トヨタ 4代目プリウス(ZVW50/ZVW51/ZVW55型)の収納機能は利便性抜群!大人数でのドライブもアウトドア時も、これ1台あれば問題なし!

トヨタ 4代目プリウス

ハイブリッド車が主流となっている昨今、ハイブリッド車のパイオニアとも呼べるほど人気の高いトヨタ 4代目プリウス(ZVW50/ZVW51/ZVW55型)。

今回は、歴代モデルや進化した点などに併せて、4代目プリウスの収納機能の使い勝手や利便性を詳しくチェックしていきます。

Chapter
トヨタ 歴代プリウスの歴史をおさらい
トヨタ 4代目プリウスのフロントシートの収納機能をチェック!
トヨタ 4代目プリウスのリアシート収納機能をチェック!

トヨタ 歴代プリウスの歴史をおさらい

「21世紀に間に合いました」をキャッチコピーに掲げた初代プリウスが発売されたのは、まだ20世紀だった1997年です。エンジン+電気モーターのハイブリッド車は2021年6月現在では主流ですが、1997年当時は画期的なシステムであり、世界中に衝撃を与えた1台だといえます。

そんな初代プリウスは2003年にフルモデルチェンジされ、トライアングルシルエットを採用した2代目プリウスが誕生しました。多くの人が想像するプリウスのシルエットは、2代目プリウスが土台となっているといっても過言ではないでしょう。

2009年に2回目のフルモデルチェンジが行なわれ、3代目プリウスが誕生しました。2代目プリウスから大きな変更はありませんでしたが、燃費効率が38.0km/L (10・15モード)と2代目 プリウスの35.5km/L (10・15モード)よりさらに向上したのがポイントです。

さらに2015年にフルモデルチェンジされ、現行モデルである4代目プリウスが誕生しました。低重心でスポーティーなエクステリア(外装)に刷新され、今までの燃費重視の1台から大きくイメージが変わったといえるでしょう。

燃費効率は40.8km/L(JC08モード燃費)とプリウス史上最高な上に、エレガントさも兼備したまさにトヨタの技術が集結した1台に仕上がっています。

トヨタ 4代目プリウスのフロントシートの収納機能をチェック!

まずは、フロントシート(前席)部分の収納機能からチェックしていきましょう。

助手席側前方には収納機能としては定番のグローブボックスがあります。大容量なので、ティッシュボックスなどの嵩張る荷物も容易に収納可能です。

続いて、センターコンソールに注目してみると、ドリンクホルダーが2個と小物が置けるトレーが用意されていました。このトレーには、オプションで「置くだけ充電」の機能を追加することができます。

「置くだけ充電」機能は、スマートフォンを置くだけで充電してくれるという優れもので、コードを繋ぐ手間や絡まりといった煩わしさがありません。運転中のスマートフォンの置き場所として使用するのも良いでしょう。

センターコンソール後部にあるアームレストも、収納スペースとして活用することができます。アームレストを開けると、約200mmの深さがある収納スペースが現れ、中には財布などの小物を置いておくことができるトレーも用意されています。

また、ドアポケットがフロントシート側にあるほか、眼鏡を入れておくことができるオーバーヘッドコンソールなど多彩な収納機能がちりばめられているのがポイントです。

<次のページに続く>
次ページ
トヨタ 4代目プリウスのリアシート収納機能をチェック!

吉田 恒道|よしだ つねみち

1980年代、大学卒業後ファッション・モード専門誌「WWD Japan」編集部勤務を皮切りに編集者としてのキャリアを積む。その後、90年〜2000年代、中堅出版社ダイヤモンド社の自動車専門誌・副編集長に就く。以降、男性ライフスタイル誌「Straight’」(扶桑社)など複数の男性誌編集長を歴任し独立、フリーランスのエディターに、現職。著書に「シングルモルトの愉しみ方」(学習研究社)がある。

吉田 恒道