レクサス 5代目LSは多彩なシートアレンジと高機能な装備により心地良い空間を実現!(6AA-GVF50/6AA-GVF55/3BA-VXFA50/3BA-VXFA55型)

レクサス 5代目LS

今回は、レクサス 5代目LS(6AA-GVF50/6AA-GVF55/3BA-VXFA50/3BA-VXFA55型)の多彩なシートアレンジについてご紹介します。

高い安全性とラグジュアリー感のあることが魅力ですが、2021年4月には、「Lexus Teammate」と言う名の高度運転支援を搭載したグレードが発売されました。

さらに安全性が高まった5代目LSのシートアレンジはどのようになっているのでしょうか?

Chapter
レクサス 5代目LSのフロントシートアレンジは?
レクサス 5代目LSのリアシートのシートアレンジは?
レクサス 5代目LSのリアシートの高機能な設備で快適に過ごせる!

レクサス 5代目LSのフロントシートアレンジは?

5代目LSのフロントシート(前席)のシートアレンジについてご紹介します。

走行中の身体への負担を軽減する28Way調整式フロントパワーシートが搭載されており、空気式のシステムでは、バックサイド、ヒップ、クッションサイドをサポートしてくれます。

ショルダー式のサポートでは、肩甲骨を支えるためステアリングの操作がスムーズに行いやすく、施回中に上体をサポートしてくれるので、車両との一体感を実感することが可能です。ヒップサポートは、骨盤を安定させて姿勢保持のサポートをしてくれます。

クッションサイドサポートでは、クッションの左右の取っ手部分を立ち上げることで、安定したホールド性を実現して長時間の運転でも快適な運転を行うことができます。

「EXECUTIVE」「EXECUTIVE Advance Drive」「version L」「version L Advance Drive」「F SPORT」に標準装備されています。

リラクゼーションな雰囲気を提供してくれるフロントリフレッシュシートは、前席のシートバックとシートクッション内の空気袋を膨張させることで、背面から大腿部を押圧するので、乗車しながらリフレッシュすることができます。

コースは全5つあり、全身(求心〈末端から心臓へ〉、遠心〈心臓から末端へ〉)、部位別(上半身、下半身、腰)と好みに応じてリラクゼーションを堪能することができます。「EXECUTIVE」「 EXECUTIVE Advance Drive」「version L」「version L Advance Drive」に標準装備されています。

乗降する時に、便利なパワーイージーアクセスシステムは、運転席のオートリフトアップと助手席のクッションサイドアウェイを搭載しており、降車時にシートを上昇させて押し腰への負担を軽減、乗車時はシートを下降させて元のシートの高さに戻るので、安全に乗降できます。

また、ドア側のクッションサイドサポートを開けると、乗降時のシートと腿への摩擦を軽減することができます。

電子抑制エアサスペンションの乗降機能は、車高を最大20mm上昇させ、自動的に乗降しやすい高さに調節されるので、足腰の悪い方でも安心です。

レクサス 5代目LSのリアシートのシートアレンジは?

5代目LSのリアシート(後席)のシートアレンジをご紹介します。

22Way調節式のリアパワーシートは、空気袋を膨張・収縮させるモーターを併用し、シート全体で細かい調節ができます。シートの角度調整は、乗降しやすい乗降モードや深いリクライニングまで設定できます。

助手席をシートスライドすることで、最大約1,020mmとゆとりのあるスペースを確保できるので、大柄の方でもゆったりと寛げる長さまでシートを伸ばすことができます。

後左席には、プリセットポジションが設定されており、シートが通常位置のビジネスモードとエンターテイメントを楽しめるエンターテインモード(エンターテイメントシステム車のみ)でリラックスして映像を楽しむことが可能です。

助手席のヘッドレストを倒すことで、開放感があり視界を広げることが可能で、大柄の方でも前方の風景を楽しめます。

リラックスモードもあり、助手席と後左席を前後に倒すことで、リラックスした姿勢で寛げます。「EXECUTIVE」「EXECUTIVE Advance Drive」に搭載されています。

温感リラクゼーション機能は、背中から大腿部まで押圧するので、リラックス効果が期待できます。

肩部の最上位と腰部の下から2段目の2箇所には専用ヒーターがあり、温冷を繰り返すと同時に、全身と各部位のコースから選択することができます。こちらも「EXECUTIVE」「 EXECUTIVE Advance Drive」に搭載されています。

レクサス 5代目LSのリアシートの高機能な設備で快適に過ごせる!

5代目LSのリアシートには、寛ぎやすいシートアレンジだけではなく、高機能な装備でより、リラックス空間を楽しむことができます。

フロントシートとリアシートに連動して見やすい角度に自動調節する11.6インチのディスプレイは左右に搭載されており、Blu-rayディスクやSDカードも装備されているため、様々な映像を楽しむことができます。

HDMI端子でパソコンとの接続も可能なので、リアシートで寛ぎながら作業をこなすことができます。リアマルチオペレーションパネルは、リアシートの中心に設置されており、オーディオやエアコン、シート機能など多彩な機能を指先で操作することが可能です。

フロントセンターコンソールボックスは、スマホなど置ける中段トレイ付きで、10インチのタブレット、ティッシュボックス、メガネケースを一緒に収納できる大容量サイズで上質な空間を維持することができます。

コンソールボックスの上には、500mlのペットボトルを入れられるクールボックスを設置。ラゲッジルーム(荷室)内のリアエアコンで冷却された冷風を取り入れて保冷してくれます。冷風の調節はボックス内の冷風開閉口で行えるので、ドリンクを好みの冷たさに調節することが可能です。

レクサス 5代目LSのシートアレンジは、リラックスできる空間と乗降のサポートをしてくれる機能が搭載されていることが分かりました。

リアシートは、寛ぎながら車内空間を楽しめる高機能な設備もあるので、年代を問わず利用しやすいクルマでしょう。

トヨタ車のラグジュアリーブランドとして常に進化を続けるレクサスは今後も目が離せません。

※2022年1月現在

吉田 恒道|よしだ つねみち

1980年代、大学卒業後ファッション・モード専門誌「WWD Japan」編集部勤務を皮切りに編集者としてのキャリアを積む。その後、90年〜2000年代、中堅出版社ダイヤモンド社の自動車専門誌・副編集長に就く。以降、男性ライフスタイル誌「Straight’」(扶桑社)など複数の男性誌編集長を歴任し独立、フリーランスのエディターに、現職。著書に「シングルモルトの愉しみ方」(学習研究社)がある。

吉田 恒道