スズキ スイフトスポーツ新旧比較!4代目と3代目の違いや特徴を徹底解説

スズキ 4代目スイフトスポーツ

※この記事には広告が含まれます

スズキ スイフトスポーツと言えば、コンパクトなボディで高い走行性能を実現したホットハッチとして人気のあるモデルです。

今回は、現行モデルとなるスズキ 4代目スイフトスポーツ(ZC33S型)とモデルチェンジ前の3代目との違いに触れながら、その魅力に迫っていきます。

吉田 恒道|よしだ つねみち

1980年代、大学卒業後ファッション・モード専門誌「WWD Japan」編集部勤務を皮切りに編集者としてのキャリアを積む。その後、90年〜2000年代、中堅出版社ダイヤモンド社の自動車専門誌・副編集長に就く。以降、男性ライフスタイル誌「Straight’」(扶桑社)など複数の男性誌編集長を歴任し独立、フリーランスのエディターに、現職。著書に「シングルモルトの愉しみ方」(学習研究社)がある。

吉田 恒道
Chapter
スズキ 4代目スイフトスポーツは軽量化と高剛性化を両立している!
スズキ 4代目スイフトスポーツはパワートレインを刷新!
スズキ 4代目スイフトスポーツは安全機能をバージョンアップ!

スズキ 4代目スイフトスポーツは軽量化と高剛性化を両立している!

4代目スイフトスポーツは、ボディサイズを3ナンバーにサイズアップさせながら、大幅な軽量化と高剛性を両立しています。

これは3代目スイフトスポーツとは異なる、新しいプラットフォームを採用したためです。新規プラットフォームとなるHEARTECT(ハーテクト)は、骨格や主要部品を全面刷新し、高い剛性と軽量化を実現した、スズキの次世代テクノロジーにより生み出されています。

3代目スイフトスポーツより全幅、室内幅がともに40mmサイズアップしていますが、車両重量は約80kgの軽量化に成功しています。

エクステリア(外装)では、フロントグリルの形状が3代目スイフトスポーツとは逆になる、底辺を大きく取った台形状となり、ワイド&ローな印象を与えています。

整流効果を期待できるアンダースポイラーを装着。ブラックペイントが施され、引き締まったルックスを手に入れています。カーボン調のシボが入った新しいデザインのリアデュフューザーバンパー下部サイドアンダースポイラーなどが、エクステリア全体をスポーティなイメージに仕上げています。

インテリア(内装)全体に赤い差し色を効果的に使用することでスポーティさを表現し、ステアリングホイールは、下部がフラットなDシェイプのデザインに変更になっています。

コクピットディスプレイには、レッド盤面のタコメーターとシルバーのスピードメーターを採用。中央のカラーディスプレイには、油圧計とブースト計を新たに追加しています。

パワーやトルクを表示する機能も加わり、スポーツドライブをサポートします。

スズキ 4代目スイフトスポーツはパワートレインを刷新!

4代目スイフトスポーツは、走りをより楽しめるようにパワートレインを刷新しています。

3代目スイフトスポーツは1.6L 直列4気筒 DOHCエンジンでしたが、4代目スイフトスポーツは、1.4L 直列4気筒 DOHCターボエンジンを搭載しています。

排気量こそ小さくなっていますが、軽量コンパクト化したエンジンにはターボを搭載。パワー・トルクともにスペックは3代目スイフトスポーツを上回っています。

燃料をシリンダー内に直接噴射するシステムを採用した4代目スイフトスポーツエンジンのスペックは、最高出力103kW(140PS)/5,500rpm、最大トルク230Nm(23.4kgm)/2,500~3,500rpmとなっています。

4代目スイフトスポーツのトランスミッションは、6MTは3代目スイフトスポーツから継続。CVTがなくなり6ATに変更となりました。燃費は6MTが17.6km/L(WLTCモード燃費)、6ATが16.6km/L(WLTCモード燃費)です。

4代目スイフトスポーツの6MTは改良され、高トルクなエンジンの性能を最大限に生かすため、トランスミッションのギヤ比がクロスレシオ化されています。スムーズでダイレクト感のあるスポーティーなシフトフィーリングが特徴です。

新たに採用された6ATは、スポーティーな走りのために、鋭い加速をもたらすギヤ比を設定するなど、アクセル操作に対して瞬時に反応する特性があり、従来のATのイメージを変える仕上がりになっています。

スズキ 4代目スイフトスポーツは安全機能をバージョンアップ!

4代目スイフトスポーツは、3代目スイフトスポーツと比べて先進安全技術が進化しているのも特徴です。

スズキ初となる単眼カメラ+レーザーレーダーによる衝突被害軽減システムを搭載しており、衝突の回避、または衝突時の被害軽減を図るデュアルセンサーブレーキサポートを行うほか、バック時にも自動ブレーキが作動する後退時ブレーキサポートなどの予防安全機能でドライバーをサポートします。

運転支援機能としては、適切な車間距離を確保するアダプティブクルーズコントロール、ハイ/ロービームの切り替え忘れを予防するハイビームアシスト、車線変更時の安全確認をサポートするブラインドスポットモニターなどの多彩な機能を搭載しています。

メーカーオプションとなる全方位モニター用カメラパッケージは、クルマの前後左右4カ所にカメラを搭載。かつ対応ナビゲーションを装着して、クルマを真上から見たような映像をモニターに映し出します。

運転席から見えにくい場所を、画面上で全方位から確認できる安心のオプション装備です。
4代目スイフトスポーツは、骨格となるプラットフォームから刷新しパワートレインも大幅に改良。走行性能を飛躍的にアップさせているクルマです。

バージョンアップした安心の予防安全機能の装備により、ワンランク上の総合性能を手に入れているといえるでしょう。

※2021年5月現在
【お得情報あり】CarMe & CARPRIMEのLINEに登録する

商品詳細