レクサス LS (5代目)のインパネは高機能かつデザイン性あふれる設計!

レクサス 5代目LS

※この記事には広告が含まれます

レクサス 5代目LS(6AA-GVF50/6AA-GVF55/3BA-VXFA50/3BA-VXFA55型)は2017年からレクサスブランドのフラッグシップサルーンとして販売されているクルマです。

日本国内では3代目LSまではセルシオとして販売されていましたが、4代目LSからはレクサスブランドのLSとして販売されています。

そんな5代目LSのインパネはどのような機能があるのでしょうか。

吉田 恒道|よしだ つねみち

1980年代、大学卒業後ファッション・モード専門誌「WWD Japan」編集部勤務を皮切りに編集者としてのキャリアを積む。その後、90年〜2000年代、中堅出版社ダイヤモンド社の自動車専門誌・副編集長に就く。以降、男性ライフスタイル誌「Straight’」(扶桑社)など複数の男性誌編集長を歴任し独立、フリーランスのエディターに、現職。著書に「シングルモルトの愉しみ方」(学習研究社)がある。

吉田 恒道
Chapter
レクサス 5代目LSのインパネのディスプレイは使い勝手が抜群!
レクサス 5代目LSのセンターコンソールはシンプルながらも高機能!
レクサス 5代目LSのインパネ周辺は高級感あふれる仕様!

レクサス 5代目LSのインパネのディスプレイは使い勝手が抜群!

まずご紹介するのがドライバーにとって一番重要なメーターパネルです。

通常運転時には速度や回転数、燃費などが表示されていますが、レーダークルーズコントロールや駐車アシストの際には自動的に画面が切り替わり、最適な情報が映しだされるので、運転が楽にできるでしょう。

2つ目のディスプレイとしてご紹介したいのが、カラーヘッドアップディスプレイです。

ウインドシールドガラスの視野内に、ドライバーの目から約3mの距離でおよそ24インチのディスプレイが投影されます。大きな画面上にアニメーションなどで注意喚起されることで、直感的に警告を理解することが可能です。画面にはナビの進行方向のガイドも表示されるので、視線を前方から殆ど動かさず確認ができ、安全性は大幅に高くなっています。

最後にご紹介するのは、最も目につく大型の12.3インチタッチワイドディスプレイです。

画面に直接触れるタッチ操作と、手元のタッチパッド操作のどちらも可能となっています。カーナビの操作の他にもステアリングヒーターの操作、オーディオなどが操作可能です。ナビゲーション機能も充実しており、G-Linkセンターによって常に最新の地図が反映されており、信頼度が高い情報を常に使うことが可能です。

さらにVICSの最新道路情報と、ユーザーの走行情報から独自に道路状況を予測し、短時間で到着する最適なルートが配信されますので、より正確な時間とルートが選択されます。

ナビ機能のほかにも、SmartDeviceLink、Apple CarPlay、Android Autoにも対応しており、スマートフォンと連携することで、音楽再生や通話、メッセージ機能など、お気に入りのアプリケーションを使うことができます。

レクサス 5代目LSのセンターコンソールはシンプルながらも高機能!

レクサス 5代目LSには様々な先進装備がついていますが、エアコンはあえて物理ボタンを残しているなど、使いやすさとシンプルさも備えています。

特にセンターコンソールはセンターディスプレイ用の操作パネルを備えた、シンプルな見た目ながらも多機能な仕様となっています。

この操作パネルを使えば、ディスプレイ上の機能を、運転の姿勢を変えずに操作することができるので、疲労軽減と安全面の向上に役立っています。

また、すぐに切り替えたい機能については物理スイッチも用意されています。

使用する頻度が高い、車高選択スイッチ、リヤサンシェードの開閉スイッチ、シートスイッチ、EVモードスイッチは1プッシュで切り替えが可能です。

LSのセンターコンソールは様々な操作をすることができる上、利便性も考えられ洗練されたデザインだといえるでしょう。

レクサス 5代目LSのインパネ周辺は高級感あふれる仕様!

レクサス 5代目LSの最大の特徴と言えば、やはり何と言っても豪華な室内空間ではないでしょうか。

シート、ドアトリム、オーナメントパネル、インサイドドアハンドルはこだわりのあるデザインとなっていますが、全てLSのために独自開発されたものです。

一部のモデルやオプションとして選択できる特別な意匠では、切子調カットガラスのデザインや、職人さんが手貼りするプラチナ箔のデザインなど、日本の美意識を感じられるデザインも選ぶことが可能です。

中でも特にこだわりを感じられるのがLS専用設計のシートです。

シートバックとクッションに新開発の低反発ウレタンを使用した標準シートが採用されています。フロントシート(前席)では、表皮とクッションパッドの縫い合わせ位置も深くすることにより、表皮がたわみ、体圧が分散します。

柔らかな感触と、走行時の振動吸収性は、長時間運転時の疲労軽減に効果的で、見た目にも高級感が感じられる厚みのあるデザインとなっています。
今回はレクサス 5代目LSのインパネを中心にご紹介しました。

オーナーとなる喜びを感じさせてくれる充実した機能や高級感あふれるデザインが至るところで見つけられるでしょう。

気になっている方は、この機会にご検討されてはいかがでしょうか?

※2021年5月現在

商品詳細