スズキ 4代目スイフトスポーツ(ZC33S型)のインパネは機能が充実!快適なドライブのための工夫とは?

スズキ 4代目スイフトスポーツ

スズキ 4代目スイフトスポーツ(ZC33S型)のインパネについて詳しくご紹介します。

スズキ スイフトスポーツは、2017年に発売されたコンパクトスポーツモデルのクルマです。2003年の発売以来、4代にわたって愛され続けるスイフトスポーツは、乗り心地はもちろんさまざまな機能を有していることがその理由です。

今回は、そのなかでも運転中に特にお世話になるインパネの機能について説明していきましょう。

Chapter
スズキ 4代目スイフトスポーツとはどんなクルマ?
スズキ 4代目スイフトスポーツのインパネの機能は?
スズキ 4代目スイフトスポーツはインパネ周辺の機能も充実!

スズキ 4代目スイフトスポーツとはどんなクルマ?

スズキ スイフトスポーツは、スイフトをベースに開発された1.4L 直列4気筒ターボエンジンを搭載したスポーツモデルのクルマです。

先代スイフトスポーツよりも車格が大きくなった反面、エンジンのサイズが小さくなった異色のクルマでもあります。

車格は3ナンバーサイズとなり、エンジンは0.2L 小さくなりました。しかし、さまざまな工夫によりその走行性能を欠くことなく、むしろ一層向上させて市場に登場しました。


ベースとなったスイフトとの違いは、燃費やコストよりも重視された走行性能の高さです。ただし、犠牲にしたからといってコストパフォーマンスが悪いわけではありません。

特に、スポーツカーによくあるボディの軽量化に伴う剛性の低下は、独自の技術によって防いでいます。また、同時に車両総重量を1t 未満にすることに成功しつつ、高い走行性能を有している点がスイフトスポーツとスイフトのとの違いです。

燃費は気になるけどスポーツカーにあこがれる、そんな人向けの1台でもあります。

スズキ 4代目スイフトスポーツのインパネの機能は?

では、スズキ スイフトスポーツのインパネの機能について見ていきましょう。

まず運転席に座ると飛び込んでくるのが、鮮やかなカラーリングの計器系です。レッドのタコメーターとダークシルバーのスピードメーターはアナログ式で、新しいクルマのはずなのにスポーツカーとしてのノスタルジーな雰囲気を醸し出してくれます。

メーター中央には「マルチインフォメーションディスプレイ」があります。これはクルマの平均社則や燃費、アクセルとブレーキの操作状況など、運転に関わるありとあらゆる情報が表示される優れものです。

デジタルのスピードメーターにも変更可能で、自分の好みに合わせて表示を切り替えることもできます。伝統と革新がひとつになった、独自のスピードメーターと言えるでしょう。


純正カーナビは8インチと7インチの2種類から任意でサイズを選ぶことができます。3種類の違うメーカーから選ぶことができますが、いずれも特徴は同じです。

8インチカーナビであれば画面が大きく、視認性が高くなりますし、7インチであればそのスペースまで拡大した大きなボタンで操作性が上がります。どちらを選ぶかは好みの問題なので、視認性か操作性のどちらを優先するかよく考えて選びましょう。

<次のページに続く>
次ページ
スズキ 4代目スイフトスポーツはインパネ周辺の機能も充実!

吉田 恒道|よしだ つねみち

1980年代、大学卒業後ファッション・モード専門誌「WWD Japan」編集部勤務を皮切りに編集者としてのキャリアを積む。その後、90年〜2000年代、中堅出版社ダイヤモンド社の自動車専門誌・副編集長に就く。以降、男性ライフスタイル誌「Straight’」(扶桑社)など複数の男性誌編集長を歴任し独立、フリーランスのエディターに、現職。著書に「シングルモルトの愉しみ方」(学習研究社)がある。

吉田 恒道