売員だけの研修で新型ヤリスクロスに試乗した際に、立ち上がりがものすごく早かったと感じました。その時はライバル車にも試乗したのですが、スラロームを走行した際の新型ヤリスクロスの立ち上がりの早さは群を抜いてましたよ。」ともおっしゃっていました。

今回見積もりを取ったのは、ガソリン 4WDのZグレード。Zグレードは、新型ヤリスクロスの中の最上位グレードで、最も装備が充実しています。一つ下のGグレードより2インチも大きい18インチのアルミホイールを装着し、室内には7インチTFTマルチインフォメーションディスプレイを装備しています。

さて、見積もり価格はいくらになったのでしょうか。

トヨタ 新型ヤリスクロスの見積もり価格は298万6650円!

メーカー:トヨタ
車種:Z
型式:MXPB15-BHXGB
外装色:未定
エンジン:直列3気筒 1.5Lエンジン
駆動:4WD
ドア:5
定員:5名
メーカーオプション:ハンズフリーパワーバックドア(7万7000円)、パノラミックビューモニター(3万3000円)
付属品:リレーアタック防止ケース(1100円)、ナンバープレート用ロックボルト(2860円)、ETCセットアップ料(2750円)、フロアマット(1万4300円)、サイドバイザー(1万9800円)、ETC2.0ユニット(3万4100円)、ミムモアイ2カメラ(5万3350円)

【見積もり内容】
車両本体:244万1000円
メーカーオプション:11万
付属品:12万8260円
税金・保険等:12万170円
販売諸費用:4万1540円
預り法定費用:1万6580円
メンテナンス費用:12万9100円
リサイクル法・関連費用:8630円

支払総額:298万6650円

最新のプラットフォームが実現する充実した居住性に走りを楽しむ走行性能と機能、さらに会話を邪魔しない静粛性と様々な強みを聞いた後で、300万円を切る価格を見てお得であると正直に感じました。

また新型ヤリスクロスには自動駐車機能を採用。免許を持ちながら運転しない人の理由の9割が駐車に対する不安。そんな不安を解決する機能までも新型ヤリスクロスは搭載して、総称して新時代のSUVであると感じました。